« 〔カレイドスコープ〕☆☆☆ 野田政権は4号機のカタストロフィーに向き合わない | トップページ | 〔大飯再稼働許すまじ〕★★★ 東京新聞:おおい町長 再稼働同意 福井県議会 知事に一任/ 西川知事 県議会全員協議会で、菅直人前首相の浜岡原発(静岡県御前崎市)運転停止し 再稼働に向けた安全評価(ストレステスト)導入を「十分な脈絡のない対応だった」と批判。大飯原発を視察「安全性はこの目で確認してきた」と説明!/◇ 原発の安全性は目で確かめられるものらしい!! »

2012-06-14

〔首都圏にまたもホットスポット〕★★★ 東京新聞:土壌から2万ベクレル超のセシウム 多摩川河川敷/川崎市川崎区殿町先 河川事務所 除染のめど立たず/◇ 羽田空港の向かい 川崎大師の近く

 地図 → http://www.mapion.co.jp/m/35.53563055_139.75355277_8/v=m1:%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%B8%82%E5%B7%9D%E5%B4%8E%E5%8C%BA%E6%AE%BF%E7%94%BA/
 記事 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012061490093829.html?ref=rank

 神奈川県川崎市川崎区殿町先の多摩川河川敷の土壌から一キログラム当たり約二万七〇〇〇~二万一〇〇〇ベクレルの高濃度の放射性セシウムが検出されていたことが分かった。河川敷を管理する国土交通省京浜河川事務所が五月に汚染物質を調べて判明した。同事務所は「今のところ除染の予定はたっていない」としている。 (山本哲正記者)

 河川事務所は「原発事故由来と考えられる」と分析。五月三十日までに、三カ所の土を土のうなどで覆い、川崎市の除染の目安である「毎時〇・一九マイクロシーベルト」を上回る範囲をロープで囲った。市と連携し、定期的に監視する。

 廃棄物であれば「指定廃棄物」として国が処理を求められる基準値「一キログラム当たり八〇〇〇ベクレル」を大幅に超えているが、土壌であるため対象にならない。河川部の汚染についても国の対策の方針が決まっていないという。

 除染のめどが立たない現状に、市民から「汚染された土が流出するのも心配。早く撤去してほしい」など、不安の声が上がっている。

Posted by 大沼安史 at 04:59 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔首都圏にまたもホットスポット〕★★★ 東京新聞:土壌から2万ベクレル超のセシウム 多摩川河川敷/川崎市川崎区殿町先 河川事務所 除染のめど立たず/◇ 羽田空港の向かい 川崎大師の近く: