« 〔東京新聞〕「スイシンジャー」谷中に現る!! 来月2日、原発考える集会/◇ ♪ ゲット、ゲット、ゲット、原発マネー! | トップページ | 〔桐生・庭山由紀市議〕議会事務局は議員の保護者じゃありません/◇ 「なんなんだ。なさけないのう・・・」 »

2012-05-29

〔東京新聞〕群馬 庭山市議に抗議文提出へ ツイッター問題で桐生市議会

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120529/CK2012052902000136.html?ref=rank (◇は大沼)

◇ 庭山市議の懸念は、この国の深刻な事態に警鐘を鳴らすものだ。内部被曝は血液さえも穢す。

 以下は、ある女性のツイッター。わたし(大沼)も同感です。

 # こないだ病院にいったときに、入院したらもしかしたら汚染米を食べさせられるのかと思って戦々恐々とした。もし手術となったら、放射性物質が入った血液の輸血も必要となるかもしれない。だから、汚染されたものは誰もが食べてはいけない。100ベクレルは食品ではない放射性廃棄物です。

            #

 桐生市の庭山由紀市議(43)が、市内の献血募集についてインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」に「献血の車が止まっているけど、放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか?」とつぶやいた問題で、市議会四会派の代表者会議が二十八日あり、庭山氏へ抗議文を出す方針を決めた。

 各派代表者と荒木恵司議長は、定例会が開会する六月八日までに、放射線が血液に影響するかどうかを献血の機関や有識者に聞くなど調べた上で、庭山氏に謝罪を求めることを確認した。

 議会事務局によると、各派代表者会議は代表でない市議に出席義務はなく、庭山氏は出なかった。二十五日の同会議に出た際は「桐生市は放射能汚染地域だと思っている」などと述べ、つぶやきを訂正しない考えを示した。

 二十五日のつぶやき後から二十八日午後四時まで、議会事務局や市役所には庭山氏への批判を中心に市内外から電話計百九十件、電子メール計五百四件が寄せられた。 (中山岳記者)

Posted by 大沼安史 at 02:21 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞〕群馬 庭山市議に抗議文提出へ ツイッター問題で桐生市議会: