« 〔ENEニュース〕★ フクニ 原子炉 底割れ? 爆発の噂も Book by Fukushima Worker: Bottom of Daini reactor may be ‘broken through’ — Rumors of possible explosion | トップページ | 〔ENEニュース〕★★★ ワイデン議員の「4号機プール」警告を地元の有力紙、「オレゴニアン」が社説で取り上げ 「プール崩壊でオレゴンの私たちはたいへんな目に遭う」 »

2012-04-24

〔ENEニュース〕★★★ 4号機プールに2つの破局シナリオ ◆ 冷却水喪失――900度で引火 大量の放射性物質を大気中に放出 注水、逆効果の恐れ ◆ 倒壊で核燃料 地上に散乱 致死線量で近づけず 破滅的な惨事になる恐れ 原子力の専門家が警告

 Nuclear consultant examines No. 4 spent fuel pool scenarios: Loss of Water vs. attering of Fuel Rods
 → http://enenews.com/nuclear-consultant-examines-4-fuel-pool-scenarios-loss-water-scattering-fuel-rods

 グリーンピース・ドイツと米国FOE(地球の友)の原子力問題コンサルタントのショーン・バーニー(Shaun Burnie)は23日、「アジア・パシフィック・ジャーナル」に掲載された記事の中で、「4号機プール」の破局シナリオについて、以下のように指摘し、警告した。

 4号機核燃プールが重大な損傷を受けた時、東電としてどのような対応策があるのか?

 放水、そしてボロン、砂の投入が最も重要なことだと思われる。しかし、冷却水が喪失し、建屋が崩壊したあとの注水には、状況をさらに悪化させかねないリクスがある。もし、使用済み核燃料が900度前後まで過熱したとすると、注水によって酸化還元反応(oxidation)が進み、大気中へ、より多くの核種の放出が進むことになる。フクイチに数千本ある核燃料の被覆のジルコニウム合金は900度以上で引火する。1・2・3号機の炉心での溶融は、2800度で起きたけれのだけれど。

 もうひとつの重要なファクターは、プールが倒壊し、中の使用済み核燃料が地上に撒き散らされる可能性である。そうなると、対処の仕方はさらに難しくなる。作業員が緊急出動しても、散らばった核燃料棒にアクセスすることはできなくなる恐れある。致死的

なレベルのガンマ線の照射があるからだ。しかし、線量レベルによっては、ロボットを遠隔操作で動かすことが出来るかも知れない

。燃料棒は水没させないと、放射能を放出し続ける。しかし、近づくこともクレーンを使うこともできないとすると――放射性物質

の放出は毎日、そして毎週、続いて行くことになる。それは日本の破滅的な惨事になるうることだ。
 
 In the event of further severe damage to the spent fuel pool in Unit 4 what are TEPCO’s options?

 Water spraying and the use of materials such as boron and sand would appear the most relevant. The risk is that, with water spraying on Fukushima Daiichi unit 4 following a loss of the cooling water and even collapse of the building, this could make the situation worse – if the spent fuel rods have gone beyond 900 degrees then the water will provide further oxidation helping to release more radionuclides into the atmosphere. The zircalloy fuel cladding around the thousands of fuel rods at Fukushima Daiichi ignites at 900 degrees and above – fuel melting as seen in the cores of units 1, 2 and 3 occurs at 2800 degrees.

 Other important factors include the possibility that the pool collapses and the spent fuel rods are scattered on the ground with the result that the complexity of dealing with the problem is magnified. Emergency worker access to these rods may be impossible as they will be emitting lethal levels of gamma radiation. Remote access through the use of robots may not be feasible given the radiation levels. The rods will continue to release radiation until they are secured under water – but without access to the rods and the use of a crane this would not be possible – so a prolonged nuclear release over days and weeks would be potentially catastrophic for Japan.

◇ ソース → http://japanfocus.org/-Murata-Mitsuhei/3742

Posted by 大沼安史 at 05:14 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ENEニュース〕★★★ 4号機プールに2つの破局シナリオ ◆ 冷却水喪失――900度で引火 大量の放射性物質を大気中に放出 注水、逆効果の恐れ ◆ 倒壊で核燃料 地上に散乱 致死線量で近づけず 破滅的な惨事になる恐れ 原子力の専門家が警告: