« 〔梶村太一郎さん・ベルリン通信〕 隠蔽されたフクシマ事故「最悪のシナリオ」の全容を政府は潔く公表せよ!、ヴァンゼー会議70周年記念日に | トップページ | 〔1月23日 INDEX 見出し一覧〕 »

2012-01-23

〔武田邦彦さん・ブログ〕 国民を「幼稚園レベルのトリック」で騙そうとする政府

 → http://takedanet.com/2012/01/post_0142.html
 

〔武田邦彦さん・ブログ〕 国民を「幼稚園レベルのトリック」で騙そうとする政府
 →  ……福島原発の爆発後の写真を見ると、海から襲ってきた15メートルの津波は、たしかに5.7メートルの防潮堤は乗り越え、原発の前の海岸線にある小さな建築物を破壊しました。

 しかし、40メートルもある原子炉建屋の前の建物で完全に止まっています。(写真の奥の壊れている建物が原子炉建屋、中程の無傷の建物は防潮堤として働いた建物で、高さ40メートル!!)

 つまり、福島原発が爆発したのは、正面から来た津波ではなく、防潮堤の無いところから回ってきた「海水の浸水」だからです。福島原発の南側の海岸は無防備で、まったく防潮堤はありません。津波は陸に進入すると、真っ直ぐ奥に進むのではなく、横にも行きますから、原子炉は浸水して爆発したのです。

 防潮堤を迂回して入ってきた海水によって爆発したのに、防潮堤を高くして何の意味があるのでしょうか? 大飯原発3号機、4号機でも、浜岡原発の再開でも「防潮堤を高くしたから大丈夫」と説明されていますが、もし国民がこのような簡単なトリックにダマされるなら、私たちは本当に子供を守ることができないでしょう。

……これを普通の家に泥棒が入ったとして「たとえ」てみます。ある家に泥棒が入ったのですが、玄関に鍵がかかっていたので、勝手口に回ったら空いていたので、そこから進入しました。

 ところが、勝手口が開いていたと言うのはまずいので、「玄関の鍵が一つだったので、鍵を開けて入られた」と警察にウソの報告し、「鍵を2つに増やす」からこれからは泥棒には安全だ、皆さんにご迷惑したと言い訳をしました。そして相変わらず勝手口は開けっ放しでした。……

Posted by 大沼安史 at 06:11 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔武田邦彦さん・ブログ〕 国民を「幼稚園レベルのトリック」で騙そうとする政府: