« 〔被曝地・NEWS〕 利根川のギンブナから110ベクレル/ ENFORMABLE フクイチから180キロ離れているのに! | トップページ | 〔ストレステスト〕 EU、原発審査報告書やり直し /「数字など具体性を欠く」 »

2012-04-27

〔被曝地・NEWS〕 楢葉町の立ち入り緩和要望に国「ゼロ回答」/「警戒区域は住民の安全を守るための強制力を伴う規制」 

 毎日新聞 → http://mainichi.jp/select/news/20120427k0000m040079000c.html

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難区域再編で、警戒区域(20キロ圏内)から住民の立ち入りが自由になる避難指示解除準備区域(年間被ばく線量20ミリシーベルト以下)への見直しを目指す福島県楢葉町が、警戒区域への立ち入り規制緩和などを求めていた問題で、国は26日、実質的な「ゼロ回答」をした。町は今月末までの草野孝町長任期中の再編を断念した。

 いわき市の楢葉町役場を訪れた国の原子力災害現地対策本部の富田健介審議官らが「警戒区域は住民の安全を守るための強制力を伴う規制で、(町民に立ち入りを認めるのは)制度上無理」などと回答した。……

Posted by 大沼安史 at 02:01 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔被曝地・NEWS〕 楢葉町の立ち入り緩和要望に国「ゼロ回答」/「警戒区域は住民の安全を守るための強制力を伴う規制」 :