« 〔フクシマ・発言〕 小沢一郎氏 「本来ならば、特に福島県の人たちなんか、全県民が上京して、霞が関を取り巻くぐらいのムシロ旗デモを起こしてもよさそうなのに……」 | トップページ | 〔フクシマ・NEWS〕 六ヶ所 再処理工場が試運転を再開へ »

2011-12-27

〔フクシマ・NEWS〕 吉田所長 最悪惨事を懸命に回避 東電本社のバカどもにひと泡 「海水注入中断」を「宣言」

 ◇ 読売新聞 「吉田所長TV会議で一芝居…本社欺き注水止めず」 → http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111226-OYT1T01426.htm

 ◎ 吉田さん、ありがとう! あなたは私たちを救ってくれた!

   インパール作戦での、あの「抗命」事件のようなもの。

   吉田さんに感謝申し上げる!

   

  福島第一原発1号機への海水注入を巡り、吉田昌郎所長が本店側の要請に反して注水を継続するため、一芝居打った場面も、中間報告で再現された。

 1号機への海水注入が始まったのは、3月12日午後7時過ぎ。海江田経産相の命令だったが、その情報が届いていない官邸では、菅首相らが海水の悪影響について協議していた。

 官邸に詰めていた東電の武黒一郎フェロー(65)から電話を受けた吉田所長は、既に海水注入を始めたことを伝えたが、武黒フェローは官邸での協議が終わっていないことを理由に海水注入をいったん止めるよう強く要請した。

 吉田所長は、本店などと相談したが、注水中断は危険と考え、自らの責任で注入を継続した。その際、発電所対策本部の注水担当者を呼び、本店などとつながっているテレビ会議のマイクに拾われないよう、小声で「これから海水注入中断を指示するが、絶対に注水をやめるな」と指示。そのうえで、部屋全体に響き渡る声で海水注入中断を宣言した。このため、本店だけでなく、現場作業員の大半も注水は中断されたと思い込んでいた。

Posted by 大沼安史 at 09:55 午前 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136311/53580835

この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクシマ・NEWS〕 吉田所長 最悪惨事を懸命に回避 東電本社のバカどもにひと泡 「海水注入中断」を「宣言」: