« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012-12-31

〔ENEニュース〕 米首都・ワシントンのテレビ局がレポート 「フクシマで、被曝による長期的影響を見た!」/ 南相馬の小学校 養護教諭としてボランティアしたアケミさんはいった、「母親たちは脱毛で丸ハゲに近い状態。カツラをかぶっている」「こどもたちは肥満し、不眠や頭痛で学校を休む子も」

 → http://enenews.com/fukushima-volunteer-residents-report-strange-symptoms-hair-started-falling-almost-bald-told-wearing-wigs-women-doctors-offices-missing-hair
 WTOP局 30日 → http://www.wtop.com/46/3176017

Posted by 大沼安史 at 05:51 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 米保守派 FOXニュース(ラジオ)も報道/ 被曝した米水兵の「これはフクシマへの反撃だ(It’s a Fukushima fightback)」 /東電と日本政府 「放出放射能の真実を共謀して隠蔽」

 → http://enenews.com/fox-news-a-fukushima-fightback-us-navy-sailors-sue-tepco-for-lying-about-radiation-risk-audio

 (30日付け)

 It’s a Fukushima fightback. Eight U.S. Navy sailors who helped survivors of Japan’s tsunami are now suing the operator of the Fukushima nuclear plant for millions of dollars for lying about the radiation risk.

[...] a complaint filed in the U.S. Federal court in San Diego alleges Tokyo Electric Power Company and the Japanese government conspired to withhold the truth about the radiation released.

Posted by 大沼安史 at 05:50 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 洋上被曝の米水兵たちがサンディエゴの地元テレビに出演し訴え リンゼイ・クーパーさん「体重、甲状腺が前のようなじゃない。消化器の異常も大きな問題だ」/キム・ギーセキングさん「椎間板ヘルニアになった。不健康になった」

 → http://enenews.com/navy-sailors-tv-im-be-thyroids-be-after-311-degenerative-disks-all-healthy-before-all-video

Posted by 大沼安史 at 05:49 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 2号機 圧力容器内温度 30日午前11時 152.1℃ に / 26日午前5時に100℃超え / 圧力抑制室内の放射線量も26日午後11時、35.23 Sv/hに急増 

 
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/disorder-a-thermometer-of-reactor2-rpv-indicating-the-rapid-increase-of-heat-it-reached-152-1%e2%84%83-on-12302012/ 
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/disorder-radiation-level-spiked-up-to-35-23-svh-in-suppression-chamber-of-reactor2-as-the-indicated-heat-went-up/

Posted by 大沼安史 at 05:48 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-30

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 ワシントン・ポストも報道 全米の関心事に! 

 → http://www.washingtonpost.com/business/8-us-sailors-sue-japanese-utility-over-radiation-exposure-from-nuclear-reactor-breakdown/2012/12/28/0c63994e-5123-11e2-835b-02f92c0daa43_story.html

 WPは 8 US sailors sue Japanese utility over radiation exposure from nuclear reactor breakdown
 と題する以下のようなAP電(29日付け)を報じている!

 SAN DIEGO — Eight U.S. sailors are suing the Tokyo utility that operates the Fukushima nuclear power plant, charging that the company lied about the high level of radiation in the area where they were carrying out a humanitarian mission after the tsunami that triggered the reactor crisis.

The lawsuit was filed in U.S. District Court in San Diego last week against Tokyo Electric Power Co., which is owned by the Japanese government. Plaintiffs include the infant daughter of two of the sailors who was born seven months after the March 2011 disaster.

The sailors served on the San Diego-based aircraft carrier USS Ronald Reagan, which was carrying out “Operation Tomadachi” ferrying food and water to citizens in the city of Sendai in the wake of the earthquake and tsunami.

The sailors claim the Japanese government repeatedly said there was no danger to the carrier crew “all the while lying through their teeth about the reactor meltdowns” so rescuers would “rush into an unsafe area.”

The U.S. Navy, the suit said, relied on information from the Japanese government, which only belatedly admitted that radiation had leaked into the atmosphere from the damaged power plant.

An email seeking response from the utility’s corporate office in Tokyo was not immediately returned.

The 37-page suit, which cites numerous reports about the Fukushima crisis and response, said that after discovering the truth of how much radiation they were exposed to, the sailors have undergone extensive medical testing and will be required to undergo periodic examination in the future.

They say they are at risk for developing cancer and a shorter life expectancy, and are undergoing considerable mental anguish as a result.

The sailors are suing for more than $100 million in damages.

Posted by 大沼安史 at 07:51 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕★ AP通信とKOMOニュースサービスが報道 / 水兵の1人 生まれた赤ちゃんが先天性欠損(障害)/ 原告水兵が直腸から出血! 甲状腺異常も!

 → http://www.komonews.com/news/national/US-sailors-sue-Japanese-utility-over-tsunami-radiation-185081591.html

 They have physical problems. One of them is bleeding from his rectum already. The others have problems with thyroid glands,” the sailors’ attorney, Paul Garner, told KGTV in San Diego.

Garner says one of the sailors now has cancer and recently had a baby with birth defects.

Posted by 大沼安史 at 07:39 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 ★ 洋上被曝の原告水兵 1人はすでに癌を発病! / 米軍「星条旗」紙が報道/ 原告水兵8人のガーナー弁護士は言った、「東電は嘘をついた。真実は法廷で明かされるだろう」

 → http://www.stripes.com/news/pacific/earthquake-disaster-in-japan/us-sailors-sue-japanese-utility-over-radiation-exposure-1.202197

 He(ガーナー弁護士) then talked to others from the Reagan and found many suffered problems, including one sailor who already has cancer.

 Garner said internal TEPCO memos, experts, news articles and other documents substantiate their case that the utility lied, covered up the scope of the problem and distributed skewed data.

 「星条旗」紙(27日付け)は以下のように報じている。

 ◇ US sailors sue Japanese utility over radiation exposure

 SASEBO NAVAL BASE, Japan — Eight sailors from the USS Ronald Reagan are suing Japan’s nationalized Tokyo Electric Power Co., claiming it lied about dangers from a radiation leak when they helped out after last year’s nuclear plant disaster and that they will almost certainly die prematurely as a result.

 Their complaint, filed in U.S. District Court for the Southern District of California, seeks a jury trial and damages of $40 million each for being “rendered infirm” and their bodies being “poisoned” by radiation. It was filed on behalf of Lindsay Cooper, James Sutton, Kim Gieseking, Charles Yarris, Robert Miller, Christopher Bittner, Eric Membrila and Judy Goodwin.

 Within days of the March 11, 2011, earthquake, tsunami and subsequent radiation leak from the Fukushima Dai-ichi nuclear plant, the USS Ronald Reagan was aiding in the search for survivors and bodies from just off Japan’s devastated east coast.

 Six of the eight sailors worked on the flight deck during the operation and two worked in the air contamination department. Gieseking is also suing on behalf of her daughter, Autumn, who was born shortly after the deployment.

 The sailors allege a host of medical conditions, from headaches and difficulty concentrating to rectal bleeding and thyroid problems, as a result of the exposure and say they will have to undergo more medical tests and expensive treatments in the future, their lawyer Paul Garner said Thursday. The sailors also want TEPCO, which has an office in Washington, D.C., to establish a $100 million fund to pay for any of their future medical expenses.

 While the utility has settled with the families of Japanese citizens who died during evacuations from the affected region, and the Japanese government has guaranteed payments, this appears to be the first lawsuit involving American servicemembers, Garner said. The suit’s allegations include negligence and being a public nuisance.

 “TEPCO and the government of Japan conspired and acted in concert, among other things, to create an illusory impression that the extent of the radiation that had leaked from the site of the FNPP was at levels that would not pose a threat to the plaintiffs, in order to promote its interests and those of the government of Japan, knowing that the information it disseminated was defective, incomplete and untrue, while omitting to disclose the extraordinary risks posed to the plaintiffs who were carrying out their assigned duties aboard the U.S.S. Ronald Reagan,” according to the complaint.

 It said data available to TEPCO indicated that radiation levels already had surpassed what “those living the same distance from Chernobyl experienced who subsequently developed cancer.”

 Garner said internal TEPCO memos, experts, news articles and other documents substantiate their case that the utility lied, covered up the scope of the problem and distributed skewed data.

 There were about 70,000 U.S. servicemembers, family members and civilians on or near the mainland during the 60 days following the disaster. The Defense Department has acknowledged that some servicemembers experienced elevated levels of radiation but says they weren’t high enough to make people sick.

 Garner said he was originally approached by Cooper, who was reluctant to follow through with a suit. He then talked to others from the Reagan and found many suffered problems, including one sailor who already has cancer. Garner has linked up with an environmental toxicologist for a study to see how widespread the issues are.

 “We just want the facts,” Garner said. “Their approach since the beginning has been to deny ... the truth will come out.”

 Spokespersons for U.S. Forces Japan, Commander Naval Forces Japan, and TEPCO had not heard about the lawsuit, filed on Dec. 21, when contacted Thursday. Japan’s Ministry of Foreign Affairs declined to comment.

 About half of the sailors involved in the suit are active duty, while the others have separated, Garner said. He said they are not just looking for money.

 “No amount of money would compensate me if I’m 23 years old and I’m bleeding from my [behind] or have thyroid problems,” he said. He added it was about getting justice for people who rushed to aid Japan in its time of need.

 The USS Ronald Reagan, which is home-ported in San Diego, the guided-missile cruiser USS Chancellorsville and destroyer USS Preble began supporting search-and-rescue efforts along the destroyed coastline on March 13. The Reagan’s approximate 5,500 sailors remained in the area until the beginning of April.

Posted by 大沼安史 at 07:38 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 米国保守派の最有力ブログが報道 「被曝の危険を隠蔽した東電を米水兵が提訴(US sailors sue Tokyo Power for masking radiation danger)」/ 「東電は自国民(周辺住民)の救済にも始めていない」◇ 米国の反原発団体ではなく、保守派のブログが、「東電の被曝隠し」を問題視している! 「アメリカの市民(水兵)を陥れ、被曝させた」と! この意味は重大! 

 
 → http://hotair.com/archives/2012/12/29/us-sailors-sue-tokyo-power-for-masking-radiation-danger/ (◇は大沼)
 ◎ ソース ENEニュース → http://enenews.com/top-conservative-website-lawsuit-proves-true-tepco-lied-about-radiation-americans-despicable

 Of course, that doesn’t even begin to address the disservice they did to their own citizens in the vicinity of the reactor.

Posted by 大沼安史 at 07:37 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 フクイチ20キロ圏 大気中の水蒸気に5400 Bq /リットル のトリチウム  昨年3月17日~7月までの期間 「環境科学技術研究所」を中心とした研究グループが「ネイチャー」の「Scientific Reports」に研究結果を発表/ 20キロ圏の植物から3・17に2800 Bq/リットルのトリチウム

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/5400-bql-of-tritium-was-contained-in-atmospheric-moisture-from-3172011-to-the-end-of-july-in-20km-area-of-fukushima/
 → http://www.nature.com/srep/2012/121210/srep00947/full/srep00947.html

 参考
 ① 環境科学技術研究所 報道発表文 「福島第一原子力発電所周辺の植物中トリチウム濃度」→ http://www.ies.or.jp/profile_j/data/press20121218.pdf
 ② 小出裕章さん 「トリチウムの危険性」
           → http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65788591.html
          「細胞の中にでもどこでも入ってきてしまうし。有機物に化合するとDNAの一部に」                    → http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65788267.html

Posted by 大沼安史 at 07:36 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-29

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 空母「ロナルド・レーガン」 フクシマ沖洋上被曝 艦内実写映像 / 乗員たちは言った、「大量被曝すると、こういうことになる」「(鳴り響く測定器に)これはクレージーだ……このクソな音、聴こえたか?」「おれたち死ぬんだ。だからビデオを撮影している」

 → https://www.youtube.com/watch?v=Xk6Sy1cNgXo
 → http://enenews.com/nsfw-footage-alarms-going-during-radiation-scans-uss-ronald-reagan-crazy-dying-videos-hey-put-camera-away-video

 At :05 in

 “This is what happens when you’re exposed to massive amounts of radiation.”

 At 2:10 in
 (Radiation detectors beeping loudly) “This is crazy… Oh shit can you hear it?”

 At 2:45 in

 “This is kind of crazy. When in your life will you ever get to do this shit again besides a nuclear holocaust?”
 “We’re dying and we’re taking videos of it.”

 At 4:45 in

 “Hey put that camera away.” (Video Ends)

Posted by 大沼安史 at 08:06 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島・飯館村長泥 ガードレールのミノムシから、なんと 1,568,000 Bq/Kg of cesium !

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/1568000-bqkg-of-cesium-from-bagworm-in-fukushima/

Posted by 大沼安史 at 08:04 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 5号機 水温 24時間で 3.4 ℃ 上昇/ ◇ 5号機も無傷ではなかった!?

 → http://fukushima-diary.com/category/dnews/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 08:04 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 サンディエゴの地元紙、ノース・カウンティー・タイムズが報道 / 空母「ロナルド・レーガン」(母港・サンディエゴ)の原告水兵たちが訴状で告白、「激痛と不安を経験」 キレーション療法(キレート剤による解毒)や骨髄移植の必要性を指摘

 → http://enenews.com/newspaper-navy-sailors-experienced-great-physical-pain-after-fukushima-radiation-exposure-lawsuit-therapies-chelation-bone-marrow-transplants-required

 ◎ 28日付け → http://www.nctimes.com/search/?l=50&sd=desc&s=start_time&f=html&byline=Bradley%20J.%20Fikes

 ◇ Sailors sue Japanese company over Fukushima radiation

 SAN DIEGO — Eight U.S. sailors who were aboard the aircraft carrier Ronald Reagan off the Japanese coast during the Fukushima nuclear disaster last year have sued the company that owns the power plant, claiming they were harmed by radiation exposure.

The lawsuit, filed last week in San Diego federal court, accuses Tokyo Electric Power Co., or Tepco, with covering up how much radiation was being released during and after the March 11, 2011, disaster.

The U.S. government unwittingly sent the San Diego-based Ronald Reagan into dangerous levels of radiation as a result, states the lawsuit, filed Dec. 21 by Encinitas attorney Paul C. Garner.

The ship assisted with American humanitarian operations in the region after the catastrophic earthquake and tsunami struck Japan, killing thousands. The Fukushima nuclear power plant failed after the tsunami knocked out power to reactor pumps, causing a meltdown and release of radiation.

In addition to the Reagan, the United States sent the San Diego-based destroyer Preble and the cruiser Chancellorsville to help with relief operations off Honshu, Japan.

The lawsuit seeks $40 million from Tepco for each of the eight sailors, and the same amount for a baby of one of them born seven months after the disaster. That amount includes $10 million in damages and $30 million in punitive damages per person. In addition, the suit seeks $100 million to provide medical care for all nine.

Six of the eight sailors were stationed on the Reagan’s flight deck, and one served as an air decontamination specialist, the lawsuit states. The eighth worked in the air department, which handles aircraft launches, landings and maintenance.

The sailors experienced “great physical pain and mental anguish,” require therapies such as chelation and bone marrow transplants, and have had their lives shortened, the lawsuit states. It accuses Tepco of negligence, fraud, and deceptive business practices, and other legal violations.

More specifically, symptoms include “unremitting migraine headaches,” difficulty in concentrating, weight loss, ulcers and rectal bleeding, Garner said.

Tepco’s Washington, D.C., office did not respond to a request for comment Friday afternoon.

Two days after the disaster, the Navy said it had repositioned the Reagan after detecting low levels of contamination in the air and on 17 aircrew members who flew earthquake relief missions near the Fukushina plant.

“The low-level radioactivity was easily removed from affected personnel by washing with soap and water,” the U.S. Pacific Fleet said in a statement about that incident. “They were subsequently surveyed, and no further contamination was detected.”

The statement said the maximum potential radiation dose personnel were exposed to was “less than the radiation exposure received from about one month of exposure to natural background radiation from sources such as rocks, soil, and the sun.”

Calls to the Navy on Friday afternoon and evening were not returned.

Garner said the U.S. government relied on information from Tepco and the Japanese government that it was safe to enter the area. That makes them liable for the damage.

“They bring it upon themselves, basically, with the misinformation that they give out,” Garner said.

The sailors received enough radiation to cause the symptoms they reported, Garner said, and an expert toxicologist consulted for the case is “staking his reputation” on that assessment.

The Japanese government itself is not named in the lawsuit. Garner said that is a distinction without a difference, because Tepco is a “government-owned subsidiary.”

The Japanese government has repeatedly increased its ownership stake in Tepco after the disaster to prevent the company from going under. On Aug. 1, 2012, the Japan Times reported that Tepco received 1 trillion yen, or $11.6 billion from the Japanese government, giving it effective control of Tepco.

Traces of Fukushima's radioactive plume reached San Diego, according to a study by UCSD atmospheric chemists. The traces were not large enough to pose a danger to public health in California, the researchers said.

The sailors suing Tepco are Lindsay R. Cooper, James R. Sutton, Charles A. Yarris, Robert M. Miller, Christopher G. Bittner, Erik Membrila, Judy Goodwin and Kim Gieseking. The infant is Autumn Gieseking, whom Kim Gieseking gave birth to on Oct. 15, 2011.

Posted by 大沼安史 at 08:03 午後 | | トラックバック (0)

〔スイス気象台 フクイチ放射能雲 警報〕 本日(29日)午後から 明日(30日)にかけ/ 北上し、宮城県方面を襲う!/◇ (大沼 仙台発) 今朝未明から胸に異様な苦しさを覚え、空気清浄機を回し、マスクをして眠った! 朝8時過ぎ、福島市の若い友人から「きのうの夜から、おなかが痛い」と訴える電話があった!……こんな時間の訴えは初めて……! ああ、フクイチ核火山は死の灰の噴煙を上げ続けている!

 → http://www.meteocentrale.ch/en/weather/weather-extra/weather-in-japan.html

 午後3時ごろ、外出。呼吸したら、肺が「シンシン」した。肺の先端部が、ハッカでも吸ったような感じに!

 9ヵ月ぶりの異様な感覚。

 個人的なことだが(だからこそ)、記録に残しておく。

Posted by 大沼安史 at 11:54 午前 | | トラックバック (0)

2012-12-28

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 ウォールストリート・ジャーナルも報道/ 水兵らは言った、「東電と日本政府は共謀し、放出放射能が脅威ではないとの〈幻想的な印象〉を振り撒いた」「われわれは一生涯にわたって被曝の毒に耐え、避けることができたものに苦しみ続けなければならない」/ 水兵の1人は7ヵ月後に生まれた娘さんも原告のリストに加えた! / ◇ WSJによると、トモダチ作戦の参加艦艇は20隻、2万人近い米兵が参加したという。こんご、賠償訴訟が相次ぐ恐れ!

 → http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2012/12/28/u-s-sailors-file-suit-against-fukushima-nuclear-plant-operator/
(◇は大沼)
 ・ The suit says Tepco and the government “conspired and acted in concert” to create an “illusory impression” that the extent of the radiation that leaked from the plant was at levels that wouldn’t pose a threat so as to promote the company’s interests and those of the government.

 ・ The sailors claim they “must now endure a lifetime of radiation poisoning and suffering which could have been avoided.

 ・ One of the eight sailors also named her daughter, born seven months after the March 11 disasters, as a plaintiff in the suit.

Posted by 大沼安史 at 08:18 午後 | | トラックバック (0)

〔トモダチ作戦の米空母乗員 東電相手に損害賠償訴訟〕 神戸新聞が共同電を報道/ 米兵「被ばく」東電に94億請求 8人、連邦地裁に提訴/ブルームバーグも報道 原告の水兵8人 1人1000万ドルの賠償金と3000万ドルの懲罰的損害賠償金(以上、計1億1千万ドル=94億円)、さらには1億ドルの「医療基金」の創設を要求/◇ 日本政府が原発事故賠償条約に入るのをネグっていたので、米国の裁判所で裁判を起こされる羽目になった! 

→ http://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201212/0005630384.shtml (◇は大沼)

 ニューヨーク発の共同電は以下のように報じている。

 【ニューヨーク共同】東日本大震災後、三陸沖に派遣された米原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員8人が27日までに、東京電力福島第1原発事故の影響が正確に伝えられず被ばくし健康被害を受けたとして、同社を相手に計1億1千万ドル(計約94億円)の損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州サンディエゴの米連邦地裁に起こした。米メディアが伝えた。

 乗組員らは、米軍による被災地支援の「トモダチ作戦」で急派され、搭載機が発着する飛行甲板などで作業していた。東電によると、事故収束作業をめぐり、海外の裁判所で同社が訴えられたケースはないという。

      #

 一方、ブルームバーグは、「東電、米国の水兵に被曝で訴えられる(Tokyo Electric Sued by U.S. Sailors Exposed to Radiation)」との見出しで、以下のように報じている。
 → http://www.bloomberg.com/news/2012-12-27/tokyo-electric-sued-by-u-s-sailors-exposed-to-radiation.html

 訴えによると、空母の8人の乗員はそれぞれ、1人1000万ドルの損害賠償と、3000万ドルの懲罰的損害賠償金、および、将来の診察・治療費のための1億ドルの医療基金の創設を求めている。 

 The sailors each sought $10 million in damages, $30 million in punitive damages and a judgment requiring the creation of a $100 million fund to pay for their medical monitoring and treatments.

Posted by 大沼安史 at 08:17 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 フクイチ核活火山(1~3号機 3火口合計) いまなお 毎時1000万ベクレルものセシウム134/137(10 million Bq of cesium-134/137)を放出 /◇ (⇒ 連日・2億4000万ベクレル ⇒ 毎月・75億ベクレル ⇒ 毎年・2兆7000億ベクレルにも!)/ 「みえない雲」風下直撃、続く!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/10-million-bq-of-cesium-134137-is-still-released-every-single-hour-from-reactor1-2-and-3/ (◇は大沼) 
 ◇ あくまでの東電の評価である! 信用できない! 国連の外部査察で確証すべきである!

 東電資料にはまた、希ガスによる被曝は「放射能雲の通過による外部被ばくのみとなる」と書かれている!

 フクイチ発の「放射能雲」が永久的に襲い続ける、この地獄のような被曝地・ニッポンの苛酷な現実!

Posted by 大沼安史 at 08:16 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 2号機圧力抑制室に窒素ガスを注入 「クリプトン85と水素ガスが増加」

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/tepco-to-inject-nitrogen-gas-into-the-suppression-chamber-of-reactor2-as-well-kr-85-and-hydrogen-gas-increase/

Posted by 大沼安史 at 08:15 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-27

〔ENEニュース〕★ 「トモダチ作戦 放射能の線量を偽っておびき寄せられ、被曝させられた!」 沖合に展開しフクイチ核惨事救援活動にあたった米空母「ロナルド・レーガン」の水兵(甲板員ら)8人が東電を相手どり、米サンディエゴの連邦裁判所に提訴 / 計4000万ドルの賠償を要求 / なかには娘さんを原告に加えた水兵も/ 同空母だけで5500人の乗員 集団訴訟は免れる!

 → http://enenews.com/lawsuit-reactor-melted-down-only-nuclear-fuel-rods-japanese-govt-lying-teeth-about-meltdowns (◇は大沼)

◎ ソース Couthouse News Service 26日付け → http://www.courthousenews.com/2012/12/26/53414.htm

 Couthouse News Service は以下のように報じている。

 ◇ U.S. Sailors Sue Japan Over Fukushima

  SAN DIEGO (CN) - The Fukushima nuclear disaster exposed Navy rescue workers to dangerous levels of radiation, which the government-owned power plant covered up, eight U.S. sailors claim in court.

     Eight crew members of the U.S.S. Ronald Reagan, whose home port is San Diego, sued the Tokyo Electric Power Co. in Federal Court.

     They claim the utility company, "a wholly owned public benefit subsidiary of the government of Japan," misrepresented radiation levels to lull the U.S. Navy "into a false sense of security."

     Lead plaintiff Lindsay R. Cooper claims Tokyo Electric (TEPCO) intentionally concealed the dangerous levels of radiation in the environment from U.S. Navy rescue crews working off the coast of Japan after the March 10, 2011 earthquake and tsunami set off the nuclear disaster.

     "TEPCO pursued a policy to cause rescuers, including the plaintiffs, to rush into an unsafe area which was too close to the FNPP [Fukushima Nuclear Power Plant] that had been damaged. Relying upon the misrepresentations regarding health and safety made by TEPCO ... the U.S. Navy was lulled into a false sense of security," the complaint states.

     There were 5,500 sailors aboard the Reagan, the plaintiffs say, but this is not a class action. Six of the eight plaintiffs worked on the flight deck of the aircraft carrier; two worked in air contamination or the "air department." One sued also on behalf of her infant daughter.

     Japan called the relief effort Operation Tomadachi.

     The complaint states: "Defendant TEPCO and the government of Japan, conspired and acted in concert, among other things, to create an illusory impression that the extent of the radiation that had leaked from the site of the FNPP was at levels that would not pose a threat to the plaintiffs, in order to promote its interests and those of the government of Japan, knowing that the information it disseminated was defective, incomplete and untrue, while omitting to disclose the extraordinary risks posed to the plaintiffs who were carrying out their assigned duties aboard the U.S.S. Ronald Reagan."

     It adds: "Defendant represented and warranted that the levels of contamination to which the plaintiffs would be exposed were less than harmful to them and that their presence during 'Operation Tomadachi' would not cause any different or greater harm to them than they may have experienced on missions in the past. ...

     "At all times relevant times, the defendant, TEPCO, was aware that exposure to even a low dose of radiation creates a danger to one's health and that it is important to accurately report actual levels.

     "As a consequence of the earthquake and tsunami, the reactors were damaged and power to the cooling mechanism of the FNPP was interrupted, resulting in a meltdown of the fuel and reactor itself, thereby triggering the release of high levels of radiation."

     And, they say: "Defendants had actual and/or constructive knowledge of the properties of radiation that would ensure that, once released into the environment, radiation would spread further and in concentrations that would cause injury to the plaintiffs."

     The plaintiffs claim the government deliberately misled them: "the Japanese government kept representing that there was no danger of radiation contamination to the U.S.S. Reagan ... and/or its crew, that 'everything is under control,' 'all is OK, you can trust us,' and there is 'no immediate danger' or threat to human life, all the while lying through their teeth about the reactor meltdowns at FNPP.

     "Such reports were widely circulated with the defendant, TEPCO's, organization at the time it was published, despite the fact that the defendant knew that higher levels of radiation existed within the area whereat the plaintiffs and their vessel would be and were operating."

     TEPCO controlled all activities at the power plant, so it is responsible for the plaintiffs' radiation exposure and subsequent damages, the sailors say.

     "According to then-existing data uniquely known to the defendant at the time, the plaintiffs' consequent exposure to radiation within their zone of operation, then indicated that radiation levels had already reached levels exceeding the levels of exposure to which those living the same distance from Chernobyl experienced who subsequently developed cancer," the complaint states.

     "Consequently, the potential for the development of cancer in the plaintiffs has also been enhanced due to the levels of exposure experienced by them during 'Operation Tomadachi.'"

     The sailors say they "face additional and irreparable harm to their life expectancy, which has been shortened and cannot be restored to its prior condition."

     The plaintiffs are Lindsay Cooper, James Sutton, Kim Gieseking and her daughter, Charles Yarris, Robert Miller, Christopher Bittner, Eric Membrila and Judy Goodwin.

     They are seeking $10 million in compensatory damages and $30 million in punitive damages for fraud, negligence, strict liability, failure to warn, public and private nuisance, and defective design. They also want TEPCO ordered to establish a fund of $100 million to pay for their medical expenses.
     They are represented by Paul Garner.

Posted by 大沼安史 at 04:43 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕★ 部屋の暖簾(のれん)から 653Bq/kg さいたま市見沼区/ 水洗い後乾かして測定 ⇒ 323Bq/kg / 洗剤で洗った後乾かして測定 ⇒ 109Bq/kg

 → http://saitamaradiation.blog.fc2.com/blog-entry-195.html

◎ さいたまラボ → http://saitamaradiation.blog.fc2.com/blog-entry-195.html

Posted by 大沼安史 at 04:39 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕★ 茨城県取手市 小中学校の心臓検診(一次検査)「要精密検査」診断児童生徒が急増 前年度の2.6倍 市民団体が警告

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/73-students-required-to-have-detailed-examination-of-heart-in-toride-city-ibaraki-2-6-times-much-as-last-year/
 ◎ ソース 東京新聞 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20121226/CK2012122602000145.html

 東京新聞は以下のように報じている。

 ◇ 73人が「要精密検査」 取手市内24校 心臓検診 (26日)

 取手市の市民団体は二十五日、市立小中学校二十四校の二〇一二年度の心臓検診で、一次検査で「要精密検査」と診断された児童・生徒の数が一一年度に比べて急増していることを公表した。

 心臓検診は取手市教委が毎年五月中に小学一年生、中学一年生に実施している。公表したのは「生活クラブ生協取手支部」(根岸裕美子代表)、「放射NO!ネットワーク取手」(本木洋子代表)、「とりで生活者ネットワーク」(黒沢仁美代表)の三団体で、市教委などの資料を基に調べた。

 それによると、一二年度に一次検診を受けた小中学生千六百五十五人のうち、七十三人が要精密検査と診断された。一一年度の二十八人から二・六倍になり、中学生だけで見ると、十七人から五十五人と三倍強に増えていた。

 また、心臓に何らかの既往症が認められる児童・生徒も一〇年度の九人から一一年度二十一人、一二年度二十四人と推移。突然死の危険性が指摘される「QT延長症候群」とその疑いのある診断結果が、一〇年度の一人、一一年度の二人から八人へと急増していた。

 市民団体は「心臓に異常が認められるケースが急増しているのは事実。各団体と相談して年明けにも関係各機関に対応策を求めていきたい」としている。

 藤井信吾市長の話 データを確認したうえで対応策を考えたい。

  (坂入基之記者)

Posted by 大沼安史 at 04:39 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 フクイチの死の灰汚染・濾過水貯蔵タンク 脆く 使用継続に耐えない 逆さまに3メートル落下しだけで壊れ、漏水……

 → http://enenews.com/tanks-for-holding-radioactive-fukushima-liquid-are-too-fragile-and-flimsy-breaking-open-much-easier-than-expected 

Posted by 大沼安史 at 04:38 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-26

〔ENEニュース〕 イアン・アッシュさん 現地レポート(20日付け)/Play until you cry(遊びやせんとて生まれけむ! フクシマの子よ! 室内で遊ぶのだ! 泣かずに遊べ!)/ 福島県内で開催された「スマイルパーク」で、子どもたちは「室内遊び」に興じた! 子どもたちと一緒に遊び、現場を撮影したアッシュさんは、画像をチェックしていて嗚咽してしまった! 気持ちを落ち着かせ戻ったアッシュさんに、トミヤさん(女性)は言った、「ここに来る人の多くが、(こどもたちの遊ぶ姿を見て)泣きだしてしまうです」

 → http://enenews.com/afp-radiation-fears-keep-fukushima-kids-inside-filmmaker-adults-breaking-down-in-tears-when-seeing-children-forced-to-play-at-indoor-smile-parks

 ◎ アッシュさん 映像ブログ → http://ianthomasash.blogspot.jp/2012/12/play-until-you-cry.html
 ◎ スマイルパーク
 → http://www.smile-park.net/schedule.html

Posted by 大沼安史 at 05:48 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 チェルノブイリ型白内障? 日本の小中高生 著しく視力低下! 戦後最悪事態に!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/chernobyl-cataracts-the-percentage-of-students-of-vision-worse-than-1-0-became-the-highest-ever-since-1948/
 

Posted by 大沼安史 at 05:39 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島産リンゴ・ジュースの 49.09%から放射性セシウム検出

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/cesium-measured-from-50-of-fukushima-apple-juice/

Posted by 大沼安史 at 05:39 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 フクイチ 6号機の放射能汚染水 「すでに地中に吸収」 ガンマ線核種 4.3×10^5 Bq/m3 もの「低濃度」

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/contaminated-water-leakage-from-reactor6-already-absorbed-into-the-ground/

Posted by 大沼安史 at 05:38 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 2号機 側溝の放射能濃度 11月初めから上昇続く

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/radioactivity-density-of-reactor2-sub-drain-has-been-in-the-increasing-trend-since-early-november/

Posted by 大沼安史 at 05:38 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 東京新聞/昨年3月の東京電力福島第一原発事故後には、本紙の取材に「まだまだ人間が制御できるレベルではない。つらくても、記憶と、建物などの跡を子々孫々に伝えていかなければ」と訴えていた。…… 昨年8月、広島市の平和記念式典に初めて出席した。その直前には、福島第一原発事故の放射性物質流出を恐れる被災者を、放射能を含む黒い雨にぬれて「いつ病気になるのか」と不安を抱えた自身と重ねながら、「黒い雨は今も世界に降り続けているんです」と、核利用がなくならない状況を嘆いていた。

 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012122590135447.html

Posted by 大沼安史 at 05:09 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 AFP(仏語) 「ナカザワはチェルノブイリ事故でもそうだったように、フクシマ原発の核惨事でも憤激し、原子力の利用を非難した」

 → http://www.20minutes.fr/ledirect/1069749/japon-mort-auteur-manga-gen-hiroshima-bombe-atomique

 Comme il l'avait déjà fait à la suite de l'accident de Tchernobyl en 1986, Nakazawa s'est aussi révolté en 2011 après la catastrophe atomique de la centrale de Fukushima, dénonçant l'usage de l'énergie nucléaire.

Posted by 大沼安史 at 05:08 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 仏メディア Actualitté 「フクシマの破局が起きてから、ナカザワは日本における原子力について、真正面からきびしく批判し続け、責任問題を問うてきた。「原子兵器は恐ろしいものだ。地球上から消しさるために、わたしは絶対に最善をつくす」

 → http://www.actualitte.com/univers-manga/mort-de-keiji-nakazawa-mangaka-qui-haissait-le-nucleaire-39152.htm

  Lors de la catastrophe de Fukushima, Keiji avait vivement critiqué tout le milieu de l'énergie civile nucléaire au Japon, posant la question de la responsabilité. « Les armes atomiques sont effrayantes, je dois absolument faire tout mon possible pour que la Terre en soit débarrassée. »

 

Posted by 大沼安史 at 05:07 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 AFP(スペイン語) アディオス ケンジ・ナカザワ Adiós a Keiji Nakazawa, autor del manga "Hadashi no Gen"

 → http://www.oem.com.mx/elsoldemexico/notas/n2819776.htm

Posted by 大沼安史 at 05:07 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 朝日新聞/ 講談師の神田香織さん(58)/26年前から「はだしのゲン」を講談として演じてきた。当初、著作権使用料について中沢先生に尋ねたら、「そんなんいらないよ」と。明るく情熱的な方で、病気をされた後の講演も迫力があった。今年8月6日、広島の集会に車いすで来られ、久しぶりに再会できた。私の故郷である福島の原発事故について「悔しいけれどゲンのメッセージを伝え続けます」と話したら、「体に気をつけて頑張って」と励ましてくださった。それが最後になるなんて。本当に残念です。

 → http://www.asahi.com/national/update/1225/OSK201212250037.html

Posted by 大沼安史 at 05:06 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 毎日新聞 / 福島県いわき市の会社員、平山文公(やすひろ)さん(41)は小学生時代に学校の図書室でゲンを読んだ。「原爆は絶対なくさなければと思った。福島は原発問題で揺れているので、核をなくさなければ、という気持ちだ。子どもたちにゲンを伝えていきたい」と誓った。

 → http://mainichi.jp/select/news/20121226k0000m060119000c.html

Posted by 大沼安史 at 05:05 午後 | | トラックバック (0)

〔はだしのゲン 中沢啓治さん 逝去〕 毎日新聞 /11年4月26日夜、広島市内であった自伝映画の上映会でのあいさつで東京電力福島第1原発事故に触れ、「人間の手で制御できない原発ばかりに頼るのは危険だ。これを機に自然エネルギー利用に転換すべきだ」と語った。被爆者が差別された経験から、福島でも同様の事態が起きないよう強く願った。

 → http://mainichi.jp/select/news/20121225k0000e040132000c.html

Posted by 大沼安史 at 05:05 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-25

〔フクシマ・ダイアリー〕 東日本大震災から1年9か月。福島第1原発がある福島・双葉町が役場機能を移した埼玉県加須市の旧県立騎西高校は、現在ただ一つ残る被災者の避難所だ。当初は町民1350人を受け入れ、今でも155人が暮らしている。その多くは75歳以上の後期高齢者。1日3食の弁当は9月から有料化され、出入りする弁当業者も年末年始は休業することが決まった……/◇ 原発難民のお年寄りたちの悲惨、英仏訳で全世界拡散報道!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/the-last-disaster-shelter-in-saitama-started-charging-on-disaster-victims/
 ◎ ソース スポーツ報知(23日) → http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121223-OHT1T00032.htm

 スポーツ報知はこう伝えている。

 ◇ 双葉町民155人、震災最後の避難所を助けて 収入年金だけなのに有料化

 東日本大震災から1年9か月。福島第1原発がある福島・双葉町が役場機能を移した埼玉県加須市の旧県立騎西高校は、現在ただ一つ残る被災者の避難所だ。当初は町民1350人を受け入れ、今でも155人が暮らしている。その多くは75歳以上の後期高齢者。1日3食の弁当は9月から有料化され、出入りする弁当業者も年末年始は休業することが決まった。正月の“食糧難”への行政の対応の悪さに、住民やボランティアスタッフからは不満の声が高まっている。

 「我々年寄りは他に行き場がねえし。家さ帰りてぇけど帰れないもんな」。避難所に暮らす70代の男性が自嘲気味に話した。教室の床に畳を敷き、その上に布団を敷いて寝ているが、真冬になれば底冷えがする。仕切りは段ボールだけ。そんな生活が1年9か月以上も続いている。

 被災直後から町民の約2割に当たる1350人がさいたまスーパーアリーナに避難し、その後11年4月にこの地に移ってきた。仮設住宅に引っ越したり、親類宅を頼るなどして、その多くは新しい住居を見つけた。残された155人は全員が65歳以上。そのほとんどは後期高齢者で、要介護者も少なくない。

 災害救助法に基づき、当初は3食の弁当が無償で支給されていたが、今年9月からは有料化(3食計1100円~)された。町の産業振興課は「ほとんどの町民が仮設住宅などで自立した生活を始めている中で、公平性を保つため」と説明する。避難所以外で暮らす町民からも、食事無償提供に異議の声があったという。

 だが、避難所生活を強いられ、年金だけが頼りの高齢者には月3~4万円の食費は安くはない。中には1食分を3食に分けて食いつないでいる人もいるという。共用冷蔵庫があり自炊も可能だが、キッチン設備があるのは校舎の4階。階段を上り下りしての調理は、高齢者には骨が折れる。

 今年8月、避難所から約1キロ離れた国道沿いに144坪の避難者支援サロン「ハーモニー」を開設したNPO法人ヒューマンソーシャルハーモニー研究所の臼井智香子代表理事(45)は「この状況で、他の避難者と公平だと言えるのか。共用で寝泊まりする部屋で食事をすればにおいも充満するし、衛生面にも問題が出てくる。他の避難者と同じ環境と考えること自体が間違いだ」と指摘した。

 12月31日から1月2日までの3日間は弁当業者が休業となる。歩けない高齢者のために町役場の当直3人が現金を預かって食料の買い出しに行くことで対応するとしているが、あまりにも寂しい正月だ。臼井さんはボランティアスタッフとの協力で、31日に年越しそば、1日におせち料理、2日に餅つき、3日にとろろご飯を提供する準備を進めていたが「まさか弁当までは止まると思わなかった」と想定外の需要増を懸念している。

 今年の正月は、全国からの炊き出し支援でにぎわったが、様相は一変する。人手、資金ともに不足するのは必至だ。臼井さんは「まだ避難所があること自体、もう忘れられているのかもしれない。ボランティアは正月のような時にこそ必要なんです」と訴えた。

 ◆避難者支援サロン「ハーモニー」
(電)0480・53・4864

Posted by 大沼安史 at 11:53 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 群馬・高崎に 「茶色の雨」が降った! 12月12日

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/brown-rain-fell-in-takasaki-city-gunma/

Posted by 大沼安史 at 11:52 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 群馬県桐生市 4万ベクレルの土壌を、市役所の担当者は「危険ではない」と言い張った。「袋開けて扇ぐからホコリ吸い込め」と言ったら、黙っているので「危険じゃないんでしょ?」って尋ねると「…危険です」とぼそり。……そして今、空っ風に危険な土壌が舞い上がりみんなが吸い込んでいるこの現実…こんな世界で良いのか!? / ◇ ツイッター報告 英仏訳で全世界拡散開始!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-40000-bqkg-from-soil-in-kiryu-city-gunma/

Posted by 大沼安史 at 11:51 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 埼玉・狭山市で 5本指のニンジン!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/mutation-foot-looking-carrot-found-in-sayama-city-saitama/

Posted by 大沼安史 at 11:50 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 フクシマ被曝被災地の流産データを統計から除外 日本の厚労省

 → http://fukushima-diary.com/category/dnews/

Posted by 大沼安史 at 11:50 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 福島市の焼却場 周辺に死の灰が降下 有志による現場測定ビデオ 全世界拡散開始!

 → http://enenews.com/report-radioactive-fallout-around-fukushima-incineration-plant-being-hidden-very-odd-videos

Posted by 大沼安史 at 11:49 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-24

〔死の灰ガレキ〕 (訂正版) 焼却 ⇒ 飛散! そもそも焼いてはいけない、のではないか! 新潟・三条市 大槌町ガレキ試験焼却で 飛灰からプルトニウム

Sanjocitypu122012

Posted by 大沼安史 at 03:08 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 川内村の村民は村長に言った、「(フクイチ)原発は日本中に見えない何かを吐きだした(the plant spewed out something invisible across Japan.)」/ NHK国際放送(英語版)ドキュメント 世界拡散開始!

 → http://enenews.com/resident-mayor-plant-spewed-invisible-across-japan-dont-dare-make-promises 

Posted by 大沼安史 at 02:51 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 CNN、「日本のゴースト・タウン」(23日放映) 専門家が疑問 「こんな除染では無意味。高圧洗浄、放射能を拡散するだけ!」 

 
 23日 → http://edition.cnn.com/video/#/video/international/2012/12/24/japan-ghost-town.cnn?iref=allsearch

Posted by 大沼安史 at 02:50 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 死の枯れ葉……鎌倉中央公園 セシウム合計 138Bq/Kg

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/138-bqkg-from-dead-leaves-of-kamakura-central-park-in-november-2011/

Posted by 大沼安史 at 02:49 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-23

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島市での死の灰降下 18日午前9時から増加/◇ フクイチからのクルシミマセ・プレゼント!?

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/fall-out-level-increasing-in-fukushima-city-from-12182012/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 08:14 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 祝いたいが祝えない、フクシマ・クリスマス FDのモチズキさんが決意! 「ウェブ・ジャーナリズムの灯をともし続け、燃え尽きたい!」/◇ モチズキさんの活動を義捐金で支えよう!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/column-we-dont-celebrate-christmas/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 08:13 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 山形・飯豊町で 2本腕のダイコン

 → http://yamagata-np.jp/news/201212/22/kj_2012122200605.php

Posted by 大沼安史 at 08:13 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 体はメス 頭部はオスのクワガタ 茨城県牛久市内の雑木林で高校生が発見

 → http://enenews.com/report-freaky-mutant-bugs-found-likely-a-first-says-expert-prefecture-bordering-fukushima-photos

Posted by 大沼安史 at 08:12 午後 | | トラックバック (0)

〔被曝受難・NEWS〕 天皇陛下 除染作業に伴う被曝をご懸念/ 10月に福島県川内村で放射能汚染の除染現場を視察。作業に伴う危険を実感したとして「携わる人々の健康が心配です。作業の安全を願っています」と語った。

 朝日 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121223-00000008-asahi-soci
 フジ → http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20121223-00000591-fnn-soci

 

Posted by 大沼安史 at 07:51 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-22

〔被曝受難・逃避行〕 AP通信が全世界報道 オキナワに逃げる母と子/ 母親は言った。家族で車で寝泊まり → 原発が爆発していると知らず、外で子どもを遊ばせてしまった……/「朝、目がさめるたび、こどもたちが生きていることに感謝する毎日です!」/◇ こんな日本に誰がした!

 → http://news.yahoo.com/people-flee-japan-nuke-disaster-faraway-okinawa-070442155.html (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 07:47 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 イアン・アッシュさん 映像ドキュメント「被曝地に囚われて(Trapped inside )」/ ムトーさん一家の苦悩/ 長男(11歳)は昨年6月、学校の帰り カエルを捕まえようと田んぼに入った……1ヵ月後、ひどい鼻血! 福島市の大学病院 白血球の数は少ないが、被曝とは無関係、治療も不必要と。現在も手にひどい湿疹、手と指の傷がふさがらず。妹(8歳)も兄同様、甲状腺にのう胞/ 母親は言った、「セシウムしか測定してくれない!」

 → http://enenews.com/mother-child-severe-nose-bleeds-full-body-rash-after-playing-fukushima-contaminated-water-blood-thought-head-cut-open-fingers-covered-open-sores

 ◎ソース → http://ianthomasash.blogspot.jp/2012/11/trapped-inside-part-5.html

Posted by 大沼安史 at 07:38 午後 | | トラックバック (0)

〔木下黄太さん〕 東京に行くと目が充血し痛くなる現象について。埼玉ガレキ焼却終了 ⇒ 大阪のガレキ受け入れ不要と認識を!

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/c/28437a365885c2ef56b77f094706d3da

Posted by 大沼安史 at 07:38 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 【原発再稼働】 自民党本部前での抗議行動 警察指導で離れた場所に移動 / 自民党の政権復帰を早々と見せつけられた。毎週金曜夜、自民党本部正面で行われていた抗議集会が、警察の指導により南へ50mほど移動させられた

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005905

Posted by 大沼安史 at 07:37 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 グンダーセンさんがあらためて警告 3号機核燃プールの損傷 鉄骨の落下ではなく 「軽度の即発臨界( a prompt, moderated criticality)」による可能性

 → http://enenews.com/gundersen-damage-fukushima-unit-3-fuel-racks-could-be-prompt-moderated-criticality-objects-falling-pool-tepco-shown-photos

Posted by 大沼安史 at 07:37 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 フクイチ作業員が証言 ネズミ、いたるところに! ケーブルを噛み切り 停電を招き 高汚染水を撒き散らす恐れ/ ◎ ハッピー @Happy11311  「オイラ動物は好きな方だけど、ネズミとは今まで接点がなかった。最近は現場のあちこちでネズミを見かけるようになった。ミッキーやミニーなら可愛いけどそんな感じは微塵も感じられないでし(>_<)オイラの知ってるジェリーよりはるかにデカいし。ケーブルかじってトラブルないといいんだけど…」

 → http://enenews.com/fukushima-worker-rats-being-found-many-places-around-plant-concern-about-biting-cables-spreading-high-level-contamination

Posted by 大沼安史 at 07:36 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 徴兵制 フクシマ被曝労働の潜在供給源に(Conscription is the potential system to make Japanese citizen go to Fukushima mandatorily.)/ 憲法改悪で「強制被曝」を合法化(In short, conscription can make all of us forcibly exposed.)

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/column-why-fukushima-diary-reports-japanese-political-situation-that-has-drifted-to-the-right/

Posted by 大沼安史 at 07:35 午後 | | トラックバック (0)

〔被曝地・棄民 NEWS〕 あのSPEEDI「隠し」の福島県庁が、またも! 乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼

 ◎ソース 毎日新聞(19日付け) → http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040142000c.html

 毎日は以下のように報じている。

 ◇ 福島被ばく調査:乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼

 東京電力福島第1原発事故による子供の内部被ばくを調べるための乳歯保存を巡り、福島県議が昨年秋の県議会で質問通告した際、保存を拒否できる見解の提供を、県が県民健康管理調査の検討委員会委員にメールで求めていたことが分かった。県はメールに乳歯保存を「反原発命(いのち)の方の主張」と記述。同委員会を巡っては、事前に秘密会を開いて意見調整していた問題などが発覚したが、県が特定意見を排除するため委員らを利用しようとした実態も浮かんだ。

 原発事故で放出される放射性物質「ストロンチウム90」はカルシウムに似た性質を持つため骨や歯に蓄積しやすいとされる。このため柳沼(やぎぬま)純子県議(自民)は昨年9月、「将来的にストロンチウム90の内部被ばくを分析するため、事故後に抜けた子供の乳歯の保存を県民に呼びかけてはどうか」との質問を県側に事前通告した。

 関係者によると、通告を受け、検討委の事務局を務める県保健福祉部の担当者が、乳歯保存について「あまり意味はないといった知見・情報はないでしょうか?」と呼びかけるメールを検討委の委員らに一斉送信。「質問議員(がそう)ではないですが、反原発命の方の主張でもあるようで、あまり乗る気になれない質問です」などと記していた。

 県の要請に委員側が応じたかどうかは不明だが、柳沼議員は昨年10月4日の県議会本会議で一般質問。当時の保健福祉部長は「(乳歯保存の)有用性について専門家の間でもさまざまな意見があるものと承知している。放射性物質の飛散の状況や専門家による研究、議論も参考にしながら研究していきたい」と答弁した。しかしその後、県は乳歯保存を呼びかけず、検討委でも議論されていない。

 当時の部長は取材に「何と答弁したかすら覚えていない。専門家に意見を聞いてくれと(担当者に)言ったかもしれないが、誰にどんなメールを流したかは聞いていない」と説明。担当者はメールについて「記憶にないし、確認もできない」と述べた。柳沼議員は「後ろ向きな答弁とは思っていたが、裏でこんなことをしていたとは県民をばかにしている」と話している。【日野行介】

Posted by 大沼安史 at 07:35 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 秋田・横手市 こどもたちの尿から放射性セシウム 0.1 Bq/Kgも!/◇ ああ、秋田のこどもたちも!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/0-1-bqkg-of-cesium-measured-from-urine-of-children-in-akita/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 07:33 午後 | | トラックバック (0)

〔みんな楽しくHappy♡がいい♪〕 <税金返せ!> 露骨すぎるガレキ利権・復興予算から交付「受け入れなくても1団体平均40億円!」/ そもそも復興予算は、被災した場所のために使うものではないのでしょうか? 何100億円もこうやってばら撒く位ならば、被災者にちゃんとした賠償金を支払う事が出来る筈だと私は思います。くたばれ環境省!

 → http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2655.html

 
 東日本大震災で発生したがれきの広域処理をめぐり、環境省が受け入れ先から除外したにもかかわらず、北海道から大阪までの7道府県の市町や環境衛生組合など計14団体に、復興予算の廃棄物処理施設整備費として総額約340億円の交付を決定していたことが21日、共同通信の調べで分かった。

 同省が「検討すれば、結果として受け入れなくても交付金の返還は生じない」と異例の通達を出していたことも判明。
 このうち神奈川県の4団体は交付条件だった「検討」さえしていなかったことも分かり、共同通信の指摘を受けた同省は不適切と判断、神奈川県分の計約160億円の決定を取り消す方針だ。

 被災していない地域への流用が大きな問題となった復興予算のずさんさが、あらためて問われそうだ。

Posted by 大沼安史 at 07:32 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-21

〔12/14 アレクセイ・ヤブロコフ博士 東京講演 「低線量被ばくの健康影響」動画+文字起こし〕 「日本においては、『20mSv/人/年でさえも危険ではない』と言われているそうですが、これはもう狂気の沙汰です」

 ① http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/6b3f644eb64d6adc604fcee5f1a79424
 ② http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/cfe992415870eb30bc2af547081d43f1
 ③ http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/97e89e9b7b5d1e668c8414eaf3e80f2a
 ④ http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/8a791cf93d193db7bf6e2e3a1161d753
 ⑤ http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/8a791cf93d193db7bf6e2e3a1161d753

 講演案内 → http://www.foejapan.org/energy/evt/121214.html

Posted by 大沼安史 at 08:50 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 放射性廃棄物の最終処分場 不意打ち決定 「白紙撤回を」/栃木県矢板市と茨城県高萩市の住民が環境省と国会へデモ行進/渡辺喜美・みんなの党代表があいさつ 矢板市と高萩市に最終処分場を持っていくことは自・公・民で決めていた!/ あまりにも地元をないがしろにした決定だった。「おたくの市のどこそこが最終処分場に決まりましたよ」と何の前ぶれもなく公表し、翌日、環境副大臣が地元市役所を訪問して伝えた……

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005900

Posted by 大沼安史 at 08:49 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 双葉町議会 井戸川町長 辞職勧告 背景を含め、英語で解説報道 / 井戸川町長の町民への手紙も英訳 「中間貯蔵施設については……この施設の周りには人が住めません。六ヶ所村では2キロ以内には民家がないようで、双葉町では町の中心部が殆ど入ってしまいます。では、どうするのかの議論が先です。ボーリング調査を行うのは着工です。……着工の事実を作らせないために、私は非難覚悟で止めていることをご理解ください」

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/radioactive-japan-under-ldp-futaba.html

Posted by 大沼安史 at 08:48 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 飛散した核燃料 小規模再臨界 随所で 個別継続の恐れ /専門家、下水道からの放射性ヨウ素検出、医療用の可能性、ほとんど考えられない/ クリプトン85など核種を検出 / 圧力容器より格納容器の方が高線量

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/column-3-facts-to-support-the-hypothesis-that-fractured-nuclear-fuel-is-in-individual-stages-of-nuclear-reaction/

Posted by 大沼安史 at 08:47 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島産大豆から 120 Bq/kg

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/120-bqbq-of-cesium-measured-from-soybeans-and-sold-for-transitional-measures/

Posted by 大沼安史 at 08:47 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬のイノシシから 11,000 Bq/Kg

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/11000-bqkg-of-cesium-was-measured-from-wild-boar-in-minamisoma-city/

Posted by 大沼安史 at 08:46 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 東電 「共用プール」の核燃料の状態を確認へ 水中カメラを設置 格納ラックも点検

 → http://enenews.com/fuel-rods-in-common-pool-at-fukushima-to-be-inspected-for-soundness-photos

Posted by 大沼安史 at 08:46 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 フクイチ・死の灰・海洋汚染 放射性セシウムの米西海岸へのインパクト 今後4年間に4%増大 南シナ海は3%の増 中国人研究者グループが論文

 → http://enenews.com/report-nuclear-pollution-from-fukushima-to-hit-u-s-in-2015-impact-strength-of-cesium-137-on-west-coast-is-as-high-as-4-percent-due-to-strong-currents

Posted by 大沼安史 at 08:45 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマの歌〕 ラストワルツ

 → http://onuma.cocolog-nifty.com/blog3/2012/12/la-derniere-val.html

Posted by 大沼安史 at 02:48 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-20

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島県庁 県議が提案した内部被曝検査のための「乳歯保存」を抑え込み 「拒否」のために情報収集も! /柳沼純子県議 「内部被ばくがあったか(の証拠を)残せる方法。どんなささいなことでも原発事故後の全てのデータは残しておくべきで、県がやるべきことだと思った」/ 米国の分析機関に乳歯検査を送る運動を進めている千葉・松戸の歯科院長は言った、「子供を守る責任を放棄している」

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/mainichi-fukushima-govt-tried-to-kill-proposal-to-store-baby-teeth-for-future-radiation-checks/ (◇は大沼)

◎ ソース 毎日新聞 → http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040143000c.html

 毎日はこう報じている。

 ◇ 福島被ばく調査:乳歯保存「拒否」 「脱原発」方針と矛盾
     2012年12月19日 02時30分(最終更新 12月19日 08時37分)

 原発事故後の福島県の子供たちの内部被ばくを調べるため乳歯の保存を呼びかけた県議会での提案に対し、福島県が「反原発命(いのち)の主張」とレッテルを貼り、拒否のための情報収集をしていた実態が明らかになった。復興に向け「脱原発」を掲げる中での県の言動とあって、提案した県議は「事故で被害を受けた県としてあってはならない」と憤った。【日野行介】

 同県郡山市選出で自民党の柳沼(やぎぬま)純子県議(66)は昨年夏、広島市立大広島平和研究所の高橋博子講師が内部被ばくの証拠を残すため乳歯の保存を呼びかけているのを新聞記事などで知った。高橋講師に連絡を取り、その意義に賛同して昨年秋の県議会で取り上げるのを決めたという。

 柳沼議員は「内部被ばくがあったか(の証拠を)残せる方法。どんなささいなことでも原発事故後の全てのデータは残しておくべきで、県がやるべきことだと思った」と振り返る。しかし、期待に反して、県から前向きな答弁はなかった。

 県は昨年8月、「『脱原発』という考え方の下、原子力に依存しない社会を目指す」とする「復興ビジョン」を決定。柳沼議員は「原発はいらないと言っている県が『反原発だから』という理由で(乳歯保存を)嫌がるのはおかしい。前向きな答弁が当然のはずなのに」と怒りをあらわにした。

 乳歯による内部被ばく検査を巡っては、千葉県松戸市の歯科医院「きょうどう歯科新八柱(しんやはしら)」が保護者らに提出を呼びかけ米国の分析機関に乳歯を送って検査する活動をしている。約200人の乳歯が集まったという。藤野健正(たけまさ)院長は「福島県が、呼びかけることすら嫌がるなんて信じられない。子供を守る責任を放棄している」とあきれたように話す。

 県が提案を退けるための「理論武装」に頼ったのは、全県民を対象に実施している県民健康管理調査について話し合う検討委員会のメンバー。検討委を巡っては、約1年半にわたって秘密裏に準備会(秘密会)を開いて事前に意見を調整したり、議事録から内部被ばくに関する記述を削除して情報公開したりするなど、不透明な運営が次々と発覚。県は10月に内部調査を実施したが、報告書はこのメールについては一切触れていない。

Posted by 大沼安史 at 04:47 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 6本足の大根 山形・天童市で

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/mutation-japanese-radish-with-6-legs-found-in-yamagata/
 ◎ ソース 山形新聞 → http://yamagata-np.jp/news/201212/19/kj_2012121900500.php

Posted by 大沼安史 at 04:45 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島産ハチミツ 放射能汚染、昨年を上回る 昨年10月:73.1 Bq/Kg ⇒ ことし11月:97.2 Bq/Kg

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/radioactive-material-measured-from-fukushima-honey-higher-than-last-year/

Posted by 大沼安史 at 04:45 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 東電 3号機核燃プールのライナーを修繕か? /◇ 3SFPは4SFPよりも前に崩壊するのではないか?!

 → http://enenews.com/tepco-trying-repair-liner-3-spent-fuel-pool-fukushima-plant-photos (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 04:44 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 AFPが全世界拡散報道 六ヶ所村 MOX工場下に活断層! 専門家が警告!

 → http://enenews.com/japan-experts-active-fault-runs-underneath-mox-fuel-plant-warnings-of-massive-quake
 ◎ AFP電 → http://au.news.yahoo.com/thewest/a/-/world/15679553/quake-risk-at-japan-atomic-recycling-plant-experts/

Posted by 大沼安史 at 04:43 午後 | | トラックバック (0)

〔バンクーバー平和哲学センター〕 米国務省記者会見記録には「中国に『尖閣は日米安保適用』と伝えた」などどこにも書いてない! 日本のメディア(NHK、共同通信、読売、産経、毎日など)は14日に国務省記者会見でベントレル報道官が、「領空侵犯」について米国が中国に懸念を伝え「尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲であると直接伝えた」と報道しているが、国務省の14日記者会見記録の該当部分を見ると、ベントレル報道官は「日米安保条約」と一言も言っていない!

 → http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html 
 どうやらメディアは、この「米国の方針とコミットメントは長期にわたるもので、これまでと変わっていません」の部分を「尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲である」と解釈してあたかも国務省がそう言ったかのように報道しているようなのである!!!

◇ 大沼 おそらく日本大使館の「その筋」から投げられた「エサ」に、食らいついたのだろうが、ひどいものだ! 

Posted by 大沼安史 at 04:42 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ノート〕 「東電が有罪を認めた!(Fukushima operator Tepco admits culpability)」 世界の権威紙、英紙ガーディアンが報道/ 東京の外国特派員協会の記者会見で、東電・原子力改革監視委員会のトップが言明 「安全文化の欠如」「悪しき慣習」「政府当局との癒着」を批判した国会事故調の指摘を、「わたしたちは完全に認める(We admit, we completely admit……)」

 14日付け → http://www.guardian.co.uk/environment/2012/dec/14/fukushima-operator-tepco-culpability

 ガーディアン紙は東京発のロイター電を報じた。

 東電の改革監視委員会のトップ、アネガワ・タケフミ氏が東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見で、「フクイチ原子力大災害(これは大沼の表現。単なる「事故」と、やはり、いうべきではない!)」を引き起こした、国会事故調の指摘したの東電の「有罪(culpability)」を「完全に認めた」。

 「有罪」を認めたのは、国会事故調が指摘した 以下の2点。

 ① 安全文化の欠如」「悪しき慣習」「政府当局との癒着」(the lack of a safety culture and our bad  habits)
 ② 政府規制当局との癒着の結果として事故が起きたこと  (the result of "collusion" between the company and regulators)

 アネガワ氏はまた、国会事故調が結論付けたように、フクイチ原子力大災害が「防ぐことができた(the disaster was preventable )」ことも認めた。
 
 Takefumi Anegawa, the head of Tepco's company reform taskforce, told a news conference the report by a parliamentary committee contained "so many descriptions about the lack of a safety culture and our bad habits".

 "We admit, we completely admit, that part of the parliamentary report," Anegawa told a news conference in Tokyo at the Foreign Correspondents Club of Japan.

 He was responding to a question on whether the company accepted the parliamentary committee's findings that the disaster was preventable and the result of "collusion" between the company and regulators.

        #

 東電は外国プレスに対して、フクイチ原子力大災害(フクシマ核惨事)に対して、自らの「有罪」を、率直に認めていた!

 これは、記録に残し、しっかり記憶すべきことである。

 東電自ら「有罪」を認めた以上、刑事(と民事)責任は免れない!

        #

 外人記者クラブでの会見と同じ日、東電は広瀬直己社長が「中間報告」について記者会見していた。

 共同通信はこれをこう伝えた。

 ◇ 福島原発事故の背景に稼働率重視 東電が改革中間報告
    → http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012121401002302.html
 (写真 記者会見する東京電力の広瀬直己社長=14日午後、東京・内幸町の本店)

 東京電力は14日、福島第1原発事故の反省を踏まえた原子力部門改革の中間報告を公表した。原発の稼働率向上を重視して過酷事故対策を先送りする「負の連鎖」が組織に生じていたことが、事故の背景にあると認めた。

 安全対策では、社外メンバーが経営トップに進言したり、原子力部門を直接指導したりする「原子力安全保証室」を、社長直轄の新組織として設置。事故時には、本店は支援に専念する一方、発電所長が現場指揮官として全決定権を持つ仕組みに変更するなど改革を進める。

 経営の最優先課題としている柏崎刈羽原発の運転再開に理解を得るため、改革姿勢をアピールする狙いがある。

      ◇

 「事故の背景に稼働率重視」? …… 問題は「背景」ではなく、「原因」である。そしてその原因を引き起こした者に対する「有罪性」の確認であり、処罰である。

        #

 朝日新聞も、こう伝えた。

 ◇ 福島原発の事故原因「事前の備え不十分」 東電の監視委
    → http://www.asahi.com/national/update/1214/TKY201212140614.html

 東京電力は14日、福島第一原発事故を起こした原子力部門の改革を進めるため社外の専門家を招いた「原子力改革監視委員会」の2回目の会合を開いた。東電側は中間報告として、事故原因を「事前の備えが十分にできていなかった」と結論づけた。

 第一原発設計時に、地震と津波が原因で事故が起きる可能性について十分に考えていなかったほか、運転開始後も海外の原発での安全対策の強化について情報を集める努力が足りなかったと認めた。さらに、「想定を上回る津波が来る可能性は低い」として、対策を取っていなかったことも原因の一つに挙げた。

 東電は今後の対策として、国会など各種事故調査委員会の報告書で挙げられた安全強化策をすべて取り入れる▽社外の専門家をトップとする社長直属の「原子力安全保証室」をつくる――などの対策を取るとしている。監視委は来年2月をめどに最終報告書をまとめる。
      
       ◇
 
 「事前の備え不十分」!とはいかにも甘い。かつて原発推進の旗を振り続けた「朝日」としても、自らの「有罪性」を認めたくないのだろう。

        #

 ガーディアンの報道と日本の「報道」の、これだけの差。

 日本のマスコミは、やはり「ジャーナリズムでは、ない」――のか?!……。
 

Posted by 大沼安史 at 09:46 午前 | | トラックバック (0)

2012-12-19

〔田中龍作ジャーナル〕欧米・アジアの環境活動家ら 「日立の原発輸出にノー」/ 日立の本社ビル前に横断幕を広げた。「日立はリトアニアの意志を尊重せよ」とリトアニア語で/日立は米ミシガン州のエリー湖岸に原発を建設するための許認可を求めている。ガンター氏は原子力規制委員会(NRC)に建設を認めないよう働きかける活動を展開中だ/「日立製作所 情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部 開発統括本部」のエンジニア、朴鐘碩(パク・ソンチョク)氏は、日立の社長と会長宛てに「原発輸出を止めるよう」手紙を書いた。

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005889

Posted by 大沼安史 at 06:21 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 自民党 投票総数の42%で ⇒ 3分の2議席をゲット! 有権者総数では、わずか25%で / 東京新聞 「自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた」「最大の争点の一つだった原発政策で《原発ゼロ》を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ」/ ◇ 「4分の1」が「3分の2」に化ける 被曝ニッポン・総選挙マジック!

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/japanese-election-ldp-managed-to-win-23.html

◎ ソース 東京新聞 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012121802000130.html?ref=rank

 東京新聞は以下のように報じている。

 ◇ 小選挙区24% 比例代表15% 自民 民意薄い圧勝
   2012年12月18日 朝刊

 
 戦後最低の投票率となった十六日の衆院選は、自民党が定数(四八〇)の六割を超える二百九十四議席を確保する圧勝で終わった。しかし小選挙区で自民党候補の名を書いたのは全有権者の約四分の一、比例代表に至っては15・99%だった。自民党の勝利は、必ずしも民意を反映したものではない。多党乱立と低投票率が自民党を利した結果であるということが、はっきり分かる。

 衆院選の投票率は小選挙区で59・32%。戦後最低を記録した。

 一方、自民党の得票率は小選挙区が43・01%。比例代表は27・62%。ただし、これは投票した人の中での比率だ。

 全有権者に占める比率は24・67%、比例代表は15・99%となる。選挙区でも比例代表でも自民党候補や党名を書いた有権者は「少数派」だ。

 ところが、自民党が獲得した議席は小選挙区で定数の79%にあたる二百三十七議席、比例代表は、同31・67%の五十七議席だった。

 現在の衆院選挙制度は、小選挙区制と比例代表の並立制を採用している。民意を集約して二大政党制に導く小選挙区制で自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた。

 民主党は、小選挙区で自民党の約半分にあたる22・81%の得票だったが小選挙区での獲得議席は自民党の一割強の二十七にとどまった。ここで両党が明暗を分けた。

 このようなずれは、十二党が乱立した今回の衆院選で、多くの候補が票を食い合ったことが最大の要因。特に、最大の争点の一つだった原発政策で「原発ゼロ」を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ。

Posted by 大沼安史 at 05:59 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬  「黒い物質」 セシウム合計 43,351,614 Bq/Kg ! つまり……なんと、4335万ベクレル! /「フクシマ・ダイアリー」が速報! ENEニュースが驚きの世界拡散報道!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/43-million-bqkg-of-cesium-measured-from-black-substance/
◎ENEニュース → http://enenews.com/report-black-substance-40000000-bqkg-cesium-fukushima
◎ ソース kienaiyoru → http://ameblo.jp/kikilala-400/entry-11429705582.html

Posted by 大沼安史 at 05:47 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 グンダーセンさん / 東電 3号機で「爆轟(detonation )」 ついに認める! 1号機のような「爆燃」ではなかった! 3号機の蓋 爆轟の衝撃波で 半開きに

 → http://enenews.com/new-fairewinds-video-tepco-reveals-detonation-shock-wave-during-explosion-fukushima-unit-3-photo-video
 → http://enenews.com/gundersen-top-of-containment-believed-to-have-opened-up-after-massive-blast-at-fukushima-unit-3

Posted by 大沼安史 at 05:44 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-16

〔フクシマ・ダイアリー〕 ことし2012年 4~9日 被曝ニッポン 出生数 激減!/ ◇ こんな日本に誰がした?!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/the-number-of-births-from-april-to-september-sharply-decreased-in-2012/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 08:04 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 ノーベル賞受賞団体、「核戦争防止国際医師会議(IPPNW)」のドイツ人医師、アレックス・ローゼン氏が批判 WHOの「フクシマ被曝、心配なし」報告を避難/ 主にIAEAの関係者がIAEA報告をまとめる!/IPPNWドイツ支部 11月にWHO事務局長あて、フクシマで、まともな健康調査を実施するよう書簡で要請

 → http://enenews.com/jiji-cover-up-of-true-radiation-levels-fukushima-residents-were-exposed-to-who-accused-of-underestimating-disasters-impact-on-human-health-iaea-colluding-with-japans-nuclear-power-industry
 ◎ ソースはベルリン発時事電(英文) → http://enenews.com/jiji-cover-up-of-true-radiation-levels-fukushima-residents-were-exposed-to-who-accused-of-underestimating-disasters-impact-on-human-health-iaea-colluding-with-japans-nuclear-power-industry

Posted by 大沼安史 at 08:03 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 【衆院選・都知事選】 行列ができる投票所 有権者「こんなの初めて」/「しかしNHKの正午のニュースでは前回より下回っていると報道した」

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005856

Posted by 大沼安史 at 07:51 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-15

〔木下黄太さん〕「とうとう、私の友人が死にました。」31歳男性が心臓疾患で突然死/ 富山・高岡市が岩手・山田町のガレキ7トンを本日(15日)10時より環境クリーン工場(長慶寺640番地)において24時間試験焼却を実施している模様です。量は少ないですが、警戒はしてください!

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/c/28437a365885c2ef56b77f094706d3da

Posted by 大沼安史 at 09:30 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 嘉田・小沢初の合同演説 聴衆、マスコミ報道との違いに驚き/「冬の冷たい雨の中にもかかわらず、大勢の有権者が足を止めて耳を傾けた」

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005845

Posted by 大沼安史 at 09:27 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕14日 15・30 自民党の安倍総裁が遊説のため、静岡県内をJR東海道線の普通列車で移動中、初老の男性に注意される。JR職員がおさえていた席に、後から乗ってきた安倍氏が座ったため。男性は安倍氏の隣に立って苦言を続ける。安倍氏はしばらく聞いていたが、「だから、すみませんって言ってるじゃないか」と怒り、その後は座ったまま目を閉じる。男性は隣に立ち続けた――日本の政治家の品格と資質を伝える英訳報道 全世界拡散開始!

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/ldp-leader-shinzo-curry-rice-with-pork.html

Posted by 大沼安史 at 09:24 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 東通原発 「調査団5人全員が活断層の可能性を指摘」/「再稼働が困難に」

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/japans-nuclear-regulatory-authority.html

◎ ソース 河北新報(15日) 東通「活断層の可能性」再稼働困難になる恐れ 規制委調査
 → http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121215t23027.htm

 河北はこう報じている。

 東北電力東通原発(青森県東通村)敷地内の断層について、原子力規制委員会の現地調査団は14日、2日間の調査を終えた。調査団長の島崎邦彦委員長代理は一部の断層について「10万年前以降に再活動した可能性がある」との見解を示した。調査団5人全員が活断層の可能性を指摘した。

 調査結果は20日に東京で開く評価会合で議論される。東北電が原子炉の耐震性の見直しを迫られ、再稼働が困難になる恐れが出てきた。

 調査団は、原子炉の西側を南北に走る「F-3」と「F-9」の2本の断層について、付近の試掘溝(トレンチ)内に入り、断層周辺のたわみの地質的な組成などを詳しく調べた。東北電が国に提出した原子炉設置許可申請書などの資料も、専門的に検討した。

 国が定めた原発の耐震設計上の基準では、12万~13万年前以降の敷地内の活断層を考慮しなければならない。島崎委員長代理は「F-3」「F-9」断層が10万年より最近に動いた可能性を挙げ「それを踏まえれば、周辺の小断層s-14とs-19などの地層の形状変化に説明がつく」と述べた。

 島崎委員長代理は、20日の評価会合について「基本的に、これらが『活断層ではない』と言えるのかどうかが論点になるだろう」と話した。

 東北電の梅田健夫副社長は「先生方の見解もあるだろうが、20日の評価会で私どもの考え方を話したい」と発言。同社側は耐震性を見直す必要のある活断層はない、との見解を重ねて強調した。

Posted by 大沼安史 at 09:18 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 フクイチ核惨事で「急性老化」が進行、人口減招く 南相馬市/ 日本人研究チームが米国の学術誌に発表! /◇ 最近、「老けこむ」人がやたら目につく! かく言うわたしもその1人。「死の灰加齢」「被曝加齢」が一気に、全面的に進行している!

 → http://enenews.com/new-study-depopulation-with-rapid-aging-after-fukushima-daiichi-disaster (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 09:08 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 死の灰ガレキ焼却に抵抗 下地真樹・阪南大学準教授の逮捕にヘレン・コルディコット女史が抗議声明 下地さんの声明文、日英2ヵ国語 国内・世界拡散開始 

 女史:「下地教授は、学生や次世代の人々を気遣う、勇敢で道徳心のある人物です。大阪あるいは日本のその他の地域において、苦しみ、病、死といった福島の遺産を増やすことからも、下地教授の追求する放射能汚染瓦礫焼却停止を、私達がサポートすることは必須です」

 下地さん:「震災がれきの広域処理は……被災地支援どころか復興予算の横取りであり、かえって復興 の足を引っぱります。同時に、放射能をばらまき、かつ、汚染地の人々に放射能を受忍させ、加害者である東京電力の責任を軽減するものです。代償は、私たち の、子どもたちの、そして、これから生まれてくる子どもたちの命です」
 → http://enenews.com/crackdown-japanese-professors-arrest-extremely-unjust-publicly-oppossed-burning-radiaoctive-debris
 ◎ ソース Fukushima Voice → http://fukushimavoice-eng.blogspot.jp/2012/12/unjust-arrest-of-professor-opposing.html

Posted by 大沼安史 at 09:03 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島市の小学校 来年度から福島市産のお米を使用へ! 英仏訳で世界拡散報道!

 → http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11427148003.html
  ◎ ソース「まっちゃんのブログ」 → http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11427148003.html

Posted by 大沼安史 at 09:01 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島市 空間線量 6月から5ヵ月連続 急上昇! 事故後から総線量は15858μsv(約16ミリ)

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-radiation-level-of-fukushima-city-has-been-increasing-since-june/

Posted by 大沼安史 at 09:01 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島市の新興住宅街「南向台地区」 1戸あたり1.5トンの汚染土

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/decontamination-produces-1-5-tones-of-contaminated-soil-at-a-household-kept-in-the-garden-for-3-years-interim-storage-for-30-years/

 ◎ ソース FNN 15日 「福島では大量の汚染された土をめぐり大きく揺れています」
 → http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00236915.html

 FNNは以下のように報じている。

 福島では、除染によって出る大量の汚染された土をめぐって、大きく揺れています。
伊達市のある仮置き場の巨大な青いバッグの中身は、すべて除染作業で出された、放射性物質で汚染された土や草木です。
詩人の和合亮一さんに話を聞きました。

 (和合さんは最近、ツイッターでも詩を発表している。最近はどのようなテーマが多い?)
 ずっと、ふるさとをテーマに、福島をテーマに詩を書いてきたんですけれども、最近は、失われた何かということの中に、土や緑や風、水などをテーマに書くことが多くて、その中にキーワードとして、除染という言葉が入ってきています。

 (どうしてこの時期、除染?)
 暮らしている中で、やっぱり、その目線の先に、除染の作業をされている姿が見えて、その中でいろんなことを、思いを重ねていることが多くなってきています。

 除染というと、復興・復旧へ向けての次のステップというふうに、漠然ととらえがちだが、実際は、そんなに単純なものではないようす。

 福島市の新興住宅街「南向台地区」。
 放射線量が高いため、優先的に除染作業が行われている。
 住宅地の除染で鍵を握るのが、庭の土。
 年間1ミリシーベルト(mSv)を目標に、放射線量を測定しながら、削る深さを調整していく。
 この住宅街では、1戸あたり、およそ1.5トンの汚染された土が出るが、大半が、それぞれの敷地内に埋めて保管していた。
 土を30cmかぶせることで、98%の放射線が遮蔽(しゃへい)されるといわれているが、住民の思いは複雑なようす。
 福島市南向台の住民は「やっぱり、なんか埋めてあるとかってなると、これを見ると、やっぱり気持ちとかは重くなります」と話した。
 一方、福島市の大波地区では、巨大な仮置き場に汚染された土が集められていた。
 福島市危機管理室の草野利明防災専門官は「あれに全部、汚染された土が入ってるんです」、「470戸から、約8,000トンの土砂が出る」と語った。
 汚染された土を1カ所に集中させると、高い放射線量が出るのではという不安が、一部住民に広がっている。
 そこで、実際に放射線量を計測した。
 福島市危機管理室の草野利明防災専門官は「こんなにあると、さも、もう30~40マイクロ(μSv)、100マイクロになってしまうんじゃないかって、みんな思いますよね」、「これ1.6(マイクロ)ぐらいですね」、「これが、仮置き場の実態です」と語った。
 福島市によると、汚染された土を集めても、土の遮蔽効果で、放射線量は大きく上昇しないことがわかったという。
 国の計画では、除染で出た汚染された土などを、仮置き場や各自の庭などで3年程度保管。
 大熊町、双葉町、楢葉町に中間貯蔵施設を建設後、そこへ汚染された土を移動させて、30年間ほど保管したのち、福島県外で最終処分するとしている。
 11月、福島県と大熊町らは、中間貯蔵施設の調査受け入れを表明したが、双葉町は現在も調査に同意していない。
 双葉町の住民は「(双葉町に)帰れないのはわかってて、言わないでしょう、結局。それ(中間貯蔵施設)だけ言われても。はい、賛成ですとか、反対ですと言うこともできないしね」と話した。
 放射能の現実と向き合い始めた人々。
 その一方で、警戒区域の人々の将来は、描かれていない。

 (除染は必要なことである一方、傷をつけるというような印象もあったと思うが)
 ふるさとの土や緑がですね、削られていくというのは、これはもう、とても大切な、この作業をされているというのは、十分わかるんですけれども。
 でもなんか、自分が傷をつけられていくというか、そがれていくというか、その思いも、どこかやっぱりありますね。
 そんな慣れ親しんだ土地が削られていく様子、やっぱり悲しく見つめていることも多いです。

 (見えなくなることについては、どういうふうに感じている?)
 このありのまま、そのままの現実が、土として、形としてあって、それが埋められていくということで、その意味がふたをされてしまうような、そんな印象もどこかあって、それが風化になっていってしまうんじゃないかという、そういう少し不安も、どこか気持ちの中にありますね。

 (それに対して、伊達市のある地区では、人目につく所に土が置かれている。理由は、埋めてしまうと放射能に汚染された土の存在が忘れられてしまう気がすると。この気持ちはやっぱり?)

 これも、すごく難しいこともいっぱいあると思うんですが、ただ、あらわになった現実を、それを受け止めて、受け止めたことから、わたしたちは、やっぱり考えていかなくてはいけない。
 そういうことにおいては、こういうふうな形でそれを示していくということも、1つの方法なんだなというふうに教えられた気もいたします。
 ただ、いろんな問題がありますよね。
 だから、これが1つが正しいということが、なかなか見いだせない。
 それは、福島のわたしたちが暮らしている中でも、常に感じていることなんですよね。

 (住民の行動、例えば子どもたちなど見ていてどうか?)
 やっぱり、自分が小さい時って、幼い時っていうのは、本当に土や緑の中で遊んだ経験がありますので、その中で、例えばお父さんやお母さんが、すごく神経質になって、土で遊んだり、触ったりする時に、どうしてもためらっちゃうんですよね。
 それが僕は、とても悲しいし、子どもたちにかわいそうだなという、そういう気持ちが拭えずにいつもあります。

 (一方で、なかなか福島が衆院選の争点になってこない。そんな中で、和合さんが伝えたい「約束」という言葉。この意味は?)
 これは、除染の現場で今、除染作業が大変きちんとした形で、丹念に進められています。
 しかし、その除染の作業の先にですね、この土というのが、ずっと福島の土の中に埋められたままで、そのままで終わってしまうんではないかという、そういう不安もまたあります。
 その除染作業の先にどんな約束が、わたしたち大人ができるのか。
 それが、例えば福島の子どもたちは、今、100年先を見据えて、自分たちの代では解決できないことを、自分たちの子ども、あるいは孫の代まで伝えて解決していきたい、だから勉強していきたいという子どもたちが、今、実はたくさんいるんですよ。
 その子どもたちに、わたしたち大人が約束できること、それは、ふるさとの風と土と水と緑、そして今、目の前にある、その土の問題ですね。
 この土の問題を約束して、必ず取り戻す。
 100年先でも、何年かかっても取り戻す。
 そういう約束を、ぜひ大人たちが、子どもたちにしてもらいたいというふうに願っています。
 

Posted by 大沼安史 at 09:00 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマの歌〕 グンダーセン Always On My Mind

 → http://onuma.cocolog-nifty.com/blog3/2012/12/always-on-my-mi.html

Posted by 大沼安史 at 10:21 午前 | | トラックバック (0)

2012-12-14

〔死の灰ジャパン On the Record〕 東京新聞 /全原発で拡散予測訂正 担当 孫請け社員1人/発注した旧経済産業省原子力安全・保安院(廃止)は丸投げ、元請けの原子力安全基盤機構(JNES)は内部で仕事を押し付け合い、孫請けは注文内容が変わるたびに大わらわ/旧保安院と規制委は、この間データを自ら検証することは全くなく、規制委はJNESから渡された報告書をそのまま発表しただけだった!

 14日朝刊 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012121402000089.html 

 東京新聞は以下のように報じている。

 原子力規制委員会は十三日、原発で重大事故が起きた場合の放射性物質の拡散予測の訂正版を公表した。ミスが相次いだ背景には、予測作業を孫請けのコンサルタント会社の社員一人だけで実質的に担当していたことが、規制委の検証で明らかになった。発注した旧経済産業省原子力安全・保安院(廃止)は丸投げ、元請けの原子力安全基盤機構(JNES)は内部で仕事を押し付け合い、孫請けは注文内容が変わるたびに大わらわ-。そんな中でミスが広がった。 

 「思い違い」「電卓で手計算」「入力ミス」「何らかの理由で忘れた」。規制委の検証報告には、ほぼ一人で作業した孫請け会社シー・エス・エー・ジャパン(東京都)のミスが多数挙げられた。

 シー社は二〇一〇年、同じような拡散予測をJNESから受注。その流れで今年四月、今回の予測を再び受注した。

 前回の予測はJNESの内部検討資料用だったが、今回の予測は自治体への配布を前提とした正式な予測。当然、精度が求められ、作業量も大幅増。納期も短いのに、シー社の社員一人で作業する体制は、そのままだった。

 JNESでも担当者は実質的に一人だったが、組織改編もあってどの部署が担当なのかあいまいになった。「自分はただの窓口役」などと仕事を押しつけ合うような場面もあったという。

 発注者の旧保安院もミスを拡大させた。七月に予測結果はほぼまとまっていたのに、八月に方位別に予測するよう注文変更、九月には年間の全気象データを反映して予測するよう再び変更。扱うデータは七十三倍にまで急増し、その過程で変換ミスなどが起きた。

 また旧保安院と規制委は、この間データを自ら検証することは全くなく、規制委はJNESから渡された報告書をそのまま発表しただけだった。(大村歩)

Posted by 大沼安史 at 07:19 午後 | | トラックバック (0)

〔被曝強制 忘れまじ! On the Record〕 福島県の県民健康管理調査の検討委員会で、事前に見解をすり合わせた「秘密会」のメンバー

  ◎ ソース「放射能メモ」 → http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-892.html

Posted by 大沼安史 at 07:04 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 【大間の対岸・北海道8区】 北出美翔候補「原発ゼロに」 漁師「ここは自民党が強いからな」

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005815

Posted by 大沼安史 at 06:55 午後 | | トラックバック (0)

〔木下黄太さん〕 何故、僕らは選挙にいかないとならないのか。それは、人が座して死を待つ生き物ではないから。

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/980f4fc6db5e2701530f6e34238135b4

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 仙台から外国人妻、ヨーロッパに脱出避難帰国 残された日本人の夫 東電に妻の避難費用など支払わせる でもたった170万円 慰謝料は認めず/◇ 妻が母国の裁判所に訴えるのを恐れて 値切り決着の道を選んだのではないか!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/tepco-paid-compensation-for-the-man-to-have-his-wife-return-to-europe/
 ◎ ソース 河北新報 11日 原発事故で妻が欧州に帰国 避難費など170万円賠償
 → http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121211t63015.htm

 河北は以下にように報じている。

 福島第1原発事故で欧州出身の妻が現地政府の退避勧告で母国に避難し、家族が離れて暮らさざるを得なくなったとして、仙台市の男性らが避難費用や慰謝料など約700万円の支払いを求め、政府の原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた和解仲介手続きは10日までに、東京電力が避難費用など計約170万円を支払うことで一部和解が成立した。

 支払われたのは避難費用約60万円、生活費の増加分約90万円、交通費約10万円など。慰謝料は認められなかった。
 関係者によると、原発事故で外国人が国外に避難した仲介手続きで、ほぼ申立人の請求通りの避難費用が認められたのは珍しい。
 仲介手続きで、男性側は妻の母国が1986年のチェルノブイリ原発事故で放射能汚染被害を受けた経緯に触れ「妻や実家の家族の不安も大きい。家族が離れ離れになり、皆、計り知れない精神的苦痛を受けている」などと主張した。
 東電側は当初から「外国に逃げる必然性がない。慰謝料は(認めると)他の避難者への影響が大きく、認められない」と反論し、全ての支払いを拒んできた。

 双方の言い分を踏まえ、仲介委員は慰謝料を除く賠償を認める案を示したが、慰謝料を認めない理由は明言しなかったという。
 一部和解を受け、男性側は「他の国外避難者にも賠償の道が開かれた」と評価。一方「慰謝料が認められなかったのは違和感がある」と強調、慰謝料を求めて提訴するかどうか検討している。

Posted by 大沼安史 at 06:50 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 「オイラ達作業員は、時々みんなで飲み会があるんだけど、その時にオイラがみんなに質問する事があるんだ。それは「もし、3.11みたいな地震が作業中に来たらどうする?」って、そしたら約8割の人が「そのまま汚染車で正門突破して、ひたすら逃げる」って答えだったでし」/ フクイチ作業員のツイッター報告 英仏訳で全世界拡散

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/tepco-paid-compensation-for-the-man-to-have-his-wife-return-to-europe/

Posted by 大沼安史 at 06:49 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬 マツタケ 2万5550ベクレル! /イノシシ 1万980ベクレル!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/25550-bqkg-of-cesium-from-matsutake-mushroom-10980-bqkg-from-wild-boar-from-minamisoma/
◎ ソース 毎日新聞 7日付け 南相馬でマツタケから2万ベクレル超セシウム /福島
 → http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20121107ddlk07040079000c.html

 毎日は以下のように報じている。

 南相馬市は、6日の市災害対策本部会議で、10月に実施した自家消費用食品の放射能簡易分析結果を公表した。市内8施設に持ち込まれた1243件のうち674件から放射性セシウムを検出。マツタケから2万ベクレル超を検出するなど253件が新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超えた。

 放射性セシウムを蓄積しやすいとされるキノコの季節を反映し新基準値の100倍を超える高濃度を検出した。一部は調理した状態で持ち込まれたが、同市産の野生キノコは摂取・出荷が制限されており、注意が必要だ。

 キノコ類は、マツタケ(原町区横川)同2万5550ベクレル▽ウラベニホテイシメジ(同区上高平)同1万310ベクレル▽イノハナ(同区大原)同5020ベクレル▽アミタケ(鹿島区橲原)同4370ベクレル−−など。キノコ類をよく食べるとされるイノシシの肉(同区上栃窪)も同1万980ベクレルだった。

Posted by 大沼安史 at 06:49 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 3号機 12日から冷却停止 18日まで 大地震の可能性が報じられる中……「想定外」の東電! / バルブ交換・追加作業

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/tepco-to-stop-coolant-system-of-sfp-in-reactor3-from-1212-to-1218-in-the-risk-of-aftershock-after-m7-4/

Posted by 大沼安史 at 06:48 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 英BBCが「消えた、フクシマ・フィフティー(フクイチで闘い続けた50人の作業員)」を追跡報道!/ BBCの特派員は、そのうちの1人を探しあて、雨の東京の公園であった。「特攻攻撃で送り込まれたようなものだ。以来、具合のいい日は一日もない!」

 → http://enenews.com/bbc-one-of-the-most-contaminated-places-on-earth-silence-is-deafening-10-miles-from-fukushima-plant-nuclear-powers-lie-has-been-so-tragically-exposed

◎ ソース BBC Why Japan's 'Fukushima 50' remain unknown
 14 December 2012 Last updated at 02:23 GMT  By Rupert Wingfield-Hayes BBC News, Tatsuno, Japan
 → http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-20707753

 BBCは以下のように報じている。

 Entering the exclusion zone around the crippled Fukushima nuclear power plant is an unnerving experience.

It is, strictly speaking, also illegal. It is an old cliché to say that radiation is invisible. But without a Geiger counter, it would be easy to forget that this is now one of the most contaminated places on Earth.

The small village of Tatsuno lies in a valley 15km (9.3 miles) from the plant. In the sunlight, the trees on the hillsides are a riot of yellow and gold. But then I realise the fields were once neat rice paddies. Now the grass and weeds tower over me.

On the village main street, the silence is deafening - not a person, car, bike or dog. At one house, washing still flaps in the breeze. And all around me, invisible, in the soil, on the trees, the radiation lingers.

But on top of a hill behind the village is a farm - and here there is noise. Two long metal sheds are crowded with cows, nearly 400 of them. Sitting next to a wood stove sipping a cup of coffee is 58-year-old Masami Yoshizawa.


There are close to 400 cows at Mr Yoshizawa's farm He shouldn't be here. Nor should his cows. He should be gone and they should be dead. But Mr Yoshizawa is refusing to leave or slaughter his cows.

"I will never be able to grow rice again on this land," he says. "No vegetables, no fruit. We can't even eat the mushrooms that grow in the woods; they are too contaminated. But I will not kill my cows. They are a symbol of the nuclear disaster that happened here."

From Mr Yoshizawa's front porch, you can clearly see the tall white chimneys of the nuclear plant. Standing here, it's easy to understand the anger and hatred people like him feel towards the Tokyo Electric Power Corporation (Tepco).

A Japanese parliamentary report published in July makes it clear that the Fukushima reactor meltdowns were not the unavoidable result of an extraordinary natural disaster. They were a man-made catastrophe, the report says.

But it is also clear the disaster would have been much worse were it not for the actions of hundreds of employees of the same Tepco.

'Responsible'

In the immediate aftermath of the disaster, the foreign media, including the BBC, hailed the men as the "Fukushima 50".


The Tepco workers have remained largely unknown during the crisis In fact there were never 50 of them. Hundreds of workers stayed at the plant, braving high levels of radiation to bring the reactors under control. Many are still there today.

And yet almost nothing has been heard from them. No awards, no newspaper articles or TV interviews. We don't even know their names.

It took us weeks to track one man down and persuade him to talk to us. Even then, he insisted we could not photograph him or use his name.

We meet on a rainy day at a Tokyo park, far away from any crowds. The young man describes how he and a group of other nuclear workers were sent back in to the plant after the first reactor explosion.

"The person who sent us back didn't give us any explanation," he says. "It felt like we were being sent on a death mission."

I put it to him that what he and his colleagues did was heroic, that they should feel proud. He shakes his head, a slightly anguished look on his face.

Continue reading the main story

Start Quote
I feel sorry for them, but I don't see them as heroes - we see them as one block, they work for Tepco, they earned high salaries”
End Quote
Seiko Takahashi

Anti-nuclear activist
"Ever since the disaster, I haven't had a day when I felt good about myself," he says.

"Even when I'm out with friends, it's impossible to feel happy. When people talk about Fukushima, I feel that I am responsible."

'Mulitiple stresses'

For an outsider, such a reaction is quite hard to fathom. For help, I turn to psychiatrist Dr Jun Shigemura at Japan's national defense university. He is one of two doctors who have studied the Fukushima workers.

His research suggests that half of those who fought the reactor meltdowns are suffering from depression and post-traumatic stress symptoms.

"The workers have been through multiple stresses," Dr Shigemura says.

"They experienced the plant explosions, the tsunami and perhaps radiation exposure. They are also victims of the disaster because they live in the area and have lost homes and family members. And the last thing is the discrimination."

Yes, discrimination. Not only are the workers not being celebrated, they are facing active hostility from some members of the public.

"The workers have tried to rent apartments," says Dr Shigemura. "But landlords turn them down, some have had plastic bottles thrown at them, some have had papers pinned on their apartment door saying 'Get out Tepco'."

'Not heroes'

Back in the 1960s and 70s, getting rural Japanese communities to accept nuclear power plants was hard.


Dr Shigemura says the workers face discrimination They were promised new roads and sports facilities. They were promised high paying jobs in the plant. And most of all, they were promised that nuclear power was completely safe.

Now that the lie has been so tragically exposed, the feeling of betrayal is huge.

Before the meltdowns, Seiko Takahashi never thought of activism. Now the middle-aged mother from Fukushima City is a passionate anti-nuclear campaigner. And she admits there is little sympathy for the Fukushima workers.

"They are not heroes for us," she says. "I feel sorry for them, but I don't see them as heroes. We see them as one block, they work for Tepco, they earned high salaries. The company made a lot of money from nuclear power, and that's what paid for their nice lives."

And that is the final point. Japan is a country where people identify very closely with the company they work for. People here will often introduce themselves with their company name first, and their own only second.

But those close ties between the Fukushima nuclear workers and Tepco are exacting a terrible psychological toll on the men who saved Japan from a much worse nuclear disaster.

Posted by 大沼安史 at 06:47 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-13

〔みんな楽しくHappy♡がいい♪〕 「原発事故は終わっていない~小出裕章さんインタビュー」(12日) ourplanet TV(文字起こし)/動画つき/「国家が戦争で負けても土地があった……放射能で汚染された土地は、失われてしまう。誰もそこを使う事が出来ないという、そういう土地になってしまっているわけですね。戦争が起きても生じないような、ひどい被害が今現在生じている……」/ 「そしてその周辺に、何百万人もの人々が捨てられて……『もうどうにもならないひどい事がすでに進行している』と思う」

 → http://kiikochan.blog136.fc2.com/
 ◎ ソース アワプラ → http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1498

Posted by 大沼安史 at 07:12 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 小沢氏、特派員協会で会見 「憲法改正、裏に政治的意図」「右傾化が心配」/ 冒頭、外国特派員協会のバウムガルトナー会長は小沢氏をこう紹介した。「戦後日本を代表する政治家のひとりであり、メディアによる人物破壊(Character Assassination)の犠牲者である小沢一郎氏を歓迎します」

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005802

Posted by 大沼安史 at 07:03 午後 | | トラックバック (0)

〔木下黄太さん〕 仙台の11歳子供、軽い白内障。東京の50代男性、白内障で失明寸前。東京から親子海外留学が流行り/ 白内障は被ばく症状として、よく知られています。放影研でも「放射線白内障は、水晶体の一部ににごりが生じるものであり、水晶体の後側表面を覆う 傷害を受けた細胞に発生する。放射線被爆後、高線量であれば早くて1-2年、それより 低線量であれば何年も経ってから症状が現れる」と/ 地域としては、マレーシア、カナダ、ニュージーランドなどが人気と聞きます。ビザの取得、学校の行きやすさなどが、判断の……

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/373773bf7489abbfaf58e370f293fc46

Posted by 大沼安史 at 06:59 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 フクイチ・ロボット 「突然死」 東電、「想定外」の転倒と釈明! 「死亡時間」も特定できず! 驚きの東電、お粗末記者会見(12日) 英訳報道で全世界拡散 

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/update-from-tepcos-press-conference-on.html

Posted by 大沼安史 at 06:53 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 千葉・埼玉 ゆず 全検体からセシウムを検出/ 千葉18検体 埼玉1検体 /最高は42 Bq/Kg

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/cesium-measured-from-100-of-the-samples-of-citron/

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 ★ 2号機 「3・16」に2度、爆発の可能性! (東電が「なかった」ものとした「爆発」が起きたのは前日、15日早朝午前6時過ぎ) ドライウエル圧力がその日、2回、急上昇! 政府・東電、隠蔽の疑い!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/concealed-explosion-at-reactor2-dw-pressure-jumped-up-twice-on-3162011/

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-12

〔ブログNEWS〕 「国立保健科学医療院の研究院のヤマグチさん」は、おしどりのマコさんに、こう言ったそうだ! 「世界は原発事故があっても、まだまだ原子力は作る。これからアフリカに原子力を作っていきたいんだ。アフリカにも中国にも韓国にももう50以上原子力を作る前提があるので、福島の原発事故を速く抑え込んでしまって除染をして住民が汚染を受け入れることを発信しないといけないんだ……」

 → http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11425222487.html

Posted by 大沼安史 at 06:11 午後 | | トラックバック (0)

〔4号機核燃プール ハルマゲドンの危機〕 グンダーセンさんがさらに警告!/ 今回のM7地震で核燃プールの燃料収納ラック、損傷の恐れ / ラックが歪めば、燃料棒、取り出し不能に / 取り出し作業中、燃料棒折れの恐れも

 ENEニュース → http://enenews.com/gundersen-m7-quake-caused-damage-spent-fuel-racks-fukushima-daiichi-video

Posted by 大沼安史 at 06:07 午後 | | トラックバック (0)

〔4号機核燃プール ハルマゲドンの危機〕「フクシマ・ダイアリー」のモチズキさんがコラムで警告 大地震以外に  「4SFP」を心配しなけれなならない4つの理由 / ① すでにガタガタ・ボロボロ(冷却もストップ)② 地盤が劣化 ③ 東電のパラメータ・データは嘘 ④ 津波により、やられやすくなっている

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/column-4-reasons-why-we-must-be-worried-about-reactor4-other-than-earthquake/
 ◎ 大沼より、お願い! :モチズキさん、手持ち現金ゼロ! 乞う送金救援! 上記リンクの右側から送金可!
 

Posted by 大沼安史 at 06:00 午後 | | トラックバック (0)

〔4号機核燃プール ハルマゲドンの危機〕 ★(再掲)グンダーセンさんが警告 「フクイチの核燃プールに大量の損傷使用済み核燃料があることを、わたしは確信している」「冷却水のパイプには亀裂が走っている。完全に破断しているかも知れない」

 → http://enenews.com/gundersen-im-sure-lot-damaged-nuclear-fuel-fukushima-spent-fuel-pools-tubes-cracked-be-completely-severed-video 

Posted by 大沼安史 at 05:51 午後 | | トラックバック (0)

〔世界破局 4号機核燃プールの危機〕 ★ 村田光平・元スイス大使が警告 / 岩上安身 → モチズキさんルートで英仏訳 全世界拡散報道! /冷却ポンプ 8日から停止 日本政府・東電、ひた隠し / 建屋支持基盤 目に見えないところで毀損 / プールを補強したコンクリートもボロボロ /◇ 大地震が来なくても、地盤の崩壊によるプール倒壊の恐れが出てきた! フクイチ放棄 → フクニ放棄 → 東海第2放棄 → 首都圏を含む東日本壊滅の可能性、現実のものに!

 ◎ フクシマ・ダイアリー(モチズキさん) → http://fukushima-diary.com/2012/12/murata-ex-jp-ambassador-the-coolant-system-of-reactor4-was-broken-1281211-the-concrete-base-is-terribly-deteriorating/ (◇は大沼)
 ◎ 岩上さん → http://togetter.com/li/421360 

Posted by 大沼安史 at 05:48 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-11

〔田中龍作ジャーナル〕 山本太郎候補、野田城本丸に乗り込む 「総理の首を獲れるのは三宅さんだけ」

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005797

 ◎ 選挙通の血が騒ぐ 小沢氏久々の街頭演説 
  → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005792

 ◎ 大沼・呼びかけ 〔フクシマ・ダイアリー モチズキさんを支援しよう!〕(緊急要請) ただいま、手持ち現金、ゼロ! 余裕のある人は送金を!

Posted by 大沼安史 at 06:33 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 それは長男から始まった……口内炎、鼻血 / 郡山から脱出した主婦の英語ブログ 全世界拡散開始

 → http://enenews.com/fukushima-evacuee-many-kids-in-kanto-region-with-symptoms-of-health-damage-abnormal-changes-began-to-occur-on-my-son-stomatitis-eczema-fever-epistaxis
 ◎ソース  → http://hinanmamaenglish.jimdo.com/letters-from-mothers-evacuating-with-their-children-1/
 ◎ 大沼・呼びかけ 〔フクシマ・ダイアリー モチズキさんを支援しよう!〕(緊急要請) ただいま、手持ち現金、ゼロ! 余裕のある人は送金を!

Posted by 大沼安史 at 06:28 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 グンダーセンさんが警告 「フクイチの核燃プールに大量の損傷使用済み核燃料があることを、わたしは確信している」「冷却水のパイプには亀裂が走っている。完全に破断しているかも知れない」/◇ 「フクシマ・ダイアリー」のモチズキさんの指摘は重大だ!(下記参照) とくに4号機核燃は!

 → http://enenews.com/gundersen-im-sure-lot-damaged-nuclear-fuel-fukushima-spent-fuel-pools-tubes-cracked-be-completely-severed-video (◇は大沼)
 ◎ 大沼・呼びかけ 〔フクシマ・ダイアリー モチズキさんを支援しよう!〕(緊急要請) ただいま、手持ち現金、ゼロ! 余裕のある人は送金を!

Posted by 大沼安史 at 06:27 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー モチズキさんを支援しよう!〕(緊急要請) ただいま、手持ち現金、ゼロ! 余裕のある人は送金を!

 → http://fukushima-diary.com/category/dnews/

Posted by 大沼安史 at 06:16 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕横浜 塾帰り 夜のコンビニ 小学生の会話 英仏訳で全世界拡散開始! /「何で肉マンやばいの?」「野菜がなあ、関東だったら絶対こっちから北の野菜、使ってんじゃね?」「子供が食うもんなのに、なんでセシウム検査しねえんだよ」……「国の基準がえらくやばいらしい、俺ら見殺しだよ」……「なんだよそりゃー クソセシウムのやろー」「セシウムだけじゃないし、他にもいろんな核種があるけど全然測ってないし、どんなものでも疑ったほうがいい」/ ◇ こんな日本に誰がした! 子どもたちよ、ほんとうにゴメン!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/elementary-school-student-around-tokyo-area-we-should-think-all-the-food-is-already-contaminated-we-are-just-left-to-die/ (◇は大沼)
◎ソース ブログ めりんの『風になりたい』 → http://ameblo.jp/mugippo/entry-11422115918.html

Posted by 大沼安史 at 06:15 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 音楽評論家・湯川れい子さんの発言 英仏訳で全世界拡散開始 /「今、福島には16万人も放射能で家に帰れない人がいるんです。そんな生活を強いられている子どもたちが、さらに将来、徴兵の心配をしなければならないなんて情けないです。……日本経済が力を持っていたときは威張っていて、力が衰えて落ち目になると、そんな言葉が男性の本能をくすぐるのでしょうが、女性にはとても受け入れられる話ではありません。国防軍が設置されるようなことがあったら、孫を連れて日本を捨てることも考えます」

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/japanese-critic-yukawa-reiko-if-japan-has-military-i-would-consider-abandoning-japan-with-my-grandchild/

Posted by 大沼安史 at 06:14 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 福島市の市民の嘆きツイート 英仏訳で全世界拡散開始 /「 仮仮置き場が決まらないので、ご家庭に置くことになります。って・・・。45㍑のケースに入れて、埋設するか、地面に置いて土嚢を置いた上にブルーシートをかぶせるか。そんな汚染土を庭において、毎日眺めるなんて・・・」/ ◇ 8日の仙台講演会で小出裕章さんは「東電フクニに置くべきだ」と言っていた! 大賛成! 東電が引き取るのがスジではないか!

 
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-radioactive-soil-produced-from-decontamination-is-kept-in-the-home-garden/  (◇は大沼)

 ◎ ソース ツイッター → https://twitter.com/reemayufu
             → https://twitter.com/reemayufu/status/278116151899344897
 ◎ ツイート筆者のブログ 「こころを紡ぐ」 → http://rozerize.blog.fc2.com/

Posted by 大沼安史 at 06:12 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 4号機南東の側溝の水から セシウム134を検出 10・21以来 /◇ 大丈夫か、4号機プールの核燃

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/cesium-from-sub-drain-water-of-southeast-of-reactor4-turbine-building-first-time-since-10212012/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 06:11 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-10

〔みんな楽しくHappy♡がいい♪〕 女優・木内みどりさん & 河合浩之弁護士 “宇都宮けんじさん応援演説”12/9 八王子(文字起こし)/木内みどりさん「あと1週間です。もう本当に、猪瀬が優勢とか言っていますけれど、あれは組織票です。みんな、個人の投票をしましょう。そして、有権者の人は、一人が今日10人に伝えて、その10人がまた明日10人に伝えて、1週間あれば変わります、変えましょうよ!」

→ http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2617.html

Posted by 大沼安史 at 06:14 午後 | | トラックバック (0)

〔梶村太一郎さんの日本@ベルリン〕 偉いぞ、山本太郎! 東京8区から立候補 君はフクシマが生んだ日本の最良の息子だ/嘉田さんも応援

 → http://tkajimura.blogspot.jp/2012/12/blog-post_4.html

Posted by 大沼安史 at 06:10 午後 | | トラックバック (0)

〔阿修羅〕 「今回の地震オイラには『お前たち日本人は本当にそれでいいのか?』って神さまがドンと机を叩いたような気が」 ハッピー氏 

 → http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/213.html

Posted by 大沼安史 at 06:06 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 頭に脚が生えている! 奇形の蝉(せみ)を発見! おなかに腫瘍 羽根が変形

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/mutation-cicada-with-a-leg-on-the-head-white-external-tumor-on-abdomen-deformed-wings/ 

 ◎ソース 「近理多美さんのマイページ」→ http://www.freeml.com/bl/8694840/123147/

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 郡山 シメジから最大 6,400 Bq/Kg を検出 検体の9割から放射性セシウム

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/6400-bqkg-from-shimeji-mushroom-in-koriyama-fukushima-cesium-from-91-from-the-samples/

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 20 Bq/kg 静岡茶葉 徳島で販売

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/20-bqkg-from-shizuoka-tea-leaves-sold-in-tokushima-shikoku/

Posted by 大沼安史 at 06:03 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 4号機建屋 「見るからに倒れそうで本当に怖かった」 現場撮影のカメラマンから聞いた話 /現場で働いている作業員は4号機に行く仲間には「どうぞご無事で」と声を掛けるそう・・・ ゾッとした……/◇ 忍び寄るハルマゲドン破局!……

 → http://fukushima-diary.com/category/dnews/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 06:03 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 フクイチ1号機 水素濃度、高まる 8日  0.30 vol% 近くに

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/hydrogen-concentration-of-reactor1-still-keeps-increasing/

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 福島第2原発 1号機 M7・3地震後の内圧上昇 依然、原因不明

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/cause-still-unknown-for-fukushima-ii.html

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 汚染土の土のうが連なるフクシマの海岸線 作業員は言った、「津波なんか、もう来ない」/M7.3の大地震が起きたのに……/ ニューヨーク・タイムズ記者が驚きの報道

 → http://enenews.com/nytimes-bags-of-radioactive-waste-sitting-along-fukushima-coastline-there-isnt-going-to-be-another-tsunami-says-worker 
 
◎ ソース ニューヨーク・タイムズ 7日 Japanese Quake Stirs On-Air Alarm, but No Damage to Nuclear Plants Is Reported
 → http://www.nytimes.com/2012/12/08/world/asia/japan-quake-in-nuclear-plant-area-stirs-brief-alarm.html?_r=1&

Posted by 大沼安史 at 06:00 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 94歳 無所属新人 川島良吉さん! 蓄えた葬式代つぎ込み出馬…埼玉12区 /「右傾化する安倍(晋三・自民党総裁)や石原(慎太郎・日本維新の会代表)から『軍』なんていう言葉が普通に出る。橋下(徹・同党代表代行)もムチャクチャ。無条件降伏したのに。日本はどうなっちゃったんだ、という不安がありました」

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/election-in-japan-94-year-old-candidate.html
◎ ソース → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121207-00000299-sph-soci

Posted by 大沼安史 at 06:00 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-07

〔ENEニュース〕 AP通信が全世界拡散スクープ報道! 日本の科学者たち、電力マネーをふところに!( AP Exclusive: Japan scientists took utility money )/ うち何人かは被曝のリスクに「楽観的」な見解! / 笑顔で「低線量被曝はカラダによいかも」と語る科学者や、「避難した人は逃げ出したことを正当化するため被曝の危険を言う」「フクシマの人は可能なかぎり地元にとどまるべき」と言った教授を実名報道!  

 → http://enenews.com/just-in-outrage-as-ap-exposes-japan-scientists-taking-money-from-nuclear-industry-doctor-radiation-standards-were-twisted-to-limit-evacuations-after-311-the-excuse-we-usually-only-fly-co

Posted by 大沼安史 at 07:28 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 フクイチ放射能米 福島・岩手・千葉産 奈良で販売

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/contaminated-rice-cesium-measured-from-eastern-japanese-rice-sold-in-nara/

Posted by 大沼安史 at 07:14 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 ハワイで人間の尿からウラニウム検出! 4人の医師が確認 許容基準の3倍も内部被曝汚染された島民も 楽園の島に降り注いだ死の灰が遂に……! /◇ フクイチ発……被害者 東電・日本政府相手に集団訴訟提起も

 → http://enenews.com/report-doctors-hawaii-finding-uranium-patients-urine-video (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 07:12 午後 | | トラックバック (0)

〔M7地震 For the Record〕 原子力規制委員会 / 17日午後6時発表 「東京電力福島第一原子力発電所(停止中)原子炉の冷却、使用済み燃料プールの冷却などの設備の異常はありません。モニタリングポストにも異常がありません」

 → http://kinkyu.nsr.go.jp/kinkyu/2012/12/12071755.html

Posted by 大沼安史 at 07:02 午後 | | トラックバック (0)

〔女川原発〕 3号機核燃プール 地震で一時、水位異状の警報 その後、警報解除 「設備に異状なし」と原子力規制委員会

 → http://kinkyu.nsr.go.jp/kinkyu/2012/12/1207-1.html

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ核活火山・情報〕 東電 フクイチ核燃料破片からの「核種放出」、認める 放出核種を評価できずにいることも!/「いまは廃炉に向けた燃料デブリの分布の把握を優先事項とし、炉内状況把握および解析コードの改良を実施している。デブリの分布の予測精度をあげることは、間接的にソースタームに関する評価の高度化に資することが期待されるため、将来的には放出核種の評価に繋がるものと考えている}/10月22日 政府・東電対策会議 / 核燃デブリがどうなっているかもも不明! お手上げ状態ではないか!

 ◎ ソース 政府・東京電力中長期対策会議 研究開発推進本部 第10回会合 議事概要 10月22日 → http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/roadmap/images/r121203_02-j.pdf 

 ◎ 参考「フクイチ・ダイアリー」政府・東電会議 核燃デブリ、圧力抑制室へメルトスルーの可能性 政府、お手上げ
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/jaec-fractured-fuel-debris-may-be-in-suppression-chamber-and-reactor-building-but-has-no-technology-to-identify-no-governmental-policy-determined/

 

Posted by 大沼安史 at 06:49 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 ツイッター情報 フクイチ作業員、津波の恐れで「免震胸に避難」

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/expressfukushima-workers-evacuating-for-tsunami-tepco-states-plant-is-sound/

Posted by 大沼安史 at 06:14 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-06

〔ENEニュース〕 フクイチ被曝住宅の80% 依然、死の灰まみれ! 

 → http://enenews.com/japan-tv-more-than-80-of-homes-are-still-contaminated-with-fukushima-fallout

 ◎ ソースはNHK国際放送(4日 削除済み)→ https://www.nhk.or.jp/daily/english/20121204_14.html

  More than 80% of homes remain contaminated
  Source: NHK
  Date: Dec. 4, 2012

  More than 80% of homes remain contaminated

 Radioactive decontamination following last year’s nuclear disaster at the Fukushima Daiichi plant has not been completed at more than 80 percent of homes.

 Japan’s environment ministry studied the progress of government-funded removal of radioactive substances being undertaken by 58 cities, towns and villages in 7 prefectures around Fukushima as of the end of August.

 [...] among nearly 100,000 homes slated for removal of radioactive substances, the process was finished at only about 17,000 or 18 percent of them. [...]

Posted by 大沼安史 at 06:18 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 福島市へのフクイチ死の灰降下量 40万Bq/m2!  放射能汚染の主役は、言われているような「ヨウ素131やセシウム137で」なかった! / 空中はヨウ素132・セシウム134・セシウム136  地表はヨウ素132・テルル132 実効被曝では ヨウ素132・セシウム134・テルル132 /日本人研究者が発表 /◇ これはどういうことなのか?!

 → http://enenews.com/fukushima-fallout-figures-released-3000000-bqm2-in-major-city-radioactive-contamination-did-not-come-from-much-talked-about-iodine-131-or-cesium-137  (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 06:17 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-05

〔山本太郎さん!〕 新党 「 今はひとり」 党首 山本太郎です! ホームページを開設!/ START! 避難の権利! 本当のこを言って何か不都合でも?!

 → http://imahahitori.jimdo.com/

Posted by 大沼安史 at 05:44 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 未来の党・嘉田代表 飯舘村で第一声 「原発をなくすため福島から始めた」/ 「鉛筆一本の勇気で『未来の党』と書いて下さい」 /◇ SPEEDIを敏速に隠し、村人を被曝させた「原子力ムラ」のドジョウやポチどもは姿を見せなかった! 「未来」と書いて、「未来」をつくろう!

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005767 (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 05:39 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 海外避難を続けながら、警告・情報を日本へ、全世界へ送り続けているモチズキ・イオリさん 手持ち1ドル! またもピンチ! 乞う、救援! 送金可!

 → http://fukushima-diary.com/category/dnews/

Posted by 大沼安史 at 05:37 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 (コラム) わたしが日本に帰らない3つの理由 ① フクイチ再爆能の恐れ ② 食べ物汚染 ③ 「黒い物質」

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/column-3-reasons-why-i-dont-go-back-to-tokyo/

Posted by 大沼安史 at 05:36 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕フクイチの汚染水脱塩処理システム内 放射能濃度 先月、上昇! Cs-134 : 1.2E+6 → 2.2E+7 /Cs-137 : 2.7E+6 → 3.7E+7(10月16日~11月20日)/◇ フクイチ核火山運動が激化している!?

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/radioactive-density-at-water-treatment-facility-increased-from-last-month/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 05:36 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 竹野内真理さんのSOS・英文ツイート、世界拡散開始! フクシマの子どもたちにさまざまな被曝症状! 鼻血、下痢、発熱、紫斑、甲状腺異常、突然死……死亡率1.5倍! Lots of symptoms with Fukushima kids -nose bleeding, diarrhrea, fever, purple spots, thyroid anormaly, sudden death. Death rate 1.5 times!

 → http://enenews.com/evacuee-lots-symptoms-fukushima-kids-nose-bleeding-diarrhrea-fever-purple-spots-thyroid-anormaly-sudden-death-death-rate-15-times
 ◎ 竹野内真理さん ツイート → https://twitter.com/mariscontact
           ブログ → http://savekidsjapan.blogspot.jp/

Posted by 大沼安史 at 05:35 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 ヘレン・コルディコット女史がツイートで警告 「フクシマ周辺で鳥が、虫が変異!」/フランス人教授 「虫がほとんど、いない。鳥はたったの2羽」:米国人教授「ほんとにいない、ほんとにいない」/ ◇ 被曝地で異変が起きている!

 → http://enenews.com/japan-tv-broadcasts-mutations-plants-animals-around-fukushima-very-insects-only-2-birds-photos-video (◇は大沼)フクイチ

Posted by 大沼安史 at 05:34 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-04

〔田中龍作ジャーナル〕 【衆院選・東京8区】 石原親子と戦う山本太郎候補 /「反核運動始まりの地、杉並から出たかった」と、東京8区から出た理由も語った。1954年3月、第五福竜丸事件の後を受けて反核運動を起こしたのが杉並区の主婦たちだったのだ。「何よりもこの高円寺で、僕は生まれて初めてデモに参加して、大きな勇気をもらった。一生懸命、思いっきり、絶対変えますよ」

  → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005757
 

Posted by 大沼安史 at 06:16 午後 | | トラックバック (0)

〔梶村太一郎さん 日本@ベルリン〕 脱原発基本法案に賛成する衆議院立候補者リストが公表されました。海外の有権者も投票の参考にしてください。山本太郎さんにも注目しましょう

 → http://tkajimura.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html

Posted by 大沼安史 at 06:15 午後 | | トラックバック (0)

〔木下黄太さん〕 「福島のあるテレビ局(局名も伺っています)。去年の十一月と今年になってから、相次いで男性が亡くなっていたそうです。お一人は40代の男性。心臓系統の突然死だったという事です。この話は、その局の中でも外部にもらさないように言われているとも伝わってきました。お二方とも、外に取材にいかれていたそうです。」

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/595bc6ab9545c7af45be14b83a90f553

Posted by 大沼安史 at 06:14 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕★ ことし10月2日 逗子市下水道終末処理場(浄水管理センター)でヨウ素131 730ベクレル/kgを検出 /◇ 同月15日にも120ベクレル/kg 31日には17ベクレル/kg もちろん放射性セシウムも! フクイチ活火山・プルーム・再臨界・死の灰 湘南までも再汚染! とくにこどもたちの甲状腺が心配だ! 安定ヨウ素剤を服用しないでいいのだろうか?

 
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/730-bqkg-of-i-131measured-from-sewage-sludge-in-zushi-city-kanagawa/

◎ ソース 逗子市役所 「下水道終末処理場における汚泥等の放射性物質の測定結果」
 → http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/gesui/housya-past.html

Posted by 大沼安史 at 06:06 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕★ ことし7月 福島の「福島・県北浄化センター」(国見町) 21日間にわたって(下水道)脱水汚泥からヨウ素131を検出! /◇ 衝撃のニュース! 英仏伊訳で全世界拡散! フクイチまたも再臨界(あるいは臨界、続く)! ああ、核の活火山化したフクイチ!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/iodine-131-kept-measured-from-dried-sewage-sludge-for-21-days-of-july-2012-in-fukushima/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 06:05 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 兵庫で売られた福島産のリンゴからセシウム22Bq/Kg

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/fukushima-apple-is-sold-in-western-japan-22-bqkg-of-cesium/

Posted by 大沼安史 at 06:05 午後 | | トラックバック (0)

〔4号機核燃プール〕 共同通信(英文)が世界拡散報道 : 東電、取り出し時期を早める 「大地震で核燃料がプールごと地面に落下」の恐れ 

 → http://enenews.com/kyodo-concern-about-unit-4s-condition-fuel-rods-may-get-dumped-onto-ground-and-burn-up-in-quake-tepco-hastening-removal

 

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-03

〔松村昭雄さんのニューヨーク発 祖国へ 愛と祈りをこめて〕 (再掲) 「日本の支配階層の行動を求めて」/ 「日本は今や、男も女も子供も現在と将来の世代を大事にすることに、そして多くの人は新しい生きる道を見つけることに大志を抱かなくてはなりません」/◇ こんどの選挙では、日本の将来世代が新しい道をみつけることができる、そんな大志を抱いた候補に投票しよう!

 日本語 → http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/11/日本の支配階層の行動を求めて 11-14-20121.pdf (◇は大沼)
 英語原文 The Search for Action among Japan’s Ruling Classes
 → http://akiomatsumura.com/2012/11/906.html

Posted by 大沼安史 at 07:43 午後 | | トラックバック (0)

〔みんな楽しくHappy♡がいい♪〕 <大飯活断層>「活断層じゃないと証明出来ない限りはやってはいけない」小出裕章氏 11/29 (内容書き出し)

 → http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2590.html

Posted by 大沼安史 at 07:32 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕 (乞う、拡散 大沼) 未来の党・嘉田代表 「いのち をつなぐ女性の声を届ける」/龍作さんが太鼓判: 嘉田さんの未来の党は、霞が関文学で取り繕う民主党の「なんちゃって脱原発」とは明確に一線を画する。★ 山本太郎氏出馬 「枝野・細野・野田は戦犯、僕は首狩り族になる」

 ◎ 未来の党・嘉田代表 「いのち をつなぐ女性の声を届ける」→ http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005748
 ◎ 山本太郎氏出馬 「枝野・細野・野田は戦犯、僕は首狩り族になる」→ http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005735
 

Posted by 大沼安史 at 07:29 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 二本松のお寺の付属幼稚園 副園長のお坊さんは言った、「こどもたちは甲状腺の病気など、これまでにみたこともない健康問題をかかえている。寺には毎晩のように親たちが来て、こどもの健康・未来を不安がり、泣いている」/「母親は子どもを連れて逃げたいと思っている。父親が反対して夫婦喧嘩に」 フクシマの悲劇、世界拡散!

 → http://enenews.com/kindergarten-vp-in-fukushima-students-have-health-problems-they-didnt-before-almost-every-night-parents-come-to-our-temple-crying-about-it-my-own-children-are-sick-and-have-diseases

◎ Mijirox NEWS 3日つけ The winds of Fukushima
 → http://www.majiroxnews.com/2012/12/03/the-winds-of-fukushima/

Posted by 大沼安史 at 12:53 午後 | | トラックバック (0)

〔EXSKF〕 フクイチ・東電テレビ会議 /2011・3・16 吉田昌郎所長「どういう水の入れ方をしていくのかというのをもうちょっとはっきりご指示いただきたい。手順書の形でもなんでもいいから」「……ないの、そういうの。ただ水入れりゃいいと思っていたのかよ。周りでわれわれみてんだぜ。それでお前、爆発したら死んじゃうんだぜ。やるけどさ、これ今やらないといけないことは分かるけどさ、だったらもっと真剣にそういうものは作っておいてくれよ」

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/12/tepcos-teleconference-video-from-march.html

Posted by 大沼安史 at 12:53 午後 | | トラックバック (0)

〔世界を壊滅!危機に立つ4号機核燃プール〕 ENEニュースもニューヨーク・タイムズの東電テレビ会議報道を重視! 4号機の建屋奥で、24時間以内に2度にわたって、火災が発生していた!/◇ 4号機は2度にわたって火災が起きていた! そして、あの爆発! 核燃プールの損傷は深刻なはず! 核燃取り出しはうまくいくのか? その作業自体にハルマゲドン・リスクは含まれていないか?

 → http://enenews.com/nytimes-on-new-311-video-flames-sighted-deep-within-unit-4-second-fire-in-24-hours (◇は大沼)

 ◎ タイムズ → http://green.blogs.nytimes.com/2012/11/30/new-view-from-inside-fukushima-chaos-and-uncertainty/?smid=tw-share

Posted by 大沼安史 at 12:52 午後 | | トラックバック (0)

〔世界を壊滅!危機に立つ4号機核燃プール〕 核燃取り出し 開始時期を1ヵ月(来年11月から、に) 終了時期を1年(再来年12月から、に)、早める/◇ これをNHK、「大幅前倒し」と御用報道! 取り出しが終わる前に、建屋自体が「前倒し」(あるいは後倒し、横倒し、あるいは崩壊)したら、フクイチ・フクニ・東海の連鎖ハルマゲドン核爆発が始まる!

 # 東海アマ管理人氏 「四号機の核燃料取り出しは必ず大勢の下請け作業員たちの命と引き換えになる。東電や政府が現場作業員の健康を保全する意思は皆無。自分たちの利権のために立場の弱い人たちを虫けらのように犠牲にしてゆく 」
 ◎ 東海アマさんツイッター → http://twitter.com/tokaiama
 
◎ ソース NHK(3日) 「4号機 燃料取り出し大幅前倒しへ」
 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-a-lot-of-friends-in-kanto-are-refraining-from-greetings-due-to-mourning/

 NHKはこう報じている。

 水素爆発によって建屋が壊れ、耐震性などに懸念が指摘されている東京電力福島第一原子力発電所4号機の燃料プールから使用済み核燃料を取り出す作業について、東京電力と国は、来年12月としていた開始時期を1か月早めるとともに、終了時期を1年前倒しして再来年(平成26年)12月にする方針を固めました。

 4号機のプールからの使用済み核燃料の取り出しについては、福島第一原発の一連の廃炉作業の中で最初の重要なステップで、東京電力と国がまとめた工程表では、来年12月に開始し、2年後の平成27年12月を目標に終えるとしていました。

 これについて、地元・福島から「耐震性などに懸念があり早く進めてほしい」という意見が根強くあり、東京電力と国が作業内容を見直した結果、取り出した燃料を入れる鋼鉄製の容器の数を増やすことで、作業を効率的に進められるめどが立ったとして、取り出しの開始時期を1か月早めて来年11月にするとともに、終了時期を1年前倒しして再来年12月にする方針を固めました。

 東京電力と国は、3日、廃炉に向けた中長期の運営会議を開き、工程の前倒しを決める予定ですが、前例のない作業になることから、作業員の被ばく管理や現場の安全を確保しながら、計画どおり作業を進めていけるかが今後の焦点となります。

Posted by 大沼安史 at 12:52 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 グンダーセンさんは言った、「放射能汚染は明日、消えさるものではない。洗い流しても水圏にとどまり、植物の根を通して吸い上げられ、こんご300年にわたって地表に再堆積する」/ ◇ 除染の気休めと、汚染のこbの絶望的状況!

 → http://enenews.com/gundersen-fukushima-contamination-will-be-redeposited-surface-300-years-problem-away-video (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 12:50 午後 | | トラックバック (0)

〔ENEニュース〕 ホットスポットは動いている! 「雨と風で市街地に押し寄せる死の灰」 フクシマ除染の難しさ、さらに!

 → http://enenews.com/tv-radioactive-fukushima-hotspots-move-new-areas-remain-rain-wind-radioactive-materials-always-city-video

Posted by 大沼安史 at 12:49 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 「福島でデジタルネイティブの子供たちが反抗中のようです!ネットを検索した子供たちがついに大人たちに、これ無理矢理食べさせて、大人は責任取れるのかと追求し、一部の学校では、学校の対応が変化しているらしい! これってすごい!!」 ツイッター情報 英仏訳で世界拡散開始!

→ http://fukushima-diary.com/2012/12/express-fukushima-children-are-standing-up-with-the-internet/
◎ ソース・ツイッター → https://twitter.com/vegitaku/status/273713121770733568

Posted by 大沼安史 at 12:48 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 「年賀状の準備したら関東の友達に喪中がやたら多かった」 ツイッター情報 英仏訳で全世界拡散開始!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-a-lot-of-friends-in-kanto-are-refraining-from-greetings-due-to-mourning/ 

Posted by 大沼安史 at 12:48 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 東京・上野公園で1日 福島観光キャンペーン 台東区 ホームページから、なぜか翌日、削除

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/eyewitness-report-fukushima-tourism-campaign-held-in-ueno-park-tokyo-taito-ward-removed-the-webpage-the-next-day/
 ◎台東区ホームページ → http://www.city.taito.lg.jp/

Posted by 大沼安史 at 12:47 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-02

〔松村昭雄さん・ニューヨーク発 祖国へ 愛と祈りをこめて〕 (必読・拡散) 「日本の支配階層の行動を求めて」/ 「日本は今や、男も女も子供も現在と将来の世代を大事にすることに、そして多くの人は新しい生きる道を見つけることに大志を抱かなくてはなりません」

 日本語 → http://akiomatsumura.com/wp-content/uploads/2012/11/日本の支配階層の行動を求めて 11-14-20121.pdf
 英語原文 The Search for Action among Japan’s Ruling Classes
 → http://akiomatsumura.com/2012/11/906.html

Posted by 大沼安史 at 07:10 午後 | | トラックバック (0)

〔フクイチ放射能汚染〕 千葉県松戸のみかんから セシウム総量45・6 Bq/kg

 ◎ ソース 「食の安全を考える放射線測定」 → http://geiger.grupo.jp/blog/249100

Posted by 大沼安史 at 06:39 午後 | | トラックバック (0)

〔給食被曝対策〕 札幌市教委 12月から 「不検出」食材のみ使用

 ◎ ソース 「チャルノブイリのかけ橋」→ http://www.kakehashi.or.jp/

Posted by 大沼安史 at 06:38 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 東京都 1日149トンもの死の灰ガレキを焼却処分で受け入れ/◇ 東京の空 死の灰の空!

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/tokyo-still-accepts-148-tones-of-debris-to-incinerate-per-day/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 06:38 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 ガレキ焼却 北九州市小倉北区で2.49マイクロ(0.249ではありません)、小倉南区で1.5マイクロを記録(0.15にあらず)

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/express-2-49-%ce%bcsvh-in-kitakyushu-after-debris-incineration/

Posted by 大沼安史 at 06:37 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 石川県小松市 12月1日 午前10時半から午後8時前まで 空中線量 0.1 μSv/hへ急上昇 0.05 μSv/h /◇ 近くのどこかで何かがあった!?

 → http://fukushima-diary.com/2012/12/radiation-level-spiked-up-in-west-coast-of-japan-for-about-10-hours/ (◇は大沼)

Posted by 大沼安史 at 06:37 午後 | | トラックバック (0)

2012-12-01

〔東電・フクイチ・メルトダウン・テレビ会議ビデオ〕 ニューヨーク・タイムズが報道 /東電の情報隠しに消防隊 正門ゲートで高線量の危険を始めて知らされる! このため最初は現場立入を拒否 隊員の一部を引き上げさせる! /◇ 消防にも被曝リスクを告げていなかった東電!

 → http://green.blogs.nytimes.com/2012/11/30/new-view-from-inside-fukushima-chaos-and-uncertainty/

Posted by 大沼安史 at 04:28 午後 | | トラックバック (0)

〔東電・フクイチ・メルトダウン・テレビ会議ビデオ〕 自衛隊の決死のヘリ散水 「霧吹きじゃないか(That was just a quick misting)」発言 ニューヨーク・タイムズが世界拡散報道

 → http://green.blogs.nytimes.com/2012/11/30/new-view-from-inside-fukushima-chaos-and-uncertainty/

Posted by 大沼安史 at 04:27 午後 | | トラックバック (0)

〔東電・フクイチ・メルトダウン・テレビ会議ビデオ〕ニューヨーク・タイムズが報道 /3・15 4号機で火災 吉田所長「消火したいが、機材がない。何もない(We would go put out the flames if we could, but we don’t have the tools. We have nothing)」/ 一時、「4号機を米軍ヘリが散水へ」情報流れる!

 → http://green.blogs.nytimes.com/2012/11/30/new-view-from-inside-fukushima-chaos-and-uncertainty/

Posted by 大沼安史 at 04:26 午後 | | トラックバック (0)

〔田中龍作ジャーナル〕維新・石原代表 「橋下にとって竹中は神様みたいになってる」/田中(龍作さん):(橋下氏らは)世間知らずにもほどがある。/石原慎太郎・代表:「そうなんだ。(橋下が)10ページもの公約集を発表するなんて言った時、『やめろ』って言ったの。『君(橋下)が(政権公約を)作ったことは多とするけど、(中略)理念に走り過ぎる所があって、実現不可能だぞ』って。(田中の)仰る通りだと思います」/田中:竹中(平蔵)さんが書いてるからですよ。/石原:「そう(頷きながら)。俺、竹中って好きじゃないんだ」

 → http://tanakaryusaku.jp/2012/12/0005727

 

Posted by 大沼安史 at 04:01 午後 | | トラックバック (0)

〔みんな楽しくHappy♡がいい♪〕<選挙>「『強い指導者は求めてはいけない』とむしろ思っているのです」小出裕章氏インタビュー 11/29 岩上安身氏(内容書き出し)/「私が何で政治が嫌いかといえば、橋下さんのような人が政治家だからですね」/「原発を止めるという事はただ原子炉の問題だけではなくて、『どういう社会をつくるか』という事に関わってる訳ですから、『原発を止める』という事を第一の旗印にしてくれたということをありがたく思うし、嘉田さんたちの活躍を願いたいと私は思います」

 → http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2582.html

Posted by 大沼安史 at 03:55 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 業界専門紙「日刊資源新報」が報道 : フクイチに近い工場でアルミ缶を溶融、2次合金地金を製造している某社 在庫アルミ缶の線量が高いため、汚染されていないアルミ缶を入手して放射能を薄める対策に迫られる! 「汚染で実害も 加工拠点中部・西日本にシフト 製品輸出にも影響」/◇ フクイチ放射能、被曝地のアルミ缶を高濃度汚染! 被曝地の飲料アルミ缶にも注意!

 → http://fukushima-diary.com/2012/11/some-of-the-japanese-aluminum-is-mixed-with-contaminated-aluminum-cans-from-fukushima/ (◇は大沼)

 ◎ ソース 「日刊資源新報」 放射能汚染で実害も 加工拠点中部・西日本にシフト 製品輸出にも影響
 → http://www.shigenshinpou.com/news/bucknumber/2011/5-9.html

 「日刊資源新報」は、以下のように報じている。

 福島原発事故による放射能問題が、製品から再生資源全般の物流停滞要因としてクローズアップされ始めている。

 電線・伸銅・アルミ製等輸出向けについては、国際的な放射線量の基準値問題が絡んだ検査のためのコストアップ要因が出現。

 製造面では汚染回避のための生産拠点の関西・中部地域へのシフトという新たな動きが表面化し始めている。

 これを受けて、製品・原料両面では東日本と西日本という物流の劇的な変化も現れており、汚染の可能性のある東日本の範囲にある原料問屋業界は、確実に仕事量が落ち込むという実質的な被害の拡大という形で現れている。

 放射能問題は、銅電線、伸銅製品、アルミダイカスト製品関連やステンレス、電炉製品までの製品から原料スクラップにリンクした物流の停滞という形で全業界に深刻な影を落としている。

《アルミ業界》

 アルミ地金再生2次合金メーカーの一部からは以下のような深刻な問題が表面化している。

 原発に近い工場を持つ某社は、アルミ缶を溶解して2次合金地金を製造しているが、在庫してあったアルミ缶の放射能線量がやや高い数値を示している。

 このため在庫をそのまま溶解したのでは製品に規制値以上の数値が出るとして、数値を押さえ込むために汚染していないアルミ缶を新たに入手して放射能を薄めなければならないという事態に追い込まれている。新たに入手するアルミスクラップの健全性を証明と規制値以上の現物の流入を避けるために、受入ヤードについてはゲートモニターの設置や検査要員の確保等、新たなコストアップ要因への設備投資を迫られているのが実情だ。 この流れは、アルミ、伸銅、電線等これまでゲートモニターの設備が必要ではなかった全ての業界にまで波及しており、風評被害どころではない実害としての放射能問題が様々な業再生資源業界に広がっている。

 また、アルミダイカスト業界では加工品の物流に関して新たな動きも出始めている。汚染の可能性のある原料を使用して型に流す作業について、汚染の恐れのない中部・西日本地域に製造工程をシフトする向きが多く、結果として東日本マーケットでの物流絶対量の減少という深刻な被害も出始めているというのが現状だ。此処に来て自動車メーカー各社の本格稼働の前倒しが見込まれるものの、工程別で見ると部品の不安定な供給の下で仕事量の絶対量は完全に低位に張り付いたままというのが現状だ。 アルミ脱酸向けも同様の対放射能検査機器の導入を迫られる業種だ。

《電線・伸銅》
 今のところ原料そのものの放射能被害については、規制値を上回る形での明確な形は出ていないようだ。しかし、輸出
製品に関しては、国際基準をクリアする必要があり、製品輸出段階での検査機器の導入といった新たな設備投資を迫られることになりそうだ。現時点で問題化していない銅・銅合金原料スクラップの放射能問題だが、今後の復興ペースによっては、放射能汚染地域からの再資源化物資の流入という問題は避けられないだけに、これまで検査機器に縁のなかった非鉄金属原料問屋業界も、ガイガーカウンター等対放射能検知機器の設備導入を余儀無くされることになりそうだ。問題は、放射能問題がもたらした地域の区分けが確実に進んでいくことで、季節風が変る夏場を控えて、東北(山形、秋田方面)地区からの流入現物に対しても汚染の可能性を考えなければならない事態を迎えそうだ。

Posted by 大沼安史 at 03:48 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 スーパーで販売の「北海道産」牛肉 個体識別番号を検索したら、たしかに北海道生まれだが、昨年10月末まで南相馬市にいた牛だった!

 → http://fukushima-diary.com/2012/11/express-beef-labelled-as-from-hokkaido-but-the-tracking-code-tells-its-grown-in-fukushima/

Posted by 大沼安史 at 03:47 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 二本松市 学校給食に12月から、地元米の使用を開始 / 地元テレビ局の報道、英仏訳で世界拡散!

 → http://fukushima-diary.com/2012/11/nihonmatsu-city-to-restart-serving-fukushima-rice-for-school-lunch-from-december/

◎ ソース KFB福島放送 30日 → http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=2012113011

 KFBはこう報じている。

 二本松市教委は、東京電力福島第一原発事故の放射性物質の影響を考慮し、学校給食で控えていた地元産米の使用を12月から再開する。

 市内の小中学校では原発事故の発生前まで地元の米や農産物を積極的に利用していた。

 23年産米から当時の食品の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたため、県学校給食会を通じて北海道や青森県産のコメを契約し、使用した。

 二本松市では24年産米の全袋検査が行われ、大部分の検査を終えた20日までは新たな基準値1キロ当たり100ベクレルを超すコメが出ていない。

 このため市教委は安全性に一層配慮した検査体制を整え、放射性物質が検出限界値未満のコメと確認した上で使用することにした。

 検査方法は、玄米の全袋検査で測定下限値(25ベクレル)未満となったコメのみを精米加工前に給食用米測定所で抽出検査し、検出限界値(10ベクレル)未満のものを精米する。

 さらに精米検査も行って同様に限界値(同)未満であることを確認する。

Posted by 大沼安史 at 03:46 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 4号機建屋の「傾き」 東電、「目視」だけで、傾いているかどうかを確認――認める! /◇ 「見た目、傾いていないよね」で済ませていたわけか!? 精密なレーザー測定をすべきではないか!

 → http://fukushima-diary.com/2012/11/tepcos-tilt-measurement-of-reactor4-error-must-be-taken-into-account-as-the-measurement-is-done-visually-by-a-person/  

Posted by 大沼安史 at 03:45 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 放射性銀(ガザミ)とストロンチウム90(コモンカスベ、シロメバル、マツカワ) フクシマ沖の魚類から検出! 検体の62%で放射性銀、セシウムを上回る!

 → http://fukushima-diary.com/2012/11/radioactive-silver-and-st-90-measured-from-marine-products-offshore-fukushima-silver-was-higher-than-cesium-in-62-of-the-samples/ 

Posted by 大沼安史 at 03:45 午後 | | トラックバック (0)

〔フクシマ・ダイアリー〕 死の灰ガレキ 大阪市で試験焼却 「焼却場から5キロ地点。激しい吐き気、嘔吐。目がかゆく、鼻水止まらず!」

 → http://fukushima-diary.com/2012/11/express-severe-nausea-after-debris-incineration-in-osaka/

Posted by 大沼安史 at 03:44 午後 | | トラックバック (0)

〔東電テレビ会議映像公開〕 毎日新聞 : ヘリ放水に「霧吹きやな」/「第1原発の状況は、まさに日本全体にどのような悪影響を及ぼすかって、首の皮一枚で何とか持ちこたえている状況であります。何とかここをしない限り明日がないんです」(東電・武黒一郎フェロー)/ 「本店と同原発などを結ぶテレビ会議の映像では、悪化の一途をたどる事態に、関係者が右往左往する様子が映されていた」!

 12月1日 → http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121201ddm012040121000c.html 

◎ 毎日は以下のように報じている。

 東京電力福島第1原発事故では、水素爆発が相次いで起きた後、冷却機能を失った使用済み核燃料プール、圧力容器内の燃料棒をいかに冷やすかが課題になった。「当たったな」(昨年3月17日の自衛隊ヘリによる放水時)、「最悪の状況だ」(同4月2日の高濃度汚染水の流出時)。本店と同原発などを結ぶテレビ会議の映像では、悪化の一途をたどる事態に、関係者が右往左往する様子が映されていた。一般公開分を含む計約336時間の映像の概要をまとめた。(肩書はすべて当時)

 昨年3月15日までに、1、3、4号機で水素爆発が相次ぎ、防衛省は同日夜、核分裂を抑えるホウ酸入りの冷却水を自衛隊ヘリで上空から投下する準備を整えていることを明らかにした。

 ヘリ放水は16日に実施予定だったが、放射線量を調査した結果、防衛省が定める隊員個人の累積被ばく総量限度を上回り断念した。同日午後6時ごろ、映像には本店のいらだちが募る様子が映る。

 武黒一郎フェロー「第1原発の状況は、まさに日本全体にどのような悪影響を及ぼすかって、首の皮一枚で何とか持ちこたえている状況であります。何とかここをしない限り明日がないんです」

 陸上自衛隊の大型輸送ヘリは17日午前9時48分ごろから、海水投下を始めた。放水は同10時ごろまで計4回、2機で交互に実施され、本店では細野豪志首相補佐官も見守った。

 同午前9時45分ごろ、放水のため第1原発に向かうヘリコプターの様子がテレビ中継されると、福島第1原発の免震重要棟では社員らがテレビ前に集まった。同48分から1回目の放水が行われる。

 福島第1原発「来たぞー。オー、いった! よし!」「おい当たったな」

 しかし、2回目以降は投下した水が風に流された。映像は社員たちの失望の声を拾っている。

 同「あー、これかかってねえよ。散漫にかかっているよ」「あー、3号機に届いてねえや」

 同10時ごろ、4回目となる最後の放水。

 同「ああー」「霧吹きやなあ」

 ◇「大丈夫かなキリンさん」
 使用済み核燃料プールを冷却するため、東電は昨年3月下旬から生コン圧送機による注水を始めた。映像によると、海江田万里経済産業相がこの装置を高さが58メートルあり長いアームを持つ姿から「キリン」と名付けた。4月以降は高さ62メートルの「大キリン」を投入。動物の名前を付けた重機で暫定の注水ライン完成までしのいだ。テレビ会議にも、愛称で重機を呼ぶ様子が残されている。

 3月22日午後6時すぎ、第1原発で震度4の地震が起きた。原子力災害時の拠点「オフサイトセンター」(福島市)で「ああ(キリン)倒れないでくれよ」と声が上がると、事故後にできた拠点「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町)の小森明生常務は「大丈夫かな。キリンさん」と応え、Jヴィレッジや第1原発の関係者から「キリンちゃん倒れるなよ」との発言が相次いだ。

 4月3日には吉田昌郎所長と本店の間で、こんな会話もあった。

 吉田氏「つまらない話なんだけどキリンと大キリンを混同しちゃっているので、今日からゾウさんにします」

 本店「ちょっと待ってくださいよ。本店復旧班、混乱はありませんか、大丈夫ですか」

 吉田氏「キリンの方が強い(放水能力が高い)もんだから、大キリンと混同しちゃうんですよね。よろしくお願いします」

 ◇汚染水海へ「最悪の事態」
 昨年4月1日、線量が毎時1000ミリシーベルトを超える高濃度の汚染水が第1原発2号機の取水口付近から海へ漏れ始めた。汚染水の保管場所を確保するため、施設内の廃棄物処理をする「集中廃棄物処理施設」と5、6号機の地下にためていた低濃度汚染水を海へ放出することになった。2日午前11時ごろ、第1原発と本店、「Jヴィレッジ」の間で、緊迫したやりとりがあった。

 吉田氏「緊急に報告事項がある。2号機(取水口)のピット(電源ケーブルを収めるトンネル)の放射線量が高い。ピットわきのコンクリートの割れ目から水が海に流れている。線量は毎時1000ミリシーベルトを超え、最悪の状況だ。大本でくみ出すか、止水しないと止まらない。最悪の事態になっている」

 武黒フェロー「分かった。できる限りの止水の努力を」

 吉田氏「ただ、止水すると全体の(汚染水の水位の)レベルが上がり、オーバーフローして上から漏れる」

 小森氏「忙しい時に恐縮だが、菅(直人)首相がJヴィレッジにお見えになられました。一言お願いします」

 菅首相「福島原発をコントロールできるよう皆さんの一層の(力を)本当に心からお願いします」

 政府首脳の言葉にも現場の不安は解消されなかった。

 吉田氏「今、コンクリートでピットを打設する準備は整ったが、流れが止まったら、その分、どっかであふれる。決断がつかない」

 武黒氏「どっちにしろ、止めれば(汚染水は)他に広がる」

 翌日も、対応が決まらぬ状況が続く。

 吉田氏「今日は2号機の水止め作戦が一番重要だ。いろいろ作戦名を考えたが、(ビーバーが巣を作るしぐさにちなんで)『ビーバー作戦』としたい。(使用済み核燃料プールに注水する重機を『キリン』と名付けたケースなど)動物の名前を作戦名にしたものはだいたい成功している」

 (翌日、2号機の高濃度汚染水の漏出場所を突き止めるため、掘削作業が生じたため「モグラ作戦」と改名)

 4日午前、3号機の水位が上昇。5、6号機に影響を与える危険が高まり、現場にはいらだちがにじんだ。

 吉田氏「手足を縛られた中で頑張れよって言われても、到底頑張れる状況にない。水の処理が喫緊の課題ですので、ここが処理できないままでは頑張りようがないということをお伝えしておきます」

 低濃度汚染水の海洋放出開始の映像は4日午後6時50分ごろから。集中廃棄物処理施設からの放出が迫る。

 吉田氏「予定通り、午後7時から放水するということで指示したいと思いますが、よろしいでしょうか」

 本店「放水を指示します」

 吉田氏「午後7時3分、1台目のポンプを起動しました。午後7時7分に10台全台起動し、現在放出中です」

 4日午後9時過ぎ。5、6号機から汚染水の放出が始まった。

 福島第1原発復旧班「放出、9時ちょうどに開始しています」

 映像に近隣諸国や地元自治体へ配慮を見せる様子はなかった。

 ◇外部電源を失い、冷却機能が停止
 福島第1原発は11年3月11日、東日本大震災の影響で外部電源を失い非常時に原子炉圧力容器内の核燃料を冷やす装置などを動かせなくなった。圧力容器内で核燃料棒が損傷する炉心溶融(メルトダウン)が進み、1、3、4号機で水素爆発が起こって原子炉建屋が吹き飛んだ。

  原発の冷却機能の回復が進まない中、16日には3号機の使用済み核燃料プールから白煙が上がっているのが確認された。プールの水が沸騰していると考えられ、放置すれば核燃料が過熱して損傷、大量の放射性物質が外気に漏れ出す危険性があった。プール冷却のため、17日午前9時48分、3号機の上空100メートルから、自衛隊ヘリがバケットにくんだ海水を投下。ヘリ2機で交互に計4回投下し、同10時ごろに終了した。

 一方、1〜3号機のタービン建屋などにたまった高レベル放射性汚染水の保管場所を確保する必要から、第1原発の施設から低濃度の汚染水を4月4日、海に放出した。これを発表した会見を偶然見た経済産業省職員が、放出約1時間前に国際原子力機関(IAEA)に電子メールで連絡。東電の対策本部詰の外務省職員が汚染水放出の東電の広報書類をファクス送信して初めて、本省が放出を知るなど、外国への事前通報の遅れが問題になった。

Posted by 大沼安史 at 03:43 午後 | | トラックバック (0)