« 〔大飯・再稼働許すまじ〕再稼働で経産副大臣ら大飯常駐 細野氏、監視体制を構築/◇ そんなに常駐したいのなら、フクイチの免震棟に常駐し、政務3役も現場で復旧作業にあたれ! | トップページ | 〔大飯・再稼働許すまじ〕大津市が大飯再稼働に慎重姿勢 »

2012-05-30

〔東京新聞〕原子力規制庁法案、修正協議へ 首相「設置は急務」

 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012052901002059.html

 原子力の安全規制を一元的に担う原子力規制庁の設置関連法案と、自民、公明両党の対案が29日の衆院本会議で審議入りした。野田佳彦首相は「国民の不安に応えるため一日も早く新たな組織の下で規制、防災体制を整えることが急務だ」と述べ、野党に協力を求めた。自公両党とも新組織の早急な設置が必要との認識では一致しており、修正協議が本格化する見通しだ。

 自公両党は、東京電力福島第1原発事故発生後の菅直人前首相の対応が「事故収束の現場に大混乱を起こした」と批判。政治からの独立性が高い新組織にすべきだと主張しており、今後の議論の焦点になる。

Posted by 大沼安史 at 03:14 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞〕原子力規制庁法案、修正協議へ 首相「設置は急務」: