« 〔東京新聞〕★ 世界版SPEEDI 「全部公表」データに穴 /昨年3月15日分 /3月14日午後9時、フクイチから放出された放射性ヨウ素、15日朝 千葉市内 毎時10テラベクレル(一テラは一兆)と算出/文科省、安全委 発表責任押し付け合う | トップページ | 〔東京新聞〕 ★「21メートル津波対応を」 浜岡原発 保安院、中部電に指示/18M防波堤 さらに3M以上かさあげへ/◎ 核燃料をプール分を含め移設し、廃炉するしかない! »

2012-04-03

〔東京新聞〕 安全委が公表すべきだ 世界版スピーディ 文科相が見解

 夕刊 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012040302000248.html

 東京電力福島第一原発事故で広範囲の放射性物質の拡散を予測する「世界版(W)SPEEDI(スピーディ)」の試算結果の中に公表漏れがあった問題で、平野博文文部科学相は三日の閣議後会見で「試算結果が届けられた原子力安全委員会の方で公表するものだと思う」と述べ、文科省は主体的に公表する立場でないとの見解を明らかにした。

 今後について、平野氏は「文科省や安全委のどちらがということではなく、協議して公表すればいい」と説明。事故から一年以上公開漏れになっている原因については「結果的には文科省と安全委の連絡が不十分だったと思う」と認めた。

 公表漏れになっているのは、文科省が昨年三月十五日に日本原子力研究開発機構に依頼した試算結果。翌十六日に放射線モニタリングでの省庁の役割が決まったことを受け、測定値の評価を担当することになった安全委に結果が送られた。文科省にも結果は参考として届いており、公表をめぐって文科省と安全委の見解が対立している。

Posted by 大沼安史 at 02:49 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞〕 安全委が公表すべきだ 世界版スピーディ 文科相が見解: