« 〔福島放送〕 政府事故調が福島で説明会 /市町村側「原発事故は今も進行中だ。どこまで調査するのか」 | トップページ | 〔ハマオカ・毎日新聞〕 中部電力:4報告書、152カ所データ誤記載 浜岡原発安全性評価など  »

2012-01-21

〔ハマオカ・毎日新聞〕 浜岡原発:牧之原市長、防波壁視察 「永久停止、考え変えず」/大飯ストレステスト了承 「強引なやり方だ。反省がないのではないか」 

 20日 静岡版 → http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20120120ddlk22010234000c.html

 中部電力浜岡原発(御前崎市)の永久停止を求めている牧之原市の西原茂樹市長と市幹部ら職員約20人が19日、防波壁(海抜高18メートル)などの津波対策を確認するため同原発を訪れた。

 初めて防波壁の工事現場を見た西原市長は視察後、記者団に「(中電の)津波対策は評価するが、永久停止の考えを変えるつもりはない。万が一にも重大事故が起これば取り返しがつかない」と語った。

 同市は同原発から10キロ圏内の防災対策重点地域(EPZ)にあり、中電と安全協定を締結している。中電は昨年9月22日、防波壁の本体準備工事を開始し、同市議会はその4日後の同26日、全面停止中の同原発の「永久停止」決議を可決した。西原市長も同調した。

 中電は視察団に、延長1・6キロの防波壁工事で、地中に埋設する基礎部分218カ所のうち29カ所が完成したことなどを説明した。昼夜兼行作業で1日3カ所が仕上がるペースで進んでおり、5月の連休明けには、基礎に乗る壁部分の一部が姿を見せるという。

 視察団はこのほか、非常用発電機などを設置する構内の高台(海抜約40メートル)の造成現場なども見て回った。

 視察後の中電側との質疑で西原市長は「(東京電力)福島第1原発事故後、国民の原発に対する不信感や拒否感が強くなった」と指摘。経済産業省原子力安全・保安院が18日、関西電力大飯原発3、4号機の安全評価(ストレステスト)を妥当とした際の議事運営を取り上げ「強引なやり方だ。反省がないのではないか」と、国などの姿勢を批判した。

 中電の水谷良亮・浜岡原子力総合事務所長は「国民の不信感には必然性があると思うが、(浜岡原発を)世界に誇れる安全・安心なものにするため努力する」と答えた。【舟津進記者】

Posted by 大沼安史 at 04:26 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔ハマオカ・毎日新聞〕 浜岡原発:牧之原市長、防波壁視察 「永久停止、考え変えず」/大飯ストレステスト了承 「強引なやり方だ。反省がないのではないか」 :