« 〔ENEニュース〕☆☆☆ フォトジャーナリスト、小原一真さん 「40年後も業務が残っているってことは結局、今年生まれた赤ちゃんだって、今学校で勉強している子どもたちだってそこで働いているかも知れないわけですよね」 Babies born this year may beworking at Fukushima Daiichi one day -Worker/◎ 嗚呼、この国の未来世代によって――いま生まれ、育ちつつある子どもたちによって、担われ続ける、フクイチ廃炉作業……! | トップページ | 〔院長の独り言〕 福島の子どもたちからの手紙 「わたしは何さいまで生きられますか?」/そして5月に行なわれる福島市の小学校鼓笛パレードのこと »

2012-04-22

〔フクイチ原発作業員の発言〕☆☆☆☆☆ 誰かがやらねば……「おれが行って終了するんだったら、なんぼ線量食ったっていい」/「「娘のお墓がここにあるんですよ。俺だけでも残ろうって」/「『福島、頑張ろう』と言われても、頑張っているしねえ」

 ◇ソース 3月12日 関西テレビ「ニュースアンカー」:「原発作業員の素顔 ジャーナリストの記録」
 → http://www.youtube.com/watch?v=mT0AfnxwC-0

 ◎ このニュース番組で紹介された作業員のみなさんの声の一部を紹介します。27人――川内村の建設会社の人たちです(大沼

 書き起こし)。

 ◇ 新妻浩昭さん(51) 「おれが行って全部が終了するんだったら、なんぼ線量食ったっていい」

 ◇ 辻 勉さん(48)  「家族には大丈夫だからと言ってますけど……」

 ◇ 渡邉 仁さん(39) 「娘のお墓がここにあるんですよ。家族はみんな避難させたけど、俺だけでも残ろうって」

 ◇ 小川 篤さん(43) 「震災食後だったら、俺どんあことできたんだろうなって。何で俺すぐ来なかったのかって後悔が強

いです」

 ◇ 白岩照光さん(55) 「若い人はこれから結婚して子どもをつくるんだから、やっぱり私らの年齢の人が頑張らないと駄目

ですよ」

 ◇ 遠藤篤志さん(25) 「でもテレビで見るほど、俺らって全然悲観的じゃないですよ。『福島、頑張ろう』と言われても、

頑張っているしねえ」

Posted by 大沼安史 at 03:39 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ原発作業員の発言〕☆☆☆☆☆ 誰かがやらねば……「おれが行って終了するんだったら、なんぼ線量食ったっていい」/「「娘のお墓がここにあるんですよ。俺だけでも残ろうって」/「『福島、頑張ろう』と言われても、頑張っているしねえ」: