« 〔4号機核燃プール〕 武田邦彦さん(29日朝の警告): 緊急情報 福島4機の作業で放射性物質漏洩か?/おそらく福島4号機のはつり作業(燃料取りだしのための仮の建てや建設のためと考えられる)の時の放射性粉塵のためと考えられる。 | トップページ | 〔4号機核燃プール〕ネット情報(◇ 未確認ですが……):「フクイチプール燃料棒に水殆どないと言う情報です、後数時間です、叉、1号機計測器壊れてしまうほどの線量 日本はおわりか、更に東電本社も避難準備との内部リーク情報RT" @jishokyu: それを知らせない政府、そして報道しないマスコミ、これら全て改革しないとだめですね。 RT @ya」 »

2012-06-30

〔4号機核燃プール〕武田邦彦さん(29日の警告 その2):4号機の工事中止すぐ必要

 → http://takedanet.com/2012/06/4_b5c5.html

 毎時40マイクログレイ(ほぼマイクロシーベルト)の高濃度放射線が福島原発西(田村市(郡山の東隣))で観測されている。昨日(2012年6月28日の午後5時から7時頃)であり、風は東北だったと考えられる。

 福島原発周囲の線量が上がっていないことから、1)4号機粉塵が田村市に落下した、2)他の原因、3)測定の誤り、の3つが考えられるが、科学的な結論としてはこのような時、「まずはデータそのものをそのまま受け入れる」ことから始めて、その場合の対策を練る。

 田村市は避難する必要があり、郡山市は避難準備に入らなければならない。また風向きが変わる可能性があるので、福島県を中心に警戒が必要である。

 仮にデータに誤りがあっても、約16時間にわたって誤報を流すことは事の重大さ(人命に関わる)から、許されることではない。安易に「データの間違い」と結論してはいけない。

 ところで、1週間ほど前から始まっている福島4号機の工事について、地元や自治体は県民に警告を発していないようだ。工事はかなりあらっぽく、動画を見ると放射性物質を大量に含む粉塵が作業によって舞い上がり、強い北東の風で福島原発の南西方向に飛散していた。

Posted by 大沼安史 at 05:45 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔4号機核燃プール〕武田邦彦さん(29日の警告 その2):4号機の工事中止すぐ必要: