« 〔フクシマ・NEWS〕 中電 浜岡原発の全電源喪失事故を想定 原子炉内の燃料露出まで「3日」 使用済み核燃料プール 燃料露出まで「25日」 | トップページ | 〔フクシマ・河北新報〕 社説 原発安全評価「妥当」/これでは「見切り発車」だ (20日付け) »

2012-01-20

〔フクシマ・NEWS〕 冷温停止状態で500トンの高濃度汚染水がたまる

 NHK「500トンの高濃度汚染水がたまる」1月20日 7時26分 →  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120120/t10015405291000.html

 東京電力福島第一原子力発電所で2号機の近くにある「ピット」と呼ばれる地下の立て坑で、これまでの地下の施設の調査で最も高い濃度の汚染水、およそ500トンがたまっているのが見つかりました。東京電力は、見つかった汚染水が海へ流れ出た可能性は低いとしています。

 福島第一原発では、先月18日、高濃度の汚染水を保管する施設にある地下のトンネルで、たまっている汚染水が見つかり、東京電力は、国の指示を受けて敷地内の地下の施設に汚染水がたまっていないか今月から調査を行っています。

 その結果、19日、2号機の近くで、海水をくみ上げるポンプの弁が置かれている「ピット」と呼ばれる地下の立て坑で、汚染水およそ500トンがたまっているのが見つかりました。

 汚染水を分析した結果、1立方センチメートル当たり放射性セシウムが1万6200ベクレル含まれ、今月からの調査で放射性物質の濃度が最も高いということです。

 また、3号機の同じ地下の立て坑からも、放射性セシウムが1立方センチメートル当たり860ベクレル含まれる汚染水およそ600トンが見つかったということです。

 東京電力は、2号機と3号機の近くの海水で放射性物質の濃度に変化がないことなどから、海へ流れ出た可能性は低いとしていて、今後、水がたまった原因などを調べることにしています。

Posted by 大沼安史 at 05:07 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 冷温停止状態で500トンの高濃度汚染水がたまる: