« 〔EX-SFK〕 BBCドキュメンタリー「メルトダウンの内側(Inside the Meltdown)」 | トップページ | 〔ニューヨーク・タイムズ〕「 民間事故調」 船橋洋一氏 菅政権を非難 /日本国民ばかりか同盟国のアメリカにも、最も恐ろしい事故評価を隠していた »

2012-02-28

〔EX-SFK〕 南相馬市立石神第二小の校庭に設置された放射能モニタリング装置は富士電機製 

 → http://ex-skf.blogspot.com/2012/02/schools-reopen-in-former-evacuation.html

Mp_2

 EX-SFKによると、朝日新聞電子版掲載写真で、石神第二小のモニタリング測定・表示装置が「富士電機」製のものであることが確認された。

 文科省のもともとの発注先は「アルファ通信」。

 「アルファ通信」は昨年11月、契約を破棄されている。

 「測定値が不正確……ということは、政府にとっては、あまりに高すぎるため、という理由で」

 This monitoring and display device was made by Fuji Electric.

 Alpha Tsushin (telecom), the company who was initially contracted by the government to build and install radiation monitoring and display devices throughout Fukushima Prefecture, was suddenly dropped from the contract in November last year because the reading of their device was "inaccurate" - meaning it was "too high" for the government.

 EX-SFKは同校が「黒い物質」が見つかった南相馬市内の地域にあることも指摘している。

 The schools that re-opened in Minami Soma City are located in Haramachi District of Minami Soma City where the "black dust" on the road surfaces was found with 1 million becquerels/kg of radioactive cesium.

Posted by 大沼安史 at 07:01 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/54099344

この記事へのトラックバック一覧です: 〔EX-SFK〕 南相馬市立石神第二小の校庭に設置された放射能モニタリング装置は富士電機製 :