« 〔福島民友〕 原子力行政の「安全神話」究明へ 国会事故調 | トップページ | 〔福島民友〕 県内3カ所で高線量 汚染砕石問題/福島市の住宅玄関スロープ 毎時1マイクロシーベルト »

2012-01-31

〔福島民友〕 国会事故調 双葉町長「事故の矮小(わいしょう)化、隠蔽(いんぺい)を許さず、正確に調査してほしい」

 「原発事故対応不備で不満 双葉町民が政府、東電批判」→ http://www.minyu-net.com/news/news/0131/news8.html

 30日に埼玉県加須市で開かれた国会の東京電力福島第1原発事故調査委員会(国会事故調)では、同市に避難している双葉町民から政府、東電に対する事故対応の不備を指摘する声が上がった。

 国会事故調は今後も同様の被災住民への聞き取り調査を他市町村を対象に行い、東京電力福島第1原発事故の全容を調査、報告する方針をあらためて住民に示した。

 聞き取りでは、参考人として出席した井戸川克隆町長が避難当時の状況を「県の災害対策本部からの連絡だったと思うが、11日夜に川俣町への避難を指示されたと記憶している。バスもなく住民は車に相乗りして避難した。政府や東電からの連絡は記憶していない。ヨウ素剤は川俣町の避難所で住民に投与した」と語った。

 事故調に期待することとしては「事故の矮小(わいしょう)化、隠蔽(いんぺい)を許さず、正確に調査してほしい」と訴え、東電の現在の姿勢については「どんな言い訳も通用しないことをしたのに社会的な自覚がない。賠償についても他人事のような振る舞いは許されない」と厳しく批判した。(2012年1月31日 福島民友ニュース)

Posted by 大沼安史 at 06:16 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔福島民友〕 国会事故調 双葉町長「事故の矮小(わいしょう)化、隠蔽(いんぺい)を許さず、正確に調査してほしい」: