« 〔ENEニュース〕 「福島の子どもを救うには国際世論しかない(I think the way to save the children at Fukushima is to get the world involved. )」 「こどもたちを引き込むことは、殺人行為だ(Not allowing the children to escape is murder.)」 南相馬の大山こういち市議インタビュー 英訳ビデオで世界拡散開始 | トップページ | 〔Fukushima Diary〕 都心からわずか25キロ 千葉・流山市の井戸水からキロあたり2.7ベクレルの放射性セシウムを検出/ 千葉市流山市の掃除機の吸塵から なんと2万201ベクレル(キロ) »

2012-08-02

〔EXSKF〕 ロイター電: 福島の人びとが「原発」に対して、まぎれもない「NO!」を突きつける!(Fukushima residents say resounding "no" to nuclear energy)/◇ 農家の女性は言った、「ただちに影響はない、は、長期的な健康リスクを意味することを、いまや多くの人びとは知っている」。会場を埋めた200人の聴衆から拍手がわきあがった!

 → http://ex-skf.blogspot.jp/2012/08/reuters-fukushima-residents-say.html

 ◎ ソース → http://www.reuters.com/article/2012/08/01/us-japan-nuclear-fukushima-idUSBRE8700JP20120801

 ……"Many people are now aware that the government's talking of 'no immediate risk to health' is tantamount to 'long-term health risk'," she said to the applause of about 200 residents packed in a small concert hall.

 ◇ このロイター電と、たとえば、以下のNHKの「報道」ぶりとの違いは、まぎれもなく、明らかである。

 # NHK 将来原発比率 福島で意見聴取 8月1日 19時13分
 → http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120801/k10014016381000.html

 東京電力福島第一原発の事故を受けて政府が進めるエネルギー政策の見直しに向けて、原発に依存する割合を将来どうすべきか市民から意見を聞く聴取会が、原発事故で大きな被害を受けた福島県で開かれました。

 政府は、原発事故を受けて将来のエネルギー政策の見直しを進めていて、18年後の2030年時点の国内の発電量に占める原発の比率を、「ゼロ」か、「15%」、「20%から25%」とする3つの選択肢をまとめ、政策決定に幅広い意見を取り入れようと全国11か所で市民の意見を聞く聴取会を開いています。

 9か所目となる1日は、原発事故で大きな被害を受けた福島県で開かれ、「原発事故の影響が続いており県民の意見を幅広く聞く必要がある」として、発言する人は県外に避難する人を含めた福島県民に限定し、人数もこれまでの会場に比べておよそ20人多い、30人が意見を述べました。

 このうち、福島第二原発が立地し、警戒区域に指定されている富岡町から避難している男性は「あすにでも帰れるだろうと思い避難したが、いまだにいつ帰れるか分からないまま生活している。事故が起こったら原状を回復するのは不可能で、まず原発をゼロにしてから議論を始めるべきだ」と訴えました。

 一方で、福島市の男性は「原発がゼロだとエネルギーが確保できないので、条件付きで認めるべきではないか」と述べました。

 1日は、発言した30人のうち28人が、原発の比率を「ゼロ」にするよう求めたり、全国の原発をすぐに廃炉するよう発言したりしていました。

 政府によりますと、これまで行われた8回の聴取会では、発言を希望した1253人のうち、▽「ゼロ」が70%を占めたほか(874人)、▽「15%」の比率が11%(139人)、▽「20%~25%」の比率が17%(210人)でした。

 政府は、今月4日にも高松と福岡で聴取会を開くほか、インターネットなどを通じて広く意見を聞いたうえで、新たなエネルギー政策を決定する方針を示しています。

 ◎ 参考 共同 発言者ほとんどが原発「0%」 福島で意見聴取会
 → http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012080101002073.html

Posted by 大沼安史 at 07:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔EXSKF〕 ロイター電: 福島の人びとが「原発」に対して、まぎれもない「NO!」を突きつける!(Fukushima residents say resounding "no" to nuclear energy)/◇ 農家の女性は言った、「ただちに影響はない、は、長期的な健康リスクを意味することを、いまや多くの人びとは知っている」。会場を埋めた200人の聴衆から拍手がわきあがった!: