« 〔大飯再稼働許すまじ〕 「原発いらない福島の女たち」が7日、野田首相に要望書を提出後、官邸前で「再稼働」に抗議のダイ・イン (内閣府での彼女たちの発言、書き起こし)/「大飯再稼働は福島県民の心の傷に塩を塗るものです」 | トップページ | 〔大飯再稼働許すまじ〕 田中龍作ジャーナル:首相官邸前 女たちが大飯原発再稼働に抗議のダイイン/胸のゼッケンが空を睨む! 「福島の女は鬼になる!」 »

2012-06-09

〔大飯再稼働許すまじ〕 「原発いらない福島の女たち」が7日、官邸前で「再稼働」に抗議のダイ・イン 黒田節子さんの報告/ ほとんどの参加者が初体験のダイ・イン。耳を地球にあてて、皆さん、何を感じていたことでしょう……/プラス 東京新聞の報道

 → http://totukitouka.info/blog/?p=607

 150人ぐらいの人が集まる中、ダイ・インは女たちだけで今回はやりたいこと、男性には座り込みor支援をお願いしたいこと、非暴力直接行動についてのちょっとした説明、今回のアクションの約束事_などをマイクでお知らせした後、テントから内閣府前に移動。と、そこにあったのは日の丸と勇ましい歌。彼らはそこは1時までということなので、私たちはじいっと我慢して事なきを得たのでしたが、あ~、とっぱなから驚いた。

 福島の女たちと合計24人ぐらいの人が中に入って申し入れ。10人の事前登録だったが、押し問答を女たちが上手くやって、男も、カメラも、録音機も入っていった。

 みんないいぞ! たくさんの怒り・悲しみをまたぶつけてきました。10日後に返事をもらうことに(本当に返事というものがあるのかどうか、みんなで監視しよう)。

 申し入れから帰ってくると、歩道上ではちょうど加藤登紀子が最後の曲を歌っていた。福島みずほ議員も合流。上野千鶴子も来たらしいが私は分からなかった。

 その後、いよいよダイ・インに。なんとプロの演奏家による、チェロのライヴつきである。世界広しといえど、こういうダイ・インはめずらしいだろうな。

 私を含めて、多分、ほとんどの参加者が初体験のダイ・イン。耳を地球にあてて、皆さん、何を感じていたことでしょう…。この間約10分。

 もう少し長くやっていたら眠くなったね、いい天気だったし。天も、脱原・再稼働反対ですなァ。

 女たちは、また新しい方法を覚えました。最高に平和でありながら、すぐれてインパクトのある意思表示。

 または、身体性がありながら、同時に強い思想性がある抵抗のかたち。

 また、やっぺ~。

 たった1週間前に決めたことでした。下準備に奔走して下さった方々、感謝です。

 非暴力関係の方々のアドバイスとピースキーパーとしての参加、ありがとうございました。

 近々、非暴力トレーニングのワークショップを東京ですることになったそうです。すごい展開。

 こっちでもやりたいね。

 節子

◎ 豪華特別付録! 東京新聞 再稼働 抗議のダイイン 官邸前、福島の女性ら
 8日朝刊 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012060802000117.html

 脱原発を訴える福島県の女性らのグループが七日、関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた政府の動きに反対するため、首相官邸前の歩道に横たわる「ダイイン」で抗議した。

 この日は午後二時すぎから福島県や東京都などの女性約七十人が参加した。行動を呼び掛けた市民団体「原発いらない福島の女たち」のメンバーは、官邸に向かって拡声器で「口先だけの安全宣言でつくろい、再稼働を急ぐのは暴挙以外の何ものでもない」と声を張り上げた。

 三歳の娘と参加した東京都目黒区のパートの女性(30)は「福島の事故がまだ落ち着かず、住民への補償も進んでいない中で、再稼働はありえない」と訴えた。

 抗議行動には、社会学者の上野千鶴子さんや歌手の加藤登紀子さんも応援に駆け付けた。

Posted by 大沼安史 at 06:06 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔大飯再稼働許すまじ〕 「原発いらない福島の女たち」が7日、官邸前で「再稼働」に抗議のダイ・イン 黒田節子さんの報告/ ほとんどの参加者が初体験のダイ・イン。耳を地球にあてて、皆さん、何を感じていたことでしょう……/プラス 東京新聞の報道: