« 〔東電株主総会〕 豪ABC: 東電の経営陣 「黄金の落下傘」つきで退職 事故の「責任」をとったというが、天下り先はグループ企業の「おいしいポスト」/ABC東京特派員は東電スポークスマンに聞いた、「裁判を起こされている経営陣は、いったいどんな自己弁護をするつもりか?」、スポークスマンは答えた、「すいませんが、それは主観的な質問。裁判に関することはコメントできません」 | トップページ | 〔報道されない報道の記録〕☆☆☆☆☆ ハヤシ・ノリコさんの写真記録:「日本の原子力の犠牲者たち」 ワシントン・ポストに掲載(16枚組)/ 焼身自殺を遂げた渡辺はま子さんの夫の幹夫さんは、放棄した自宅の2人の寝室のハンガーに、はま子さんの桃色の半そでブラウスを掛けて来た! そうすることで、はま子さんと近づけるような気がして……(◇ そのピンクの半そでを着て、はま子さんは幹夫さんと一時帰宅、最後の夜をこの寝室で過ごした……) »

2012-06-28

〔報道されない報道の記録〕 ロイター 26日:2人の著名な地震学者が記者会見で警告 フクシマの教訓に学ばずに大飯を再稼働 石橋克彦氏「安全基準の強化どころか、深刻な後退」/渡辺満久氏「専門家たちの専門性も中立性も非常に疑わしい」

 Seismologists warn Japan against nuclear restart
 → http://in.reuters.com/article/2012/06/26/us-japan-nuclear-idINBRE85P0FP20120626

 ・石橋克彦・神戸大学教授:「ストレステストも再稼働ガイドラインも、事故が起きることを許すもの。安全基準の強化どころか、深刻な後退だ」
 "The stress tests and new safety guidelines for restarting nuclear power plants both allow for accidents at plants to occur," Ishibashi told reporters. "Instead of making standards more strict, they both represent a severe setback in safety standards."

 ・渡辺満久・東洋大学教授:「保安院にアドバイスのしている専門家たちの専門性も中立性も非常に疑わしい」

 "The expertise and neutrality of experts advising Japan's Nuclear Industrial Safety Agency are highly questionable," Watanabe said.

Posted by 大沼安史 at 10:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔報道されない報道の記録〕 ロイター 26日:2人の著名な地震学者が記者会見で警告 フクシマの教訓に学ばずに大飯を再稼働 石橋克彦氏「安全基準の強化どころか、深刻な後退」/渡辺満久氏「専門家たちの専門性も中立性も非常に疑わしい」: