« 〔フクシマ・NEWS〕 AP通信 フクイチ・ルポ(英文) | トップページ | [フクシマ・NEWS] 「ベントのため、原子炉建屋に入り、トーラス(足場)に足をかけたところ、瞬時に靴の裏がずるっと溶けた」作業員の証言 明らかに »

2011-11-13

[フクシマ・NEWS] 吉田所長 「何度も死を覚悟」「間もなく死ぬんだな、と思った」 ブルームバーグが全世界報道

 → http://www.vancouversun.com/news/Fukushima+manager+expected+death+during+Japan+nuclear+crisis/5702919/story.html

 フクイチのマネジャー、吉田昌郎所長は事後後、繰り返し死を覚悟した。
 「最初の1週間の間、私は数回にわたって、間もなく死ぬんだな、と考えた」

 
 Masao Yoshida, manager of the Fukushima Dai-Ichi nuclear plant, said he repeatedly expected to die in the days after an earthquake and tsunami triggered the worst nuclear crisis in 25 years.

 “Several times during the first week of the crisis, I thought I would soon die,” Yoshida was quoted as saying by the Japan Times newspaper.

 こんな吉田所長の発言(ジャパン・タイムズが報道)をブルームバーグが引用し、その記事が世界の各紙で報じられている。(上記リンクはバンクーバー・サン紙)。

 死を覚悟する……それも何度も。

 この吉田氏の証言だけで、フクイチの事故がどんなに苛酷ですさまじいものだったか知れる。

 死を覚悟――日本は「いまただちに」壊滅の危機に立っていた。それも「何度も!」

Posted by 大沼安史 at 04:42 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [フクシマ・NEWS] 吉田所長 「何度も死を覚悟」「間もなく死ぬんだな、と思った」 ブルームバーグが全世界報道: