« 〔忘れまじ・記録〕 田原総一朗:「脱原発」を唱えるだけの風潮は危ない | トップページ | 〔東電NEWS〕 “ドロ船” 若手社員が大量退職!会社も“メルトダウン”か »

2012-01-25

〔東京新聞〕 高線量市有地 柏市主体で除染へ

 → http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20120125/CK2012012502000032.html?ref=rank

 柏市は、局所的に高い放射線量が検出された同市根戸の市有地について、国による除染をあきらめ、市主体で作業を行う方針を決めた。汚染土は、現状では別の仮置き場がないため、現地保管することになる。

 除染は二月中の実施を目指し、方法を検討している。検討中の除染方法は、汚染土を取り除き、同じ市有地内で人家などから離れた場所に穴を掘り、コンクリート製の箱に密閉した上で埋設する案。国の除染関係ガイドラインより厳重で、市担当者は「周辺住民の不安が解消するよう、積極的に対応したい。費用は国負担となるよう、国の技術的支援を受ける」と話している。

 市はこれまで、線量が高いため「自治体の手に負えない」と国に除染を要望してきた。国は市による除染を譲らなかったため、これ以上先延ばしになるのを避けた。

 市有地からは昨年十月、最大毎時五七・五マイクロシーベルトの放射線を検出。環境省の調査では、福島第一原発事故による放射性セシウムが雨で地表に降り、側溝の破損部分から浸透し、蓄積された可能性が高いと結論付けた。汚染土は約〇・八立方メートルで、濃度は最大で一キログラム当たり四五万ベクレルだった。 (横山大輔記者)

Posted by 大沼安史 at 05:09 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔東京新聞〕 高線量市有地 柏市主体で除染へ: