« 〔フクシマ・ツイッター・よびかけ〕 「ラバ」さん この写真を忘れずに、心にとどめよう! (そして……奥にいる、かわいい女の子と、この写真に映っていないフクシマの子どもたちのことを!) | トップページ | 〔浜岡・記録写真〕 ひまわり少女の願い(しんぶん赤旗)& 共同通信の「人間の鎖」航空写真 »

2011-11-28

〔木下黄太さん・ブログ〕 文部科学省が主張するストロンチウム検査問題について、矢ヶ崎克馬氏の見解 「検出できないから 3.11東電福島のストロンチウムではないという証明には全くなっていない」

 → http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/1aaba457e409db3245da43011ed0427c

 内部被曝の専門家で、物理学者である、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬先生から、見解が届きました。勿論、矢ヶ崎先生は今回の問題については、直接の当事者ではありません。一連の事態を憂慮されて見解です。そのまま、見解を掲載します。

        ◇

 

 測定結果があまり違いすぎて別のサンプルを測定している としか考えられないような状態です。
しかし基本的考察として文科省が真実を語っているかどう かは、オーダーエスティメーション(概略計算)が有効です。

 (中略)

 3・11起因のストロンチウムであっても文科省の測定ではストロンチウム89は測定できない値になっているのであって、検出できないから3.11東電福島のストロンチウムではないという証明には全くなっていない。

        ◇

 (木下さん)矢ヶ崎先生の見解を読ませていただくと、僕なんかは単純に、「文科省はウソ八百を言っているのかな?それとも、きちんと物事を考える癖もないのかな?」という感覚になります。

Posted by 大沼安史 at 11:27 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔木下黄太さん・ブログ〕 文部科学省が主張するストロンチウム検査問題について、矢ヶ崎克馬氏の見解 「検出できないから 3.11東電福島のストロンチウムではないという証明には全くなっていない」: