« 〔世界の破局・4号機核燃プール〕☆☆☆☆☆ 「米国政府は何をためらっているのか?(What Is the United States Government Waiting for? )」 元国連アドバイザー、松村昭雄さんが米政府に、国際的な抜本対策のイニシアチブを執るよう緊急アピール! 全日本語訳!/◇ 最優先課題は、あくまでも「フクイチ封じ込め」だ! | トップページ | 〔フクイチ・現場からの報告〕 「ハッピー」さん ★1号機 「カバー外して基礎からやり直し」/頑丈な基礎から作ればよかった/ライブカメラで1号機を写したくなかったから急いでカバー」/「放出量の問題なら一番放出してる2号機の穴塞ぐ方が先」/★今やってる4号機も半分しかカバーしない/1Fの廃炉は民間企業の感覚でやってたら相当長くかかる気がする」/★ホントはいま4号機側にカメラあるでし ◇ 東電の「その場しのぎ」の実態が暴露された! 「世界破局の核燃プール」を写す「秘密の4号機カメラ」を、東電は今すぐ公開せよ »

2012-06-13

〔想定内、明らかに!〕 東電、大津波対策で最大80億円 福島原発で社内試算/ 5号機で報告書作成 ◇ 3・11 亡国のフクイチ破局事故の5年前!

 中日新聞 → http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012061301002123.html (◇は大沼)

 2012年6月13日 21時25分

 東日本大震災の5年前、福島第1原発5号機で大津波への対策を実施した場合、最大で80億円が必要などとする報告書を、東京電力が作成していたことが13日分かった。だが、大津波の想定に科学的根拠がないとして対策は取られなかった。

 東電によると、報告書をまとめたのは2006年3月。04年のスマトラ沖地震の津波で、インドの原発のポンプ室が浸水したことから、第1原発の津波の高さについて、想定を大幅に上回る13・5メートル、20メートルなどと仮定し、安全上重要な機器類への影響を分析した。

 その結果、海抜13メートルにある5号機では、建屋内への浸水などを防ぐ工事で20億円、防潮壁で囲った場合は80億円が必要と試算された。(共同)

Posted by 大沼安史 at 11:08 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔想定内、明らかに!〕 東電、大津波対策で最大80億円 福島原発で社内試算/ 5号機で報告書作成 ◇ 3・11 亡国のフクイチ破局事故の5年前!: