« 〔被曝棄民〕★★★★★ 東電報告書に「虚偽」記載疑惑 /「浪江町には13日から社員が訪問し、状況説明を実施」 /浪江町の馬場町長 「誰も来なかった。東電は嘘つきだ」 /東電の「隠蔽」工作を、豪ABCが批判報道 | トップページ | 〔フクイチ放射能地獄〕★★★★★ 福島第一1号機、建屋内で過去最大の線量計測/これが「冷温停止状態」の現実!/建屋地下 毎時1万300ミリ・シーベルトを計測/ 作業員の年間被曝(ひばく)限度である50ミリ・シーベルトにわずか約20秒で達し、約6分で嘔吐(おうと)などの急性症状が出る。廃炉に向け、建屋地下では汚染水の漏えい場所の特定や修復が必要だが、東電は「作業員が入れるレベルではなく、ロボットを使った難しい作業になる」と話す。 »

2012-06-28

〔被曝受難〕★★★★★ 福島市から避難したお母さんからのコメント /「そこまでしても、鼻血を出す子が続出し、下痢、頭痛が止まらない子がたくさんいました」「娘の友達が何人も白血病の初期症状と診断され、甲状腺の異常が見つかった子もたくさんいました」/報道も福島の現実はタブーとされ一切伝えられません。他県でも福島は閉じ込めておいて自分たちにふりかからなければいいという考えなのでしょうか? また、今だに『大袈裟な』と思ってる方も多いのでしょう……」

 お母さんたちをつなぐブログ(22日) → http://papamama-zenkokusawakai.blogspot.jp/2012/06/blog-post_22.html?spref=tw

 ◇ 兵庫県に避難しているお母さんのコメント。以下は、その一部。

 ガイガーカウンター(放射能測定機)を買い、計ってみると驚くほどの数値が家の中でもあり、
 みんな窓際から子供ベッドを部屋の真ん中に移し

 食事にも神経を使い
 家の屋根や壁は高圧洗浄機で除染をし
 通学路の土を削り
 せめてもと週末は他県に避難をし
 そこまでしても、鼻血を出す子が続出し、下痢、頭痛が止まらない子がたくさんいました

 娘の友達が何人も白血病の初期症状と診断され、甲状腺の異常が見つかった子もたくさんいました

 母親たちはいてもたってもいられず避難しようとしますが、

 家庭や職場などで意見の食い違いが起こりあちこちで揉め事が絶えなくなりました

 うちも避難はしたものの、震災後10ヶ月間もいてしまったので娘がいつどうなるかわかりません
 娘は一生その不安を抱えて生きていかなければなりません

 一番危険な10ヶ月、避難できず福島にいてしまった親としての罪、

 無理矢理引き離して子供から全てを奪ってしまった親の罪
 何が正しかったのか全くわからず、どちらにしても子供には申し訳ないという思いだけです

 報道も福島の現実はタブーとされ一切伝えられません
 他県でも福島は閉じ込めておいて自分たちにふりかからなければいいという考えなのでしょうか?
 また、今だに『大袈裟な』と思ってる方も多いのでしょう……

Posted by 大沼安史 at 08:40 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝受難〕★★★★★ 福島市から避難したお母さんからのコメント /「そこまでしても、鼻血を出す子が続出し、下痢、頭痛が止まらない子がたくさんいました」「娘の友達が何人も白血病の初期症状と診断され、甲状腺の異常が見つかった子もたくさんいました」/報道も福島の現実はタブーとされ一切伝えられません。他県でも福島は閉じ込めておいて自分たちにふりかからなければいいという考えなのでしょうか? また、今だに『大袈裟な』と思ってる方も多いのでしょう……」: