« 〔みえない雲警報〕 スイス気象台によると、本日(30日、月曜日)は、太平洋沖合に流れる。 | トップページ | 〔東京新聞〕 福島第一原発の現状(29日) セシウム放出量が増加 (図解イラストつき) »

2012-01-30

〔毎日新聞〕 <送電線> 電子地形図から消える 電力10社 情報拒否 

 30日付け → http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120130/Mainichi_20120130k0000m040084000c.html

◎ かんたんに爆破できる未防備さを自らさらけ出したようなもの。

 耐震性と防護対策を強化すればいいだけじゃないか!

 そういえば昨年、関電の役員が北朝鮮のテポドンに攻撃されても原発は大丈夫、などととほざいていた……

               ★

 地形図の電子情報化に伴い、国土地理院が電力会社10社に送電線や鉄塔の位置について情報提供を求めたところ、全社がテロなど安全上の問題を理由に提供を拒否し、送電線などの表記が最新の電子地形図から消えたことが分かった。送電線の記載は、登山などで現在地を確認する際に利用されており、日本地理学会などは掲載の継続を求めている。【中西拓司記者】

 送電線や鉄塔の記載が消えたのは、国土地理院の電子国土基本図。従来の紙の地形図(縮尺2万5000分の1)に代わるものとして、昨年2月からインターネット上で公開している。

 従来の地形図は現地での測量に基づいて作製していたが、電子国土基本図は航空写真に、自治体や法人などから寄せられた道路や建造物の位置情報を反映させて作っている。

 送電線や鉄塔などは航空写真では確認しにくいため、国土地理院は昨年末までに電力各社に位置情報の提供を求めた。ところが、いずれも「保安対策上の問題」を理由に提供を拒否されたという。関西電力の担当者は毎日新聞の取材に対し、「位置情報がテロなどに悪用される恐れもあり、詳細な情報は提供していない」と話す。

 これに対し、上越教育大の志村喬准教授(地理教育学)は「送電線や鉄塔の記載は、登山などの際に現在地を確認するのに役立つ。地理や地図学習の大きな障害になる恐れもある」と指摘。日本国際地図学会評議員の田代博・筑波大付高教諭は「ネット上ではより詳細な航空写真が公開されており、時代錯誤も甚だしい。あまりにも秘密主義すぎるのではないか」と話す。

 日本地理学会は、鉄塔などの情報を引き続き電子地図に掲載するよう求める意見書を国土地理院へ提出している。国土地理院基本図情報部の担当者は「利用者からの要望はできるだけ反映させたいが、電力会社から協力が得られない以上、掲載は難しい」と話している。

Posted by 大沼安史 at 12:26 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔毎日新聞〕 <送電線> 電子地形図から消える 電力10社 情報拒否 :