« 〔みえない雲・警報〕 スイス気象台によると、本日(24日 火曜日)は、朝方、岩手南部をしんがりに、宮城県沖の太平洋に吹き出された気団に代わって、昼以降、フクイチから茨城沖へ放出された流れが、夕方になって銚子方面に上陸、そのまま夜にかけ、房総半島の東部を縦断する。 | トップページ | 〔東京新聞〕 原子力委、事業廃止コスト上乗せ 使用済み燃料再処理継続狙う?/事務局、座長の指示に従わず計算 費用膨れ上がる »

2012-04-24

〔東京新聞〕 大阪「8項目」提案 政府、「大飯」には適用せず/橋本氏 「政治家や政権が安全宣言をするのはおかしい。政権が決めた手続きが安全かどうかは、科学者も誰もお墨付きを与えていない」と反発

 → http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012042490135441.html

 大阪市の橋下徹市長は二十四日午前、藤村修官房長官と首相官邸で会談し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働問題について、原発百キロ圏内の都道府県との安全協定締結など再稼働に関する八項目の提案を実現するよう申し入れた。藤村氏は将来的な検討課題とした上で、大飯原発については「手続きを今、進めている話だ」と述べ、提案とは切り離して早期再稼働を目指す意向を示した。

 会談には大阪府の松井一郎知事も同席した。橋下氏は「政治家や政権が安全宣言をするのはおかしい。政権が決めた手続きが安全かどうかは、科学者も誰もお墨付きを与えていない」と述べ、野田佳彦首相と関係三閣僚による再稼働の決定に反発した。

 橋下氏は会談後、藤村氏が提案を大飯原発再稼働の判断材料にしない考えを示したことについて、記者団に「残念だ」と表明。政府の方針については「国家運営の重大な危機だ」と厳しく批判した。

 滋賀県、京都府も政府方針に納得しておらず、政府と原発周辺自治体の溝はますます広がった。

Posted by 大沼安史 at 03:46 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞〕 大阪「8項目」提案 政府、「大飯」には適用せず/橋本氏 「政治家や政権が安全宣言をするのはおかしい。政権が決めた手続きが安全かどうかは、科学者も誰もお墨付きを与えていない」と反発: