« 〔みえない雲警報〕スイス気象台によると、本日(10日 日曜日)は朝方、前日、佐渡に到達していた低層気団が新潟に逆上陸、中・高層の気団も能登半島沖の日本海上空から、時計と反対回りに、まるで「大飯再稼働」を警告するかのように、福井など関西を襲う。それとは別に、フクイチからの新たな低層の放射能雲が朝から茨城を沖を南下、午後には扇状に開くかたちで、夜にかけ、首都圏東部に広がる。明日朝には静岡沖から東海地方などに上陸する恐れもあるので注意! | トップページ | 〔被曝受難〕東京新聞:避難指示区域 10年後も帰還困難18%/◇ 無責任「政府」の「グランドデザイン」によると、「被災者に寄り添った取り組み」で、10年後以降は「安心して定住する魅力ある地域」が形成されるのだそうだ。 »

2012-06-10

〔国会事故調〕東京新聞:福島事故 8割 当日知らず 周辺6町 4回以上避難 7割/◇ アンケートでわかる/着のみ着のまま避難「「ひと言でも原発に触れていれば、せめて貴重品くらいは持ち出した」「もっと具体的に説明があれば、もっと遠くに避難していた」/原子野に人々は捨て去られていた!

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012061002000098.html(◇は大沼)

 国会の東京電力福島第一原発事故調査委員会は九日、避難住民約一万世帯から集まったアンケートの結果を発表した。昨年三月十一日の当日、その日のうちに原発事故が発生したと知った住民は原発から近い自治体でも20%未満にとどまった。

 同日、政府は午後七時三分に原子力緊急事態宣言をし、午後九時二十三分に三キロ圏内の避難指示を出したが、その日の指示を知った住民はさらに少ない10%程度だった。

 また、原発から離れるほど、事故の情報源として自治体が機能せず、テレビなどに頼っていた。第一、第二の両原発がある双葉町や楢葉町では、自治体の防災無線や警察からの連絡で事故を知ったと答えた住民が四割いたのに対し、原発から離れた南相馬市、川俣町、飯舘村では一割前後に低下。半数以上はテレビやインターネットで知ったと答えた。

 十二日に避難指示が十キロ圏まで拡大された際には、各自治体から比較的速やかに周知されていたが、避難に役立つ情報提供が不十分だったことも判明。

 着の身着のままで避難した住民から、「ひと言でも原発に触れていれば、せめて貴重品くらいは持ち出した」「もっと具体的に説明があれば、もっと遠くに避難していた」などの声が寄せられた。

 住民が、いかに避難先を転々とさせられたかも判明。原発から近い双葉、大熊、富岡、楢葉、広野、浪江各町では、70%を超える住民が四回以上避難したと答えた。

 アンケートは今年三月十五日から四月十一日にかけて実施。避難区域に指定された十二市町村の約五万五千世帯から無作為抽出した二万千世帯に郵送、約半数の一万六百三十三世帯から回答を得た。

Posted by 大沼安史 at 04:04 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔国会事故調〕東京新聞:福島事故 8割 当日知らず 周辺6町 4回以上避難 7割/◇ アンケートでわかる/着のみ着のまま避難「「ひと言でも原発に触れていれば、せめて貴重品くらいは持ち出した」「もっと具体的に説明があれば、もっと遠くに避難していた」/原子野に人々は捨て去られていた!: