« 〔国会事故調〕東京新聞 社説:「小手先の総括はだめだ」/事故から一年以上たった今も、事実が明らかになっていないのは異常である。歴史的な大事故をどう総括し、教訓として何を生み出すのか。今月中にまとめる報告書が、小手先の総括で済まされることは許されない。 | トップページ | 〔大飯再稼働許すまじ〕国会事故調 黒川委員長、「ぜひ国会から委託された独立した調査、その報告をしっかり見て、何も待たないで(再稼働を)やるのかなと。国家の信頼のメルトダウンが起こっているんじゃないのというのが私の感じです」 »

2012-06-09

〔大飯再稼働許すまじ〕福島第一原発最高幹部 「まだフクイチの事故が収束していないというのに、よく政府は『再稼働』などと口にできますね」 

 → http://www.j-cast.com/tv/2012/06/08134948.html

 「まだフクイチの事故が収束していないというのに、よく政府は『再稼働』などと口にできますね。(中略)野田(佳彦)総理は、『最終的には総理大臣である私の責任で判断する』と言っています。どう責任をとるのでしょうか。野田総理が神様のごとく原発事故を防げる、抑えられるなら、誰も苦労はしません。事故発生当時の菅(直人前首相)は、何の責任もとっていないじゃないですか。(中略)事故の現状についても、5月26日に4号機の様子がメディアに公開されましたが、あの映像から収束したとはとても思えないでしょう。あれでも用意周到に掃除して、周辺のガレキを片付けて公開しているのです。(中略)故郷に戻れない地元の人たちには、本当に申し訳なく思います。うちは税金を投入して何とか存続しているのに、『給料アップ』『ボーナス』『天下り』の話が出る。バカも休み休みにしてほしい。一度、潰してもらったほうが早く収束できるように思えてなりません」

Posted by 大沼安史 at 08:39 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔大飯再稼働許すまじ〕福島第一原発最高幹部 「まだフクイチの事故が収束していないというのに、よく政府は『再稼働』などと口にできますね」 :