« 〔ENEニュース〕 グンダーセンさんは言った、「放射能汚染は明日、消えさるものではない。洗い流しても水圏にとどまり、植物の根を通して吸い上げられ、こんご300年にわたって地表に再堆積する」/ ◇ 除染の気休めと、汚染のこbの絶望的状況! | トップページ | 〔世界を壊滅!危機に立つ4号機核燃プール〕 ENEニュースもニューヨーク・タイムズの東電テレビ会議報道を重視! 4号機の建屋奥で、24時間以内に2度にわたって、火災が発生していた!/◇ 4号機は2度にわたって火災が起きていた! そして、あの爆発! 核燃プールの損傷は深刻なはず! 核燃取り出しはうまくいくのか? その作業自体にハルマゲドン・リスクは含まれていないか? »

2012-12-03

〔世界を壊滅!危機に立つ4号機核燃プール〕 核燃取り出し 開始時期を1ヵ月(来年11月から、に) 終了時期を1年(再来年12月から、に)、早める/◇ これをNHK、「大幅前倒し」と御用報道! 取り出しが終わる前に、建屋自体が「前倒し」(あるいは後倒し、横倒し、あるいは崩壊)したら、フクイチ・フクニ・東海の連鎖ハルマゲドン核爆発が始まる!

 # 東海アマ管理人氏 「四号機の核燃料取り出しは必ず大勢の下請け作業員たちの命と引き換えになる。東電や政府が現場作業員の健康を保全する意思は皆無。自分たちの利権のために立場の弱い人たちを虫けらのように犠牲にしてゆく 」
 ◎ 東海アマさんツイッター → http://twitter.com/tokaiama
 
◎ ソース NHK(3日) 「4号機 燃料取り出し大幅前倒しへ」
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-a-lot-of-friends-in-kanto-are-refraining-from-greetings-due-to-mourning/

 NHKはこう報じている。

 水素爆発によって建屋が壊れ、耐震性などに懸念が指摘されている東京電力福島第一原子力発電所4号機の燃料プールから使用済み核燃料を取り出す作業について、東京電力と国は、来年12月としていた開始時期を1か月早めるとともに、終了時期を1年前倒しして再来年(平成26年)12月にする方針を固めました。

 4号機のプールからの使用済み核燃料の取り出しについては、福島第一原発の一連の廃炉作業の中で最初の重要なステップで、東京電力と国がまとめた工程表では、来年12月に開始し、2年後の平成27年12月を目標に終えるとしていました。

 これについて、地元・福島から「耐震性などに懸念があり早く進めてほしい」という意見が根強くあり、東京電力と国が作業内容を見直した結果、取り出した燃料を入れる鋼鉄製の容器の数を増やすことで、作業を効率的に進められるめどが立ったとして、取り出しの開始時期を1か月早めて来年11月にするとともに、終了時期を1年前倒しして再来年12月にする方針を固めました。

 東京電力と国は、3日、廃炉に向けた中長期の運営会議を開き、工程の前倒しを決める予定ですが、前例のない作業になることから、作業員の被ばく管理や現場の安全を確保しながら、計画どおり作業を進めていけるかが今後の焦点となります。

Posted by 大沼安史 at 12:52 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔世界を壊滅!危機に立つ4号機核燃プール〕 核燃取り出し 開始時期を1ヵ月(来年11月から、に) 終了時期を1年(再来年12月から、に)、早める/◇ これをNHK、「大幅前倒し」と御用報道! 取り出しが終わる前に、建屋自体が「前倒し」(あるいは後倒し、横倒し、あるいは崩壊)したら、フクイチ・フクニ・東海の連鎖ハルマゲドン核爆発が始まる!: