« 〔HCR・救援報告〕 ビデオ 飯舘村 孤立世帯 | トップページ | 〔電網恢恢〕 なんという外道な日本政府/「検証  福島原発事故・記者会見―東電・政府は何を隠したのか」初日重版/高橋哲哉さんの著書、『犠牲のシステム 福島・沖縄』(集英社新書)』が出版/『福島原発行動隊―今、この国に必要なこと―』」(批評社刊)がいよいよ来週発売 »

2012-01-21

〔福島民友〕 福島市内 「渡利地区以外」から初検出 隣接する小倉寺地区か 県のコメ追加検査

 → http://www.minyu-net.com/news/news/0121/news3.html

 

 県は20日、コメの追加検査結果を発表、福島市(旧福島市)と伊達市(旧掛田町)の農家各1戸が生産したコメ計3点から、国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された。

 県によると、旧福島市は渡利地区以外の地区から、基準を超えるコメが見つかった。同地区以外からの検出は初めて。県は旧市町村単位での発表のため地区名は非公表としたが、渡利地区南側に隣接する小倉寺地区とみられる。

 基準値超えの累計は3市(9旧市町村)35戸。

 旧福島市のセシウム検出値は690ベクレルだった。旧掛田町は1戸2検体で検出。930ベクレル、950ベクレルの濃度だった。いずれも全量が自宅やJAなどに保管されており、一般には流通していない。(2012年1月21日 福島民友ニュース)

Posted by 大沼安史 at 05:51 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔福島民友〕 福島市内 「渡利地区以外」から初検出 隣接する小倉寺地区か 県のコメ追加検査: