« 〔みえない雲・警報〕 スイス気象台によると、本日(28日 土曜日)は朝、茨城へ南下を開始、午後には埼玉・栃木方面に流れ、深夜に、そのまま消失する。一方、宮城県では午前中、塩釜付近に小さな島状の気団が出現、そのまま夜にかけて栗駒方面に流れる。 | トップページ | 〔注目ブログ・NEWS〕埼玉県 寄居町の死亡者数が異常/◎ 2011・12から3ヵ月間 前年同期の1.45倍の伸び率 / 総合的資源循環型モデル施設の所在地  »

2012-04-28

〔武田邦彦さん〕 あと3年・・・日本に住めなくなる日 2015年3月31日

 → http://takedanet.com/2012/04/32015331_272e.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

 ……これから計算しますと、若干の内部被曝なども加味して、三重県の外部からの被曝が1年5ミリになるのは、2012年1月から3年4ヶ月後となります。つまり、2015年4月1日になると、三重県には住めなくなるという計算結果です。

 三重県はほぼ日本の平均的な線量率ですから、ほぼ日本に住めなくなることを意味しています。

 1年5ミリというと成人男子でも白血病になったら「労災」が適応される線量です。つまり、日本国は「1年5ミリの被曝を受けたら、白血病になる」と認定してきたのです。もちろん、現在の日本政府は知らない顔をするでしょうが、これは厳然とした事実なのです。また電力会社の従業員も1990年ぐらいから1年1ミリに自主規制してきているのですから、1年5ミリの場所に子供も一緒に住むわけにはいきません。……

 ……このブログでも再三、書いてきましたし、国会の委員会でも参考人で述べましたが、「福島の除染、汚染された野菜、瓦礫の運搬」を続けていると、日本には住めなくなります。

 福島原発から漏れた量が80京ベクレルであること、これは日本に拡散したら日本が住めなくなる数字であることを認識し、政府、自治体、電力は本腰になって日本列島を汚染されないように全力で取り組んでください。

Posted by 大沼安史 at 10:46 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔武田邦彦さん〕 あと3年・・・日本に住めなくなる日 2015年3月31日: