« 〔院長の独り言〕(重要)★★★ 女川原発 1メートルの地盤沈下と5メートルの東方移動/◇ 「この女川原発は、二度と稼働できないのは最早当たり前」/★★★ ◇ 女川原発MPで昨年3月12日深夜 最大21マイクロシーベルト/時を観測 「3月12日~13日に仙台近辺にいた人は、かなりのヨウ素被曝を受けた可能性がある」/★★★ そんな「女川・死の灰ガレキ」を全国にばらまく……「かなり高レベルに汚染された女川のガレキを全国で燃やそうとしているのは、全国に放射能内部被曝を起こして、政府、東電の責任逃れをするためでは」 | トップページ | 〔脱原発・都民投票〕 東京新聞: 「都民投票で市民が成熟」  都議会、8人が意見/宮台真司さん 個人的には原発そのものに反対していないと前置きし「原発をやめられない社会をやめるべきだ」 »

2012-06-15

〔給食に冷凍ミカン問題〕 東京新聞: 提供中止で小田原市議会が決議 「給食に冷凍ミカンを」

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120615/CK2012061502000117.html?ref=rank

 県内産冷凍ミカンから微量の放射性セシウムが検出されたのを理由に、横浜市と鎌倉市が学校給食で冷凍ミカンの提供を中止している問題で、ミカンの生産量が多い小田原市の市議会は十四日、「農産物に対する風評被害の拡大につながりかねない」と、給食で冷凍ミカンの提供を要望する決議案を賛成多数で可決した。

 決議案は七会派のうち六会派の代表が連名で提出。「農産物の生産に励む県内農家の存続を危うくさせる憂慮すべき事態」とも記した。署名を見送った会派の議員は「自治体にも独自の安全基準を設ける権利はある。生産者保護は国などに訴えていく」とした。

 県内産冷凍ミカンは、横浜市や鎌倉市などが独自に放射性セシウム濃度を測定。国の新基準値(一キログラム当たり一〇〇ベクレル)を大幅に下回ったが、保護者の要望を重視し、給食での使用を中止している。 (横光竜二記者)

Posted by 大沼安史 at 09:54 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔給食に冷凍ミカン問題〕 東京新聞: 提供中止で小田原市議会が決議 「給食に冷凍ミカンを」: