« 〔東京新聞・長谷川幸洋さん〕国会の調査機能を強めよ/国会事故調 「原子力安全・保安院の院長を参考人に呼んだときは委員たちが舌鋒鋭く追及し、原発再稼働をめざして政府がつくった安全基準は、安全確保にまったく不十分な代物である点があきらかになった」/政争に明け暮れるだけが国会議員の仕事ではない | トップページ | 〔Fukushima Diary〕岩手県 尿検査 132人中119人の尿中から放射性セシウムをが検出/◇ 県の有識者会議「放射線による健康調査は極めて小さい」と結論付け/☆☆☆ 県産婦人科医会の小林高会長 県に公開質問状「評価した委員は、放射性物質の内部被ばくの専門家なのか、どこでどう選ばれたのか」/「本県においても甲状腺に放射性ヨウ素を取り込んだ可能性がある子どもたちがいるはずです。このことについて測定と評価を行い、対策を講じて不安を解消させるべきではないかと思いますが見解をお示しください」 »

2012-04-30

〔Fukushima Diary〕★★★ 福島の子どもたちの甲状腺しこりの発見率 チェルノブイリの20倍 Thyroid nodules rate in Fukushima is 20 time higher than in Chernobyl

 → http://fukushima-diary.com/2012/04/thyroid-nodules-rate-in-fukushima-is-20-time-higher-than-in-chernobyl/ (◇以

下は大沼)

◇ 福島県の18歳未満の子どもたちの35.3%から、甲状腺のしこり、のう胞が見つかったが、FDのモチズキさんの調べで、この35.3%の発見率が、山下俊一氏によってチェルノブイリ事故5~10年後、ベラルーシの最汚染地、ゴメリでの発見率、1.74%に比べ、20倍も高いことが分かった。

Posted by 大沼安史 at 02:23 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔Fukushima Diary〕★★★ 福島の子どもたちの甲状腺しこりの発見率 チェルノブイリの20倍 Thyroid nodules rate in Fukushima is 20 time higher than in Chernobyl: