« 〔ソウル核サミット〕 首相、原発の「武装治安要員」配備表明/◎ 「武装治安要員」を置く! まさか「原発に交番」? 自衛隊、あるいは警官隊を展開し、原発を防護させるなら、隊員たちの被曝防護が先決だ!  | トップページ | 〔ENEニュース〕 ★ フクシマ近隣で放射線量急増 岩手 いつもの2倍に Radiation spiked near Fukushima — Highest in months for Iwate, double normal levels 地上80mに測定機の宮城県(仙台市)では3月23日に0.075マイクロシーベルト/時を記録 山形(山形市)では24日に0.053 同日、岩手(盛岡)では0.053 »

2012-03-27

〔ENEニュース〕 ★★★ アーニー・グンダーセン氏 訪日の際、東京首都圏で採取した土壌サンプルの全てから 米国の「放射性廃棄物基準」の放射能を検出 東京で花を摘むのに放射性廃棄物並みの土にかがみ込まなければならない 最大1481ベクレル/キロのコバルト60も検出 鎌倉ではなんとウラン235を! Think about ramifications for Tokyo… How would you like kneeling in radioactive waste to pick flowers?

 動画と記事 → http://enenews.com/gundersens-tokyo-test-results-radioactive-cobalt-majority-samples-1481-bqkg-about-ramifications-nations-capital-like-kneeling-radioactive-waste-pick-flowers-video-chart 

 アーニー・グンダーセンさんが最新の「フェアウィンズ」ビデオ・ニュースで、先の来日の際、首都圏で採集した土壌サンプルの測定結果を明らかにした。

 渋谷、鎌倉、千代田区の遊び場、千代田区の屋根、日比谷公園で採取した土(湿り気のある)をプラスチックの袋に入れて米国に持ち帰り(通関して)、放射能測定機関に測定を依頼したところ、5検体とも米国の「放射性廃棄物」に該当する汚染レベルであることがわかり、テキサス州の廃棄物処理場に送って処分することになった。

 ENEニュースの記事には、セシウム134、セシウム137、コバルト60、ウラン235についての検査結果が出ているが、渋谷区のサンプルの汚染が最もひどく、セシウムのほか、コバルト60が1481ベクレル/キロも検出された。

 コバルト60は鎌倉、および日比谷公園の土壌からも検出された。

 もう一点、気になったのは、鎌倉でウラン235が「陽性」と出ていることだ。渋谷は「陰性」だったが、その他、3地点の土壌からはウラン235の「痕跡」が確認されている。これはグンダーセン氏が言っていることではないが、3号機核燃料プールの核爆発で核燃料が首都圏まで吹き飛んでことを意味するものだ。

 グンダーセンは東京の花を摘む人びとは、核廃棄物並みの土に屈み込まなければならない、こういうことをどう思いますか、と語り、もしも米国の首都ワシントンがこんな状況なら、いったいどういうことになるのか、と問題を提起。原発再稼働に慎重はNRCのヤツコ委員長の姿勢を評価している。

 野の花を摘むイメージは乙女の――撫子たちのイメージである。東京の乙女は放射能の野に手を差し伸べ、死の灰にまみれた花を摘み上げなければならない……これがフクイチによる日本の首都の現実の姿である。

 これ以上の悲劇は、そうそうあるものではない。

 

Photo

Photo_3

 

Cobalt-60 @ 40 pCi/g = 40,000 pCi/kg = 1481.48 Bq/kg

 Arnie Gundersen, Fairewinds Chief Nuclear Engineer: [...] Couple of weeks ago though, I was in Tokyo and when I was in Tokyo, I took some samples. Now, I did not look for the highest radiation spot. I just went around with five plastic bags and when I found an area, I just scooped up some dirt and put it in a bag. One of those samples was from a crack in the sidewalk. Another one of those samples was from a children’s playground that had been previously decontaminated. Another sample had come from some moss on the side of the road. Another sample came from the roof of an office building that I was at. And the last sample was right across the street from the main judicial center in downtown Tokyo. I brought those samples back, declared them through Customs, and sent them to the lab. And the lab determined that ALL of them would be qualified as radioactive waste here in the United States and would have to be shipped to Texas to be disposed of.

 Now think about the ramifications for the nation’s capital, whether it is Tokyo or the United States. How would you like it if you went to pick your flowers and were kneeling in radioactive waste? That is what is happening in Tokyo now.

[...]

 Tokyo soil in some places, the ones I just happened to find, would qualify as radioactive waste here in the United States.

 How would we feel if our nation’s capital were contaminated to that degree? So I agree with Chairman Jaczko, new nukes and old nukes that are being re-licensed should include as a cost in their analysis what we have learned to be happening in Tokyo and in Japan.

 Thank you very much and I will keep you informed.

Posted by 大沼安史 at 06:06 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ENEニュース〕 ★★★ アーニー・グンダーセン氏 訪日の際、東京首都圏で採取した土壌サンプルの全てから 米国の「放射性廃棄物基準」の放射能を検出 東京で花を摘むのに放射性廃棄物並みの土にかがみ込まなければならない 最大1481ベクレル/キロのコバルト60も検出 鎌倉ではなんとウラン235を! Think about ramifications for Tokyo… How would you like kneeling in radioactive waste to pick flowers?: