« 〔福島民友〕 放射線量計算方法を変更 県民の「内部被ばく検査」 | トップページ | 〔福島民報〕 甲状腺「悪性みられない」/2次検査の対象は26人 山下俊一副学長 「悪性の変化みられず」/2次検査不要 1117人が5ミリ以下の「しこりなど」  »

2012-01-26

〔福島民友〕 「重い十字架背負わされた」 26市町村、東電に賠償要望

 → http://www.minyu-net.com/news/news/0126/news9.html

 東京電力福島第1原発事故による自主避難や精神的損害への賠償指針で、対象外となった県南、会津、南会津地域の26市町村と議会で組織する「県白河地方・会津地方原子力損害賠償対策本部」(本部長・鈴木和夫白河市長)は25日、東京電力の西沢俊夫社長に対し、文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会が中間指針の追補で対象とした23市町村の住民と同様に賠償するよう要望した。

 26市町村の首長、議長と、松本友作副知事が東電本店を訪問。鈴木市長が西沢社長に要求書を手渡し「福島県は同様に被害を受けている。指針にかかわらず、県丸ごと賠償してほしい」と訴えた。

 松本副知事も「200万県民全てが原発事故の被害を受け、重い十字架を背負わされた。この苦しみを精神的損害と言わず、何というのか」と指摘した。

 西沢社長は「要求書の内容をきちんと拝見させていただく。引き続き、誠意を持って賠償に対応していきたい」と語った。
(2012年1月26日 福島民友ニュース)

Posted by 大沼安史 at 07:53 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔福島民友〕 「重い十字架背負わされた」 26市町村、東電に賠償要望: