« 〔国会事故調・NEWS〕☆☆☆ 「東電と福島県 連絡協定違反」 浪江町、国会事故調に/馬場町長 「歩いてでも報告に来るべき」/SPEEDI 連絡あれば「別の避難方法もあった」/◎ ★ 国会事故調として刑事告発を! | トップページ | 〔国会事故調・NEWS〕 浪江町 行政区長会の鈴木充会長 避難時に渋滞 「長時間放射線にさらされた。避難道整備が必要」/町PTA連絡協議会の佐藤隆会長、「避難所にヨウ素剤が届いたが服用基準が分からず飲ませることができなかった」 »

2012-04-22

〔国会事故調・NEWS〕 放射線への不安次々 浪江町民と意見交換 /☆☆☆ 黒川委員長「これまでの調査では、これ以上苦しい思いをする人が出ないようにとの意識が政府には薄い」/元放射線医学総合研究所主任研究官の崎山比早子委員、「被ばく線量は低ければ低いほどいい」、社会システムを専門とする横山禎徳委員は「放射能の影響は個人差があり、平均でここなら大丈夫という話ではない。個人個人の状況を追っていかないといけない」と避難者の質問に答えた

 河北新報 → http://www.kahoku.co.jp/news/2012/04/20120422t61003.htm

 

 

Posted by 大沼安史 at 02:50 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔国会事故調・NEWS〕 放射線への不安次々 浪江町民と意見交換 /☆☆☆ 黒川委員長「これまでの調査では、これ以上苦しい思いをする人が出ないようにとの意識が政府には薄い」/元放射線医学総合研究所主任研究官の崎山比早子委員、「被ばく線量は低ければ低いほどいい」、社会システムを専門とする横山禎徳委員は「放射能の影響は個人差があり、平均でここなら大丈夫という話ではない。個人個人の状況を追っていかないといけない」と避難者の質問に答えた: