« 〔ドイツ公共テレビ・ZDF・フクシマ報告〕 (11月18日放映) 南相馬の実効放射線量 政府設置MP表示の、なんと5倍 住民が指摘すると、「モニタリングポスト、つけろと言ったのは、あなたたちでしょう」と!/ 被曝隠蔽・被曝地棄民の残酷な現実、ユーチューブで全世界拡散! | トップページ | 〔みえない雲 フクイチ発放射能警報〕 本日(21日 水曜日) 西寄りの風にあおられ、太平洋沖に。恵みの風――だが、しかし……被曝の山から強風が吹き下りて来る季節、北風と放射能 透明な被曝の「死の冬」が来た! »

2012-11-21

〔3号機核燃プールの恐怖〕 冷却水喪失 燃料被覆管の温度、損傷が急激に進む約800度に1日程度で達する恐れ 東電が規制委へ報告 東電「消防車などにより1~6時間で燃料プールへ注水が可能で、時間的に十分余裕がある」……/◇ 日本を滅ぼす、「フクイチ核燃プール・自爆テロ・ハルマゲドン・時限核爆弾」は、4号機だけでなく3号機にも!

 
 共同通信 → http://www.47news.jp/47topics/e/236265.php

 共同は以下のように報じている。

 保管燃料、1日で高温に プール水喪失で東電試算

 東京電力は19日までに、福島第1原発3号機の使用済み燃料プールから冷却水がなくなった場合、最も過酷な条件では燃料被覆管の温度が、損傷が急激に進む約800度に1日程度で達するとの試算結果を、原子力規制委員会に報告した。

 東電は「消防車などにより1~6時間で燃料プールへ注水が可能で、時間的に十分余裕がある」としている。

 東電によると、空気の対流で燃料が冷却されないなど最悪の事態を想定して試算。3号機原子炉建屋周辺の放射線量は毎時2ミリシーベルト、敷地境界では0・003ミリシーベルト未満と評価した。

 3号機の使用済み燃料プールで9月、がれき撤去作業中に鉄骨が落下した問題を受け、規制委が東電にプール水が失われた場合の燃料の健全性を評価するよう指示していた。

Posted by 大沼安史 at 10:12 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔3号機核燃プールの恐怖〕 冷却水喪失 燃料被覆管の温度、損傷が急激に進む約800度に1日程度で達する恐れ 東電が規制委へ報告 東電「消防車などにより1~6時間で燃料プールへ注水が可能で、時間的に十分余裕がある」……/◇ 日本を滅ぼす、「フクイチ核燃プール・自爆テロ・ハルマゲドン・時限核爆弾」は、4号機だけでなく3号機にも!: