« 〔重要論文〕 ゲイル・グリーン 「ゆがんだ科学:チェルノブイリとフクシマの後の原子力産業」 Gayle Greene: The Nuclear Power Industry After Chernobyl and Fukushima | トップページ | 〔★ 南相馬・青く光る水道水〕 ENEニュースにより世界拡散! NGO: Glowing blue tap water reported in Minamisoma, just north of meltdowns  放射性セシウムの疑い »

2012-03-02

〔★ NRCフクイチ議事録〕 2号機で大音響の爆発 ドライウエルの内部から 小規模な水蒸気爆発の疑い 落下した溶融核燃料が水と接触?

 ENEニュースは、NRCフクイチ議事録の昨年3月14日分の記録に、2号機について、「水蒸気爆発」を疑う、以下のような米政府専門家の発言(やりとり)があると報じた。
 → http://enenews.com/us-govt-experts-think-melted-fuel-rods-landed-in-water-under-reactor-no-2-causing-steam-explosion-pressure-dropped-dramatically-at-same-time-clear-indication-primary-containment-lost

ジャック・グロブ氏 いま、「大音響」がしたと言ったね。どういうことなんだ?
JACK GROB: Hey,. guys, when you said "a loud sound", what did you interpret that as?

トニー・ウルセス氏 私たち2人とも、1号機や3号機の爆発音と違うと思っている。単なる推測じゃないけど、(2号機)のコアがX-up(溶融?オシャカ?)したと思う。TONY ULSES: It was my, I think both of us believe that one of the sources, that it wouldn't -- it wasn't like the other two loud sounds with Unit 1 and 3 when the reactor building blew. You know, my guess is, and it's just, it's just pure conjecture, would be it was probably when the core went X-up.

特定できない男性 そして容器の下の水に落ちた。小規模な水蒸気爆発を起こした……
[UNIDENTIFIED MAN:] And landing in the water under the vessel, it would have caused a little steam explosion.

ジャック・グロブ氏 君は、前にもそう言っていたね。でも、容器から落下した水蒸気爆発なら、それってどういうこと? 〔(2号機の)格納容器だけど、そのとき内部の気圧が三気圧から一気圧になったということも聞いているんだけど。
JACK GROB: That, that's what I heard you say. But what you think is that that was a steam explosion from the fuel going X-vessel, and we heard that containment at that point in time went from three atmospheres to one atmosphere.

ジム・トラップ氏 なるほど、そうか。
JIM TRAPP: That makes sense.

トニー・ウルセス氏 そうだ。そういうことかも。
TONY ULSES: Yep. It would.

 ……

ジャック・グロブ氏 2号機はとにかくひどいありさまだ。炉心の冷却がかなり長い間できなかったようだ。注水ポンプがいかれていた。そして数時間前、大きな爆発音を聞いた。ドライウエルの中からの爆発音のようだった。三気圧から一気圧に下がったのはその時だ(内部の空気圧だ)。これは格納容器が破れたことを明確に意味する。かなりの炉心溶融が起きている。そして、容器を飛び出した核燃料が、格納が破れる中で大音響を引き起こしたともおそらく言えるね。最後の確認情報がないだけだ。
JACK GROB: [...] Unit 2 is not in very good condition at all. It appears that core cooling has not existed for quite some time. It appears that the, the pumps that were injecting into the core have been deadheaded for some time. Several hours ago, there was a loud sound that appeared to come from inside the dry well, and at that time, the pressure inside primary containment went from three atmospheres to one atmosphere (essentially, atmospheric pressure). There is clear indication that primary containment is not intact, and there may also be indication that fuel, that there has been substantial core melt, and possibly even the loud sound in the breach of containment was caused by an X vessel fuel situation. That last bit of information cannot be confirmed at this time.

Posted by 大沼安史 at 05:54 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔★ NRCフクイチ議事録〕 2号機で大音響の爆発 ドライウエルの内部から 小規模な水蒸気爆発の疑い 落下した溶融核燃料が水と接触?: