« 〔被曝受難〕北海道新聞 : 東電への賠償請求 道内避難者も和解仲介 初の集団申し立て | トップページ | 〔ENEニュース〕死の灰マグロの捕獲は昨年8月 今になって検出と公表 「半年間、知らずに食べていた恐れ」 »

2012-05-31

〔烏賀陽 弘道さん〕JBpress : ★★★ 福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者 無視され、死蔵された「原子力防災」の知見/◇ 「いや、それは内科医が『内臓を見ていないから病気が診断できない』と言うようなもの」/全国の原発事故対策システム設計運用責任者だった松野元さんの証言で、政府・安全委などの「責任逃れ」の逃げ口上が全発覚!

→ http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35339 (◇は大沼)

 松野元さんは全国の原発事故の対策システムを設計運用する責任者だった。

 原子力安全基盤機構(当時は原子力発電技術機構)の緊急時対策技術開発室長だった当時、「ERSS」(緊急時対策支援システム)の改良と実用化を担当したという。ERSSは、原発事故が起きたときに、原子炉の圧力や温度、放射性物質放出量の予測といったデータをオフサイトセンターや東京の関係部署に送る重要なシステムだ。

 ……「率直に言って、たとえSPEEDIが作動していなくても、私なら事故の規模を5秒で予測して、避難の警告を出せると思います。『過酷事故』の定義には『全電源喪失事故』が含まれているのですから、プラントが停電になって情報が途絶する事態は当然想定されています」

 「台風や雪崩と違って、原子力災害は100倍くらい正確に予測通りに動くんです」

 ──「全交流電源喪失」はどの時点で分かるのですか。どこから起算すればいいのですか。

 「簡単です。『原子力災害対策特別措置法』第15条に定められた通り、福島第一発電所が政府に『緊急事態の通報』をしています。3月11日の午後4時45分です。このときに格納容器が壊れることを想定しなくてはいけない。つまり放射性物質が外に漏れ出すことを考えなくてはいけない。ここからが『よーい、スタート』なのです」

 ──首相官邸にいた班目春樹(原子力安全委員会)委員長は「情報が入ってこなかったので、総理に助言したくでもできなかった」と言っています。SPEEDIやERSSが作動していないなら、それも一理あるのではないですか。

 「いや、──首相官邸にいた班目春樹(原子力安全委員会)委員長は「情報が入ってこなかったので、総理に助言したくでもできなかった」と言っています。SPEEDIやERSSが作動していないなら、それも一理あるのではないですか。

 「いや、それは内科の医師が『内臓を見ていないから病気が診断できない』と言うようなものだ。中が分からなくても、原発災害は地震や台風より被害が予測できるものです」……

Posted by 大沼安史 at 03:32 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔烏賀陽 弘道さん〕JBpress : ★★★ 福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者 無視され、死蔵された「原子力防災」の知見/◇ 「いや、それは内科医が『内臓を見ていないから病気が診断できない』と言うようなもの」/全国の原発事故対策システム設計運用責任者だった松野元さんの証言で、政府・安全委などの「責任逃れ」の逃げ口上が全発覚!: