« 〔ENEニュース〕 ジャパン・タイムズ ウクライナの森林学者 ジィプツェフ准教授 フクイチ最再汚染地域 「木は枯れるか、異様なかたちで成長」Japan Times on Plant Mutations: “Trees died and others grew in abnormal shapes” says ecologist visiting Japan from Chernobyl/落ち葉・下草・枝の除去による除染 「森の健康損なう」 自然にまかせるべき 菌類 放射能を封印 | トップページ | 〔フクイチ原発作業員の発言〕☆☆☆☆☆ 誰かがやらねば……「おれが行って終了するんだったら、なんぼ線量食ったっていい」/「「娘のお墓がここにあるんですよ。俺だけでも残ろうって」/「『福島、頑張ろう』と言われても、頑張っているしねえ」 »

2012-04-22

〔ENEニュース〕☆☆☆ フォトジャーナリスト、小原一真さん 「40年後も業務が残っているってことは結局、今年生まれた赤ちゃんだって、今学校で勉強している子どもたちだってそこで働いているかも知れないわけですよね」 Babies born this year may beworking at Fukushima Daiichi one day -Worker/◎ 嗚呼、この国の未来世代によって――いま生まれ、育ちつつある子どもたちによって、担われ続ける、フクイチ廃炉作業……!

 → http://enenews.com/babies-born-this-year-may-be-working-at-fukushima-daiichi-plant-one-day-worker

 ◇ソース 「原発作業員の素顔 ジャーナリストの記録」(英語字幕つき版 CCをクリック) → 

http://www.youtube.com/watch?v=JzoqZ3UaFbk&feature=autoplay&list=ULO7ltAEpNdiA&playnext=1

 3月12日放送 関西テレビ 「ニュースアンカー」 → http://www.ktv.co.jp/anchor/today/2012_03_12.html#02
 
 フォトジャーナリスト、小原一真(かずま)さん

 客観的にその原発の収束を考えた時に40年後にどうなっているんだろうって。

 40年後も業務が残っているってことは結局、今年生まれた赤ちゃんだって。

 今学校で勉強している子供達だってそこで働いているかも知れないわけですよね。

 そういう事を考えると、本当にそれをしてくれる人がいなくなったら、どうするんだっていう議論だとか、

 その人たちの労働環境だとかっていうのを

 見直さなくちゃいけないんじゃなのかなってすごく思います。

◇ 書き起こし → http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/800.html

Posted by 大沼安史 at 03:37 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ENEニュース〕☆☆☆ フォトジャーナリスト、小原一真さん 「40年後も業務が残っているってことは結局、今年生まれた赤ちゃんだって、今学校で勉強している子どもたちだってそこで働いているかも知れないわけですよね」 Babies born this year may beworking at Fukushima Daiichi one day -Worker/◎ 嗚呼、この国の未来世代によって――いま生まれ、育ちつつある子どもたちによって、担われ続ける、フクイチ廃炉作業……!: