« 〔★★★ HCR緊急報告〕東北自動車道 「那須高原サービスエリア(下り)」で 高レベル放射性物質『黒い粉』の大量発生を確認! | トップページ | 〔国会事故調〕 武藤東電元副社長 「全面撤退」の「議論一切ない」/菅直人首相現地入りによる「ベントの遅れ」疑惑も否定 「そもそも(ベントの)弁を開ける電源なし」「(ベント作業)進んでいたと思う」 »

2012-03-15

〔☆☆☆ 脱原発NEWS〕 ゴルバチョフ氏 「国際環境裁判所」の創設を! 「フクイチ」を念頭にルモンド紙インタビューで提言 企業経営者と国家指導者(東電経営者? 日本政府の責任者?)を裁く ゴルバチョフ氏、「脱原発」も明言

 ゴルバチョフは「フクシマ」原子力災害1周年を迎えた12日、フランスのマルセイユでルモンド紙のインタビューに応じ、「国際環境裁判所」の創設を提言した。

 国際司法裁判所は「環境犯罪」が対象で、とくに企業のトップや国家指導者たちを裁く。

 同紙(14日付け) → http://www.lemonde.fr/journalelectronique/donnees/protege/20120314/html/839102.html
 
 Oui. Je serais personnellement très favorable à la création d'un tribunal international

chargé de juger ceux qui sont coupables de crimes écologiques, aussi bien des chefs

d'entreprise que des chefs d'Etat ou de gouvernement. Ce tribunal, il faudrait évidemment en définir avec précision le statut, les règles, les compétences.

 ゴルバチョフ氏は1993年に環境防護団体、「国際緑十字(Green Cross International)」を創立、地球環境の保全と取り組んでいる人物。インタビューはマルセイユでの国際「水」会議出席に併せ、行なわれた。

 ゴルバチョフ氏はインタビューの中で、とくに1周年を迎えた「フクシマ」にふれ、「先進国の日本がフクシマの災害に直面、いまも困難と闘っている」と指摘しており、同氏の「国際環境裁判所」創設提言は、「フクシマ」を念頭に(あるいは歴代東電トップ、日本政府責任者を念頭に?)置いたものとみられる。

 言うまでもなく、ゴルバチョフ氏はソ連共産党の書記長に就任した矢先の1986年、「チェルノブイリ」の大惨事を経験した人物。

 今回のルモンド紙のインタビューでゴルバチョフ氏は、「私の人生は、チェルノブイリの前と後に分かれる」と述べ、「チェルノブイリ」が転換点であったことを指摘するとともに、「チェルノブイリ」の事故で、たった「1機の原子炉の石棺」に、「140億ルーブル」もの巨費を投入せざるを得なかった事実を明らかにした。

 「フクイチ」は原子炉だけで3機、それに4つの核燃プールがプラスされるため、後始末にかかる費用が空前のものになることを示唆する発言だが、実はゴルバチョフ氏は2006年4月の「チェルノブイリ」20周年の際、旧ソ連の崩壊の真の原因はペレストロイカではなく「チェルノブイリ」だと告白していた。
 → http://www.gorby.ru/en/presscenter/publication/show_25057/
 
 つまり、ゴルバチョフ氏は、「フクイチ」事故が、巨大な地球環境汚染であるとともに、日本の国家崩壊を招きかねない重大な事故であることも併せて示唆しているわけである。
 
 Nous soutenons une sortie progressive du nucléaire militaire et civil. J'ai vécu l'expérience de Tchernobyl, qui tient une place énorme dans ma vie. Pour moi, il y a un avant et un après-Tchernobyl. Quatorze milliards de roubles déversés en très peu de temps pour contenir un seul réacteur dans un sarcophage ! Et pour quel résultat... On aurait pu penser que…… le Japon, nation évoluée, confronté au désastre de Fukushima, s'en serait mieux sorti. Or, les Japonais se débattent toujours aujourd'hui dans les difficultés.

 ゴルバチョフ氏はまた、核軍備の廃絶とともに核の民生利用(原発)の廃止を選んだ国民を支持すると述べ、「脱原発」の姿勢を明確化した。

 Nous soutenons les pays qui ont opté pour le désarmement et pour la fin du nucléaire civil,

mais nous avons évolué dans nos prises de position.

Posted by 大沼安史 at 11:37 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/54226578

この記事へのトラックバック一覧です: 〔☆☆☆ 脱原発NEWS〕 ゴルバチョフ氏 「国際環境裁判所」の創設を! 「フクイチ」を念頭にルモンド紙インタビューで提言 企業経営者と国家指導者(東電経営者? 日本政府の責任者?)を裁く ゴルバチョフ氏、「脱原発」も明言: