« 〔NEWS〕 米スタンフォード大学のデータベースで 日本の原発の防災は世界最悪! 次にひどいのは米国の原発 | トップページ | 〔フクシマ・ダイアリー〕 南相馬の放射能モニタリンポストは原発メーカー製(Monitoring posts are made by nuclear power maker) »

2012-11-06

〔ブログ・NEWS〕 東京在住の映像記録者、イアン・アッシュさん/ フクシマのお母さんと子どもたち/ シマ夫人はお嬢さんのシュリさん(11歳)の甲状腺のう胞の超音波写真を見せてくれた。シュリさんは福島県のテストでは、のう胞なしと診断されていた。セカンド・オピニオンを求めて、民間の病院で検査を受けた。こんどはお嬢さんにはのう胞があります、と言われた。息子のカイトさん(13歳)は両方のテストで、のう胞が確認された……。

 → http://ianthomasash.blogspot.jp/2012/11/the-mothers-and-their-children-part-2.html

       http://ianthomasash.blogspot.jp/2012/11/the-shibuya-family-part-1.html

 This morning I met Mrs. Shima.  She had invited several other mothers over to her home to share with me their situations and the thyroid test results for their children.  Mrs. Shima showed me the thyroid ultrasound for her daughter Shuri, 11.  The government-sponsored test revealed her daughter had NO thyroid cysts, but she went to a private hospital to seek a second opinion.  She was told her daughter in fact DOES have thyroid cysts.  In both tests, it was discovered that her son Kaito, 13, also has thyroid cysts.

       #

 カンノ夫人の2人のお子さん(ユリカさん・10歳、ナオキさん・11歳)は、県のテストで甲状腺にのう胞がないとされた。セカンドオピニオンを求めて、シマさんが行った病院を訪ねた。日本政府から、のう胞がないとわかった子どもたちの再検査をするなと指示された、と言われた。結局、再検査は断られた。
 Mrs. Kanno’s two children, daughter Yuika, 10, and son Naoki, 11, were both found to have no thyroid cysts in the government-sponsored test. When she went to the private hospital Mrs. Shima recommended for a second opinion, she was told that the hospital had received a directive from the national government to stop providing tests for children it had deemed had no thyroid cysts. Mrs. Kanno was refused a second thyroid test for her children. [...]

 関連リンク → http://www.documentingian.com/

 アッシュさんのツイッター → https://twitter.com/DocumentingIan

  ■ 大沼: 病院に「再検査するな」と指示した日本政府とは厚労省であるはずだ。

  いずれ彼らは刑法犯として裁かれることになろう!

 ■ 重要ブログ記録 3.11以後、最悪の健康被害の発表「女子小学生の54.1%、女子中学生の55.3%に『のう胞』か『結節』発見。38人の中から1人小児甲状腺ガン発見」
 → http://fukusima-sokai.blogspot.jp/2012/09/blog-post_929.html

Posted by 大沼安史 at 05:10 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ブログ・NEWS〕 東京在住の映像記録者、イアン・アッシュさん/ フクシマのお母さんと子どもたち/ シマ夫人はお嬢さんのシュリさん(11歳)の甲状腺のう胞の超音波写真を見せてくれた。シュリさんは福島県のテストでは、のう胞なしと診断されていた。セカンド・オピニオンを求めて、民間の病院で検査を受けた。こんどはお嬢さんにはのう胞があります、と言われた。息子のカイトさん(13歳)は両方のテストで、のう胞が確認された……。: