« 〔世界が怯える4号機プール〕 東電 プール底部に設置した支持構造物の現場写真を公開 | トップページ | 〔ENEニュース〕★ フクニ 原子炉 底割れ? 爆発の噂も Book by Fukushima Worker: Bottom of Daini reactor may be ‘broken through’ — Rumors of possible explosion »

2012-04-24

〔ENEニュース〕 ★★★ 高汚染地でいまだに数万人が暮らしているのは、日本政府がこれらの人びとを棄民しているようなものだ 海外の専門家が非難!

 → http://enenews.com/nuclear-expert-tens-of-thousands-still-living-in-areas-highly-contaminated-by-fukushima-radiation-effectively-abandoned-by-govt

 グリーンピース・インターナショナルの放射線専門家、ヤン・ヴァンデ・プット氏は23日のアルジャジーラ英語版で、以下のように指摘した。

 ・ 日本政府はいまになってようやく、放射能汚染地への帰還が当初、言っていたより、非常に難しい問題であることに気づいている。

 ・ 日本の当局者たちは1年間にわたり、避難した人々の中に、誤った期待感をふくらませて来た。そして彼らが今になってもまだ、問題の本質に向き合っていない。数万人の人びとは高度被曝地で今日も生きている……この解決策は何の手助けにもなかない。避難区域への帰還を優先することは、これら苦難に直面している人々を棄民しているのに等しい。

 [...] “The Japanese government at last recognises that the return to contaminated zones will be far more complex than they originally stated,” Jan Vande Putte, radiation expert at Greenpeace International, told Al Jazeera on Monday.

 “For about a year, they have been creating false expectations to the evacuated population. However, they still miss the point. Tens of thousands of people are still living today in highly contaminated areas…This population gets no help and by giving priority to the return of population to evacuated zones, the government has effectively abandoned this critical group.”

He said the government had now admitted that decontamination would be “far more complex that [it] originally said”. [...]

◇ ソース → http://www.aljazeera.com/news/asia-pacific/2012/04/2012423133539728838.html

Posted by 大沼安史 at 05:04 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ENEニュース〕 ★★★ 高汚染地でいまだに数万人が暮らしているのは、日本政府がこれらの人びとを棄民しているようなものだ 海外の専門家が非難!: