« 〔フクシマ・NEWS〕 冷温停止状態で500トンの高濃度汚染水がたまる | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 作業用穴に汚染水 1100トン 福島第一 2・3号機近く »

2012-01-20

〔フクシマ・河北新報〕 社説 原発安全評価「妥当」/これでは「見切り発車」だ (20日付け)

 → http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/01/20120120s01.htm

 これで原発の再稼働に対する国民や立地自治体の理解が得られるだろうか。福島第1原発事故の詳しい原因が解明されず、十分な安全対策も打ち出せない中、「結論」だけ示されても不信感が募るばかりだ。

 定期検査で停止中の大飯原発3、4号機(福井県)について、関西電力が提出した「安全評価」の1次評価結果に対し、経済産業省原子力安全・保安院は「妥当」とする審査書案をまとめ、専門家による意見聴取会に提示した。

 安全評価は、想定を超える地震や津波に耐えられるかをコンピューターで解析するが、どこまで余裕があればよいという判断基準はない。それだけに、審査は可能な限り慎重に行われなければならない。

 大飯原発に関しては、津波の想定の妥当性一つとってみても、大きな疑問が残っている。まだまだ検証が必要だ。判断の背景には、原発の規制当局である保安院が、安全性を軽視し、再稼働への条件整備を急いだことがあるとしか思えない。

 「結論ありき」「見切り発車」など批判の声が次々と上がったのは当然だ。あまりに拙速なのは、誰の目にも明らかと言えよう。

 再稼働までには、安全評価の審査のほかに、最大のハードルである地元の同意をはじめ、幾つもの手順を踏まねばならない。一つずつ丁寧に対処しなければ、失った国民の信頼を回復することなど到底できまい。

 安全評価では地震や津波、全電源喪失のほか、海水を使う冷却機能の停止が起きた場合、燃料損傷などの過酷事故が起きるまで、どの程度安全上の余裕があるか―を解析する。

 大飯3、4号機について関電は昨年、地震は想定した最大の揺れの強さの1.8倍の1260ガル(ガルは加速度の単位)、津波は4倍の高さの11.4メートル(想定2.85メートル)まで耐えられるとの評価結果を提出していた。

 しかし、津波の想定だけを見ても、信頼性には大きな疑問がある。関電など福井県内に原発を立地する3事業者は、若狭湾周辺の4カ所でボーリング調査を行った結果、歴史的に大規模な津波はなかったと断定。昨年12月に保安院や県に報告した。

 これに対し、意見聴取会のメンバーが今月10日、「調査が不十分」と指摘。3事業者は天正地震(1586年)の年代の地層から採取した堆積物を調べ直すなどの再検証を検討していた。

 若狭湾の津波については、ポルトガル人宣教師のルイス・フロイスの『日本史』など多くの歴史資料に、天正地震に伴う大津波で村々が流され、多数の死者が出たと記されている。

 こうした状況下で、なぜ妥当と判断したのか。少なくとも、福島第1原発事故についての政府などの最終報告書が出るのを待つべきだったのではないか。

 全国の原発では大飯3、4号機のほかに7社、12基分の1次評価結果が提出されている。妥当と評価されても、すぐに再稼働につながるわけではないが、今後は拙速な判断だけは避けてもらわなくてはならない。

Posted by 大沼安史 at 05:10 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・河北新報〕 社説 原発安全評価「妥当」/これでは「見切り発車」だ (20日付け):