« 〔共同通信〕 飯舘村の子どもたちに歌を / NYのコンサートで初披露 | トップページ | 〔毎日新聞〕 誰もいない町、落差実感 浪江の警戒区域内で行方不明者216人 一斉捜索 県警に同行ルポ /福島 「原発は約7キロ先……あそこからどれほどの放射性物質が放たれたのか」 »

2012-02-20

〔南相馬〕 被災地代表として東京マラソンに出場する桜井市長、抱負を語る

 FNN(福島放送) → http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00217628.html

◎ マラソン出場もけっこうだが、「黒い粉」問題の解決にも全力を挙げてほしい。あなたの職務は市民の安全を守ることだ。

          #

 東日本大震災の被災地の代表として、2月26日の東京マラソンに出場する福島・南相馬市の桜井勝延市長(56)が、「諦めていないことを発信したい」と抱負を語った。

 桜井市長は「諦めていないっていうことを、みんなに発信したいだけだから」と語った。

 津波の被害を受けた沿岸部を駆け抜ける南相馬市の桜井市長。

 およそ8kmのランニングが、登庁前の日課となっている。

 南相馬市は、津波によって、631人が亡くなったほか、原発事故の影響で、今もおよそ2万2,000人の市民が避難している。

 桜井市長は「(津波犠牲の女児が)『友達と遊びたい』とか、『中学校へ行ってみたい』とか、そういういろんな声を出してるような気がするよね」と話した。

 桜井市長は、4時間を切るタイムで走りきることを目標に、26日、東京マラソンのスタートラインに立つ。 (02/20 13:03 福島テレビ)

Posted by 大沼安史 at 06:02 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/54033007

この記事へのトラックバック一覧です: 〔南相馬〕 被災地代表として東京マラソンに出場する桜井市長、抱負を語る: