« 〔平和哲学センター〕 英医学誌 『ランセット』 論文: 50ミリシーベルト程度の被ばくで小児の脳腫瘍や白血病が有意に増える (松崎道幸医師コメント) CT Scans of Children Raise Cander Risk | トップページ | 〔被曝受難・負けねどフクシマ〕★★★ 福島県民が明日(6月11日)に東電・勝俣会長らを相手に集団提訴へ/ 告発を超えた、ヒバクシャ自身による告訴! /告訴団長の武藤類子さん「東電社内ですら、もっと高い防波堤が必要という声がありながら、何もしなかった」/保田行雄弁護士「「津波対策を怠ったことが最も明快な刑事責任です」 »

2012-06-10

〔井戸川・双葉町長〕★★★★★ 被ばく線量、独自基準作成へ / 帰還の基準 政府の「20ミリシーベルト」ではなく「年間1ミリSv」に/「「低線量被ばくでは(健康被害を)発症しない、と外部の人に言われたくない。我々自身が決定して進まないといけない」

 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000096-mai-soci

 ◎ ソース 毎日新聞(9日) <福島第1原発>被ばく線量、独自基準作成へ 双葉郡8町村
 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120609-00000096-mai-soci

 福島県双葉町の井戸川克隆町長は9日、福島市で開かれた国と県、双葉郡8町村の協議で、住民の帰還を判断するため、被災自治体で被ばく線量の独自基準を作る方針を示した。国が帰還の目安を年間20ミリシーベルト以下としているのに対し、年間1ミリシーベルト未満にする考えだ。8町村で調整する。細野豪志・原発事故担当相らは「議論はしていきましょう」と述べたという。

 井戸川町長は記者団に「低線量被ばくでは(健康被害を)発症しない、と外部の人に言われたくない。我々自身が決定して進まないといけない。発症させない取り組みをする必要がある」と述べ、被災自治体の独自基準の必要性を強調した。【乾達記者】

Posted by 大沼安史 at 07:10 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔井戸川・双葉町長〕★★★★★ 被ばく線量、独自基準作成へ / 帰還の基準 政府の「20ミリシーベルト」ではなく「年間1ミリSv」に/「「低線量被ばくでは(健康被害を)発症しない、と外部の人に言われたくない。我々自身が決定して進まないといけない」: