« 〔河北新報〕 「神話の果てに 東北から問う原子力」 第2部・迷走(5完)曖昧/屋内退避、暮らし奪う /10日間にも及んだ屋内退避と、その後の自主避難要請こそ、住民の生活基盤を破壊した側面も否定できない | トップページ | 〔被曝地・NEWS〕 高線量地域除染せずも検討へ /「放射線量が高い地域では、除染の作業もままならず、仮に行っても、今、今の技術では効果的に線量を下げることは難しい」という指摘や「巨額の費用がかかる除染よりも、長期間、帰還できない住民への支援を充実させるべきだ」といった意見が »

2012-04-25

〔死の灰ガレキ・NEWS〕 ツイッターに「放射能が拡散」、真鶴町議が焼却灰の県外搬出で 神奈川 / 村田知章・町議(37)/ 一部町議が問題視し、27日の臨時会に村田町議の辞職勧告決議案を提出する見通しとなった

 神奈川新聞 → http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1204250004/

◇ 村田知章町議 ツイッター → https://twitter.com/#!/MurataTomoaki

 # 村田知章 ‏ @MurataTomoaki

 焼却灰を奈良県の業者に委託/湯河原(カナロコ) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120302-00000016-kana-l14 関東の焼却灰は関西に比べ放射能汚染度が高い。奈良県の業者への委託は放射能の拡散につながるので、私は反対である。少なくとも県内で処理すべきである。西日本まで汚染を広げてはならない。(3月3日)

◇  同ホームページ → http://sky.geocities.jp/manaduru_love/

◇  同ブログ → http://blogs.yahoo.co.jp/manaduru_love

◇ 関連ブログ portirland → http://portirland.blogspot.jp/2012/04/blog-post_1111.html

       #

 神奈川新聞 → http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1204250004/

 湯河原、真鶴両町のごみ焼却灰が処分場の地下水汚染が原因で県外搬出を余儀なくされた問題をめぐり、村田知章真鶴町議(37)がツイッター(短文投稿サイト)で「放射能の拡散につながるので反対」などと書き込んでいたことが、24日分かった。焼却灰の放射性セシウムは国の基準値を下回っていたが、搬出先が書き込み後に受け入れを中止したことなどから一部町議が問題視し、27日の臨時会に村田町議の辞職勧告決議案を提出する見通しとなった。

 県外搬出は地下水汚染発覚後の1月から始まり、両町の衛生組合は奈良県の民間処分場に焼却灰の埋め立てを委託。これについて村田町議は3月3日、「関東の焼却灰は関西に比べ放射能汚染度が高い。奈良県の業者への委託は放射能の拡散につながるので、私は反対である。少なくとも県内で処理すべき」などと書き込んだ。

 関係者によると、その前後から焼却灰の受け入れを疑問視する別の書き込みや抗議が相次ぎ、民間処分場は同7日に受け入れを中止。組合は別の搬出先を探す必要に迫られ、「現在は町外に一時保管している」という。組合が2月に行った焼却灰の検査では1キログラム当たり144~490ベクレルの放射性セシウムが検出されたものの、国の基準値(8千ベクレル)は下回っていた。

 こうした経緯や状況は衛生組合にも報告され、村田町議からの聞き取りも行ったが、道義的責任を問う声が一部で上がり、今月24日に開かれた真鶴町議会の議会運営委員会などで、辞職勧告決議案を提出することが報告された。

 発議したのは、青木嚴、青木繁の両町議で「書き込んだ内容は法的には問題ないが、町議員として騒動の一因をつくった社会的、道義的責任がある」(青木嚴町議)などと理由を説明している。

 村田町議は神奈川新聞社の取材に対し、「考え方は今も変わらない。(今回の件に伴う)両町の関係悪化は避けたいが、辞職勧告は表現の自由を侵害しかねないもの」などと話している。 

Posted by 大沼安史 at 05:16 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔死の灰ガレキ・NEWS〕 ツイッターに「放射能が拡散」、真鶴町議が焼却灰の県外搬出で 神奈川 / 村田知章・町議(37)/ 一部町議が問題視し、27日の臨時会に村田町議の辞職勧告決議案を提出する見通しとなった: