« 〔大飯再稼働許しまじ〕★★★ 東京新聞:大飯原発「5層の防護」3層目まで 国際基準 程遠く/◇ IAEAの安全基準さえ満たさず! | トップページ | 〔被曝受難〕 福島民友:★★★ 井戸水からセシウム 田村の旧避難準備区域 »

2012-06-16

〔死の灰ファシズム〕 東京新聞: ツイッター「発言」庭山・桐生市議 除名求める動議提出 特別委を設置/発議者でない西牧秀乗議員 懲罰対象は本会議や委員会などの活動、ツイッターは議会外活動と指摘。「(ツイッターを)議会運営委員会で議論し本人が認めれば懲罰していいのか」と疑問視

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120616/CK2012061602000158.html?ref=rank

 桐生市の庭山由紀市議(43)の短文投稿サイト「ツイッター」での発言をめぐり、市議会本会議が十五日、開かれ、庭山氏の除名を求める市議十七人による懲罰動議が出され、懲罰特別委員会がつくられた。庭山氏は本会議で弁明しなかった。

 懲罰動議の発議者十七人を代表して佐藤光好氏が動議理由を朗読、四人が質問した。

 発議者でない西牧秀乗氏は、懲罰対象は本会議や委員会などの活動で、ツイッターは議会外活動と指摘。「(ツイッターを)議会運営委員会で議論し本人が認めれば懲罰していいのか」と疑問視した。

 佐藤氏は、庭山氏が農産物の放射能汚染の懸念を訴える際に「毒物」と表現するなどツイッターでの発言と、議運で訂正しなかった言動を一体として判断したと主張。「政治的立場の発言は自由だが、必要限度を超えている。議会全体の品位を汚す」と訴えた。

 懲罰特別委員会の委員には市議七人が選ばれた。発議者でない三人が委員になるのを断ったため、全員発議者になった。

 本会議後に一回目を開き、委員長に周東照二氏、副委員長に小滝芳江氏を選出した。二回目は十八日。 (中山岳記者)

Posted by 大沼安史 at 03:09 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔死の灰ファシズム〕 東京新聞: ツイッター「発言」庭山・桐生市議 除名求める動議提出 特別委を設置/発議者でない西牧秀乗議員 懲罰対象は本会議や委員会などの活動、ツイッターは議会外活動と指摘。「(ツイッターを)議会運営委員会で議論し本人が認めれば懲罰していいのか」と疑問視: