« 〔福島民友〕 県が発表 全員健康に影響なし 県の内部被ばく検査 | トップページ | 〔福島民友〕 田畑全てを除染へ 福島市が方針 »

2012-01-25

〔福島民友〕 「年10ミリシーベルト超」 33人 伊達市が勧奨地点調査 / うち2人は20ミリシーベルト超え

 → http://www.minyu-net.com/news/news/0125/news7.html

 一部が高線量の特定避難勧奨地点に指定されている伊達市は24日、市内の15歳以下の子どもと妊産婦、同勧奨地点の住民を対象に配布した、小型線量計(ガラスバッジ)で計測した被ばく放射線量の結果をまとめた。

 回収した9443人中、3%に当たる33人が年間推定10ミリシーベルトを超え、うち2人は20ミリシーベルトを超えることが分かった。

 調査は2回目で、昨年9~11月の3カ月分。年間推定10ミリシーベルト超の33人は、同勧奨地点がある霊山町と月舘町相葭(あいよし)の住民。市は、1回目の調査で高い数値が出た対象者が、バッジを正しく使っていなかった例があるため、使い方や生活実態の調査をしていくという。(2012年1月25日 福島民友ニュース)

Posted by 大沼安史 at 06:05 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔福島民友〕 「年10ミリシーベルト超」 33人 伊達市が勧奨地点調査 / うち2人は20ミリシーベルト超え: