« 〔ENEニュース〕 ニューヨークの医師、コンラード・ミラー氏が「太平洋の(魚など)すべての生物に注意しなければならない」と警告! | トップページ | 〔ENEニュース〕★★★ フクシマの真相 「チェルノブイリの最も汚染がひどいレッド・フォレストを超えている」 「すにで250mSv/時をオーバー 車内でも300超え」 フクイチ原子野の走行測定ビデオ 英語字幕つきで世界拡散開始! »

2012-06-10

〔ENEニュース〕★★★ フクイチ被曝マグロ問題で、アーニー・グンダーセンさんが警告 「汚染レベルはこれからもっと高くなる」 ニューヨークのラジオ(WBAI)の番組(7日放送)で警告 /ほんとうに恐ろしい! こんご2、3年で終わると思ったら大間違い!/◇ マグロたちは東電の社員らのように「一部要員」を残して、現場を放棄することはできかった!

 “Truly Frightening”: Higher and higher radioactivity levels expected to continue for years in bluefin tuna (VIDEO)
 → http://enenews.com/frightening-every-bluefin-tuna-high-levels-cesium-higher-higher-levels-radioactivity-expected-continue-years-audio (◇は大沼)

 グンダーセンさんは、カリフォルニア沖で捕獲されたマグロ(全頭)からフクイチ発のセシウムが検出された問題について、一般に考えられている以上に状況は深刻で「ほんとうに恐ろしい」と述べ、これから被曝レベルはどんどん高まる、このトレンドが2、3年で終わると思ったら、大間違いだと警告した。

 フクイチによる太平洋「死の海」化は、いま幕を開けたばかりだ!

 It’s probably more serious than what you just said.

 It’s truly frightening.……

 So one would expect that now as more and more tuna start to swim toward the US we’ll see higher and higher levels of radioactivity in the tuna.

 I don’t think that trend is going to stop for the next couple of years.

Posted by 大沼安史 at 05:29 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ENEニュース〕★★★ フクイチ被曝マグロ問題で、アーニー・グンダーセンさんが警告 「汚染レベルはこれからもっと高くなる」 ニューヨークのラジオ(WBAI)の番組(7日放送)で警告 /ほんとうに恐ろしい! こんご2、3年で終わると思ったら大間違い!/◇ マグロたちは東電の社員らのように「一部要員」を残して、現場を放棄することはできかった!: