« 〔みえない雲警報〕)スイス気象台によると、本日(3日 木曜日)は朝方、矢印のようなかたちをとって、会津・新潟・佐渡を結ぶ線上に流れた気団が、夕方には時計の反対方向に回り込みながら、舞鶴沖に到達、夜半にかけて石川・福井方面に再上陸する。 | トップページ | 〔核科学者報(BAS)〕最新(5・6月)号で「低線量被曝リスク問題」を特集 無料ダウンロードで論文を公開 »

2012-05-03

〔瀬戸内寂聴さん〕2日 経産省前テントひろばに座り込んで 「これまで生きてきて、福島の原発事故のような恐ろしいことは戦争以外に一度もなかった。政府は再稼働をどうして焦るのか。原発事故は人災であり、同じことを繰り返しては子どもや若い人たちがかわいそうだ」

 東京新聞 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012050290135612.html 

Posted by 大沼安史 at 09:08 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔瀬戸内寂聴さん〕2日 経産省前テントひろばに座り込んで 「これまで生きてきて、福島の原発事故のような恐ろしいことは戦争以外に一度もなかった。政府は再稼働をどうして焦るのか。原発事故は人災であり、同じことを繰り返しては子どもや若い人たちがかわいそうだ」: